• TOP
  • 子ども園とは 食 育

子ども園とは About Kodomoen

食 育

食を通じて、健やかな心と体を。

調理室 調理風景がいつでも見られるユニークな設計

来園者がまず驚くのが、

保育室と廊下を隔てたところにある調理室です。

このような設計にしたのは、

調理の様子を園児たちが見ることで、

食への関心を高めようというねらいから。

また給食準備は園児が当番制で行っており、

そこから集団生活のルールや責任を学んでいます。

自然体験 収穫の喜びや、生産者への感謝の心を育む

園庭に子どもたちの大好きな畑があり、野菜や花を育てています。園児が収穫した野菜は栄養士の先生に調理してもらい、みんなでいただきます。秋には郊外のさつまいも農園で収穫体験をし、自然の恵みに感謝する心を育てます。

調理実習 調理の楽しさに気づく

年長組を対象に年6~7回行われる調理実習では、

本学園の専門の先生が園児の指導にあたります。

実際に食材に触れながら料理をすることで、

調理の楽しさを学んでいます。

"食"を大切にする新渡戸文化学園

農学博士でもあった初代校長の新渡戸稲造先生の理念により、学園では"食"を大切にしています。

子ども園から高校まで、昼食はすべて手作りの給食で、学園出身の栄養士が大活躍しています。

また子ども園でも、短期大学の学生による食育プログラムが毎年夏休みに行われ、大好評です。