ニュース

ニュース

【子ども園】未来の先生展とプロジェクト保育

子ども園では、学園一貫教育としての「自立型教育」を実現するため、プロジェクト保育を進めております。

近年、「非認知能力」の大切さが言われており様々な研究者より発表がされている「非認知能力」を育てる手段として、子どもたちが自ら考え工夫し、一つのプロジェクトを作り上げていく保育をプロジェクト保育と言います。昨年は「卒園遠足プロジェクト」で自分たちで決めた卒園遠足に、子どもたちは生き生きとしておりました。

<未来の先生展>

日本最大の教育イベント「未来の先生展」(明治大学にて)に小中とご一緒に子ども園も参加しました。プロジェクト保育について発表を行い、小学校への接続がプロジェクト保育から自立型学習へとしっかりとつながった内容でした。そしてなにより!子ども園を卒園し内部進学をした小学生たちが、学園を代表したくさんのお客様の前でプレゼンをする姿に嬉し涙でした。「私たちに未来をください!」と大人へ向けて素直な心で真っ直ぐな言葉を聞いた時には恥ずかしながら涙が止まりませんでした。子どもってすごいですよね。大きな学びです。「共育」です。

<プロジェクト保育の園内研修会>

立正短大の須藤先生に新しいプロジェクト保育のアイデアをいただきました。

かえつ有明高校の石黒さんも園見学に引き続き研修のも参加し「新しいスタイルの保育園をつくりたい!」と志を発表してくださり

若い発想に先生方も刺激を受けておりました。新渡戸のプロジェクト保育、進化してまいります!

 

 

 

アーカイブ

ページの先頭へ戻る