アフタースクール Blog&News

新渡戸文化アフタースクールの日頃の様子やイベントの情報等を発信していきます。

  • TOP
  • アフタースクール Blog&News

Nゲージを使ってみんなの町を作ろう!

本日の鉄道プログラムの様子です。

 

【 前半 】

今回はNゲージを使って線路を敷き、その周りに建物やお店を書き入れて町を作りました。

まずはNゲージで思いのままにコースを作っていきましょう。

 

 

コースが出来上がったらその周りにペンで建物を描いていきます。

「駅前にはマクドナルドがあったな~」「よくいくラーメン屋さんがあるからそれを描こう!」など、様々な意見が出てきましたね。

 

 

町が出来上がったら実際に電車を動かしてみましょう。

自分で作った駅で停車したり、いろいろなアナウンスを入れたりみんな大盛り上がりでした!

 

 

楽しくも真剣に作業することが出来たので、素晴らしい作品が出来上がりましたね。

 

【 後半 】

後半のメンバーには街づくりのモデルや線路の敷き方も、全て子供達で話し合って決めて作業に移りました。

 

 

 

まずは琵琶湖や富士山や東京スカイツリーなど、大きいシンボルをどんどん配置していきました。

続いてその回りに観光名所や建造物などを立てて、リアルな町並みを作っていきます。

 

 

出来上がった後は動かす時間を長めにとって、あたかも自分が車掌さんになった気持ちで電車を動かしましたね。

「遅延しちゃったからスピードを上げなきゃ!」「駅のアナウンスも忘れないようにね!」など楽しみ方もみんなそれぞれでした。

 

 

吉祥寺駅に入ってくる中央線のワンシーンです。とてもリアルな場面ですね。

取り組み方や作業の仕方がまた一味違ってくる後半グループ、みんな終始とても楽しそうにしていました。

プログラム  │ 2018/3/14

Nゲージを完成させよう!

本日の鉄道プログラムの様子です。

 

【 前半 】

前半の1年生は前回に引き続き、Nゲージのジオラマ作成を進めていきましょう。

 

 

今回はジオラマに背景を付けて立体感を出しましょう。

絵の具で雲を描いたり雪を描いたり、季節に合った描写をしていきます。

 

 

背景が出来上がったら実際に電車を走らせてみましょう。

リアルなジオラマにみんな興味津々です。

 

 

次週はもっと多くのパーツを使い大きいレールで電車を走らせる予定です、楽しみにしていてくださいね。

 

【 後半 】

後半グループの2、3年生たちもジオラマの背景を作っていきます。

 

 

出来上がったばかりの作品も使い、レールを繋げて電車をどんどん走らせてみました。

 

 

姿勢を低くして、電車が目の前を走るところを見ましょう。

スピードを出すとすごい迫力で音を立て、目の前を通り過ぎていきます。

 

 

駅を作ってぴったりと停車したり、途中でスイッチバックしてみたり、いろいろな方法で楽しんでいました。

来週はもっとたくさん電車が動かせるので、みんないまから楽しみですね!

プログラム  │ 2018/3/7

ジオラマを繋げて電車を走らせよう!

本日の鉄道プログラムの様子です。

 

【 前半 】

はじめに、前回作成した各自のジオラマに装飾をしました。

 

 

雪の日の風景を想像しながら、地面や木に雪・砂を装飾しました。

皆、話し合いながら真剣に作業を進めています。

 

 

最後は、各々が作成したジオラマを繋げて電車走らせました。

 

 

来週も完成したジオラマを繋げて電車を走らせます!

楽しみですね!

 

【 後半 】

最初に、前回作ったジオラマに土や砂の粉を上手く使い山を作りました。

 

 

先生から、粉の量を沢山かけた方が山がリアルになるというアドバイスを貰い、真剣に取り組んでいます。

 

 

そして、雪だるまや人をジオラマに加えていき、各々オリジナルのジオラマ製作に力を入れていました。

 

 

最後に、みんなが作ったジオラマを繋げて電車を動かしてみます。

来週もこの調子で頑張りましょう!!

 

プログラム  │ 2018/2/28

Nゲージでジオラマを作ろう!

