先生の日記

始業式

子どもたちの元気な笑顔を見ることができ、とても嬉しく思います。

登園してすぐ、先生やお友だちに冬休み日記を見せながら、冬休みにお出かけしたことやお正月に食べたおせち料理など、嬉しそうにお話をしてくれました。

楽しい冬休みを過ごせたようですね。

 

 

今日の始業式には、ぱんだ組のお友だちも参加しました。子どもたちは、始業式に参加する姿勢や身だしなみを自分で考えて、きちんとお話を聞くことができましたね。

園長先生からは、各学年ごとに3学期の「おやくそく」のお話をいただきました。

ぱんだ組は、「登園したとき、お会いした先生に元気な声でご挨拶をしましょう」

年少組は、「だいすきな遊びを1つ見つけましょう」

年中組は、「だいすきなお友だちを1人見つけましょう」

年長組は、「自分の得意なことを1つ見つけましょう」

そして、先生には、「他の先生に負けない自分の得意なことを1つ見つけましょう」

 

 

お部屋に戻ってから、子どもたちと一緒にどんな「おやくそく」だったか、お話をすると、みんなきちんと覚えていて、大きな声で応えてくれました。3学期は、進級に向けて更に大きく成長する時期ですね。3学期の終わりには、それぞれいただいた「おやくそく」を胸を張って言えるように、みんなで楽しく過ごしていきましょうね。

(こぐま組 石澤)