logo-tnr

中学CC FASION LABO #2

中学CC FASION LABO #2

written by vivistop



#1 では、ファッションってなんだろう?をみんなで考えながら