ニュース

ニュース

文科省より、当学園小中学校が実践研究協力校決定

「文科省より、当学園小中学校が実践研究協力校決定」
文部科学省より本校・山藤旅聞教諭が新学習指導要領における「主体的・対話的・深い学び」の実践研究者として
推薦され、新渡戸文化学園は実践研究協力校として認定されました。
今後、年間を通じて山藤旅聞教諭の授業(主に小学校・中学校)に、文部科学省の職員や、全国の先生方の視察が入ります。
新渡戸文化学園は、文部科学省が次世代の教育実践について研究協議を行う拠点の1つになりました。


 

アーカイブ

ページの先頭へ戻る