本日の鉄道プログラムの様子です。
【 前半 】

今回から新しい講師の先生をお呼びして「Nゲージのジオラマ製作」が始まりました。

 

 

あらかじめ用意されたレールの敷かれた土台に小石や緑色のパーツをボンドで付けていきます。

 

 

池や森や山を形作り、ジオラマらしさを表現していきます。

どんどん緑が生い茂っていく様にみんな楽しく作業を進めていますね。

 

 

来週は白い粉を使って雪が降っている様を作っていきます。

素敵なジオラマが出来るように頑張りましょう!

 

【 後半 】

2年生以上の後半グループは前半よりも難しいモデルを作成していきます。

 

 

池や森に加えて「滝」を作る予定で、一つ一つの作業がより細かく慎重にやっていきましょう。

 

 

みんな真剣な眼差しで作業に取り掛かっていました。

来週も続きを作るのが今から楽しみですね。

プログラム  │ 2018/2/21

電車の模型を動かそう! / 自動運転でミッションをこなそう!

本日の鉄道プログラムの様子です。

 

【 前半 】

前回の復習が終わったら、今回は子ども園のみんなも交えて前回行った工作の続きをやっていきます。

子ども園の子とペアを作って、作り方を教えていきながら作業していきましょう。

 

 

車輪やクリップを付け終わったら、紙コップパーツとペットボトルに色を塗って完成させます。

難しい作業を友達と協力して進める場面が印象的でした。

 

 

出来上がった模型は発射台を使って動かしてみましょう。

机の端まで見事飛ばすことができたでしょうか?

 

 

今回作った電車模型はお土産で持ち帰りました。

家でも発射台を作って、ぜひ動かしてみてください。

 

【 後半 】

先週に引き続きプログラミングを使って電車に信号を送り、自動運転をやってみましょう。

 

 

今回はただ動かすだけではなくミッションをこなしていきます。

設置した駅にぴったり止めて音を出し、そこからバックで動くようにプログラムを組み立てます。

 

 

動かす時間やタイミングなど、何度も繰り返し挑戦していきましょう。

上手くいかなかった場合は何がいけなかったのか、たくさん考えて、相談して答えを探していきます。

 

 

見事に成功したときは「やったー!」と元気な声が聞こえてきました。

未来の自動運転に向かって一歩前進することができたでしょうか。

 

普段できない貴重な経験ができましたね。

来週のプログラムも楽しみにしていてください。

トップ表示  │ 2018/2/14

模型を作ろう! / 自動運転にチャレンジ!

本日の鉄道プログラムの様子です。

 

【 前半 】

 

今回から新しい講師の方にプログラムを進めてもらいます。

まずは電車の仕組み、モーターやバネなどいろいろなものが使われていることを勉強しました。

 

 

続けて蒸気機関車の仕組みについて学びます。

構造のイメージ水圧を使って動く電車のモデルを使用しました。

見事に水の力だけで電車が動きましたね!

 

 

最後にペットボトルを使って電車の模型を作りました。

次週は子ども園のみんなにも作り方を教えるので、今日教えてもらったことは忘れないようにしましょうね。

 

 

どんな模型が出来上がるでしょうか…?

来週もプログラム頑張りましょう!

 

【 後半 

 

後半のみんなは未来の電車の形「自動運転」に照準をあてて学習しました。

 

 

あらかじめ用意した電車のロボットにパソコンでプログラムを入力します。

動く時間、止まるタイミング、いろいろ試してみて自動運転を目指しましょう。

 

 

上手く行ったこと、失敗してしまったこと、何度も試してみて最後には見事上手くいきました!

未来の電車のビジョンが少し見えたでしょうか…?

 

 

来週はまた別のミッションに挑戦してみます。

楽しみにしていてください!

プログラム  │ 2018/2/7

電気の仕組みを理解しよう!

本日の鉄道プログラムの様子です。

 

【 前半 】

先週に引き続き、電車の命ともいえる電気の学習をしていきます。

 

 

基礎的な電池の知識などを教わったところで、今日は実際に自分たちで電池を作ってみます!

 

 

備長炭と塩水で濡らしたキッチンペーパー、アルミホイルを使って電池を作成します。

先生の話をよく聞き、手順通りに作業していきましょう。

 

 

最後に、出来上がった自作電池でプラレールを動かしてみました。

残念ながら電池が重く動きませんでしたが、モーター自体は動いたので電気を作ることは成功しました!

 

来週はまた新しい講師の先生の学習を進めていきます。

楽しみにしていてください!

 

【 後半 】

後半グループも自作で電池を作っていきます。

作業もとても早く、てきぱきとスムーズに進めていました!

