新渡戸稲造とは About Inazo Nitobe

新渡戸稲造について

 「武士道」を世界に広めた国際人。

新渡戸稲造 写真

かつての五千円札の肖像としても有名な新渡戸稲造。
日本の精神文化を流暢な英語で紹介した「武士道」の著者としても知られています。
1920年には国際連盟の事務局次長を務めるなど、国際人として世界平和に尽力。
一方で女性の教育にも力を注ぎ、新渡戸文化学園の前身である「女子経済専門学校」の初代校長にもなりました。
このように、近代日本の幅広い分野で大きな足跡を残した新渡戸稲造。
その思いをしっかりと受け継いでいるのが、新渡戸文化学園なのです。

多彩な顔を持つ近代日本の巨人 新渡戸稲造

農学者であり、教育者であり、国際人。それが新渡戸稲造博士。
マルチな才能を発揮し、日本の近代化に大きく貢献しました。

  • 農学者として 日本初の農学博士 札幌農学校教授 台湾にて糖産業の発展に尽力
  • 教育者として 新渡戸文化学園初代校長 第一高等学校長 東京女子大学初代学長 東京・京都大学教授
  • 国際人として ベストセラー「武士道」執筆 国際連盟事務局次長

人格主義と愛の教育

新渡戸稲造博士が女子経済専門学校(通称は経専、現:新渡戸文化学園)校長に就任した際、次のように語っています。
「尊い人の魂を自由に伸ばさせるには、愛の教育を基調とせねばならぬ。経専は親心をもって教える教師による愛の学校でなければならぬ。
生徒をかわいがることによって、叱る以上の効果を上げねばならぬ」

この言葉を受け継ぎ、新渡戸文化学園は、生徒一人ひとりの人格を尊重した愛の教育を実践しています。

新渡戸稲造が残した教職員心得(抜粋) 一、人の子を預る以上は親心を以てこれに対すること 一、学課を授くるに智育のみに偏せざるよう思慮と判断力の養成に努むること 一、宗教は全然自由たるべきも生徒に対し宣伝がましきこと無きよう心得ること

新渡戸稲造関連リンク

新渡戸稲造とは

同窓会

ページの先頭へ戻る