 

 

自作電池を3つつなげてLEDを光らせてみました。

見事に明るい光がついて、電気を作ることは成功です。

 

 

前半グループで成功しなかったプラレールを動かす実験、リベンジです!

今度は電池の数を3個から5個に増やして挑戦しました。

残念ながらこちらも動きませんでしたが、電池自体のパワー不足が改善できれば動く可能性があるとのことでした。

 

 

実験後は備長炭に巻いたアルミホイルを蛍光灯に向けて覗いてみます。

よく見てみると小さな穴がぽつぽつと空いています!これはアルミホイルが解けて電気に変わった跡だそうです。

実際に電気ができた形跡が確認できて、みんなとても驚いていました。

 

次週もいろいろな角度から鉄道について学んでいきましょう!

プログラム  │ 2018/1/31

静電気について学ぼう!

本日の鉄道プログラムの様子です。

 

【 前半 】

 

前回に引き続き、鉄道の命ともいえる電気についての学習です。

今回は「静電気」について学んでいきましょう!

 

 

まずは静電気の性質について学びました。

 

静電気を帯びた風船がくっつくものとくっつかないものをクイズ形式で探しました。

ドアでも壁でもガラスでも何でもくっつきましたね。

 

 

続いて静電気で水を寄せる実験です。

 

本当に水が寄ってくるのかな…?

子どもの不安げな表情とは裏腹に、水道の水がグググっと風船の方になびきました!

 

 

最後に逐電した静電気でビリビリ実験です。

 

みんなで手を繋いで溜めた電気に一人がさわると…

パチっ!一瞬だけ微弱な電気を全員が感じました。

 

いろいろな実験で静電気の性質を学べましたね。

子ども達も大盛り上がりで終始満足げでした!

 

 

【 後半 】

 

後半のメンバーも静電気について学びます。

 

今度は風船がくっつかないもの、それは同じ極の静電気を帯びたものです。

反発しあう力を使って実験をやりました。

 

 

反発の力を応用して、スズランテープを割いて作った「電気クラゲ」にも静電気を帯びさせます。

同じく静電気を帯びた風船を近づけて、ふわふわ不思議な動きをするクラゲが出来上がりです。

 

 

電気の性質を理解してより電車への関心が深まりましたね。

 

来週は乾電池を自分たちで作ってみます。

どんな方法なのでしょうか…楽しみにしていてください!

トップ表示  │ 2018/1/24

鉄道の命『電気』を学ぼう!

本日の鉄道プログラムの様子です。

 

【 前半 】

 

今日は電車を動かす命にもなる『電気』について学びました。

 

 

電機はどのように生まれるか、いろいろな方法を教えてもらいましたね。

 

 

実際に手回しモーターを使って電気を作ってみました。

電球にコードを繋いでみんなでモーターを回します!

見事LED電球が生まれた電気によって光りました。

 

 

最後に電池のパワーを増幅させる怪しげなマシンを使って目に見える電気を発生させました。

始めて見る実験装置や新しい体験にみんな大はしゃぎでした、来週も楽しみにしていてください!

 

【 後半 】

 

3,4年生が学校行事でいないため、少人数でのプログラムでした。

 

 

電極を繋いで単純なモーターを動かす実験です。

シンプルな装置でモーターの原理を理解しましょう。

 

 

かなり込み入った内容まで学習しましたね。

 

来週は「静電気」について学びます。楽しみにしていてください!

プログラム  │ 2018/1/17

謎の科学者『Dr.リン』!?

本日の鉄道プログラムの様子です。

 

 

本日から新しい先生?電車にとても詳しいマッドサイエンティストのDr.リンに来ていただきました!

早速電車についてのお話と、電車クイズから始めていきましょう!

 

 

Dr.リンの楽しい話にみんなは大盛り上がり!

普段電車に乗っている時の不思議も聞いたので、今度電車に乗るのが楽しみですね。

 

 

最後にWN駆動モデルの動く電車を工作しました。

作った電車はお家に持ち帰りましたので、色を塗ったりして完成させてくださいね。

 

 

後半グループも鉄道の詳しいお話を聞きました。

みんな興味津々でお話を聞き入っていましたね!

 

 

こちらは『回生ブレーキ』のモデルです。

新しい技術やパーツの細かい部分まで知ることができました。

 

 

工作もスムーズに行い、みんなまっすぐ走る電車を作ることができましたね。

来週はまた新しいことをやりますので、楽しみにしていてください!

プログラム  │ 2018/1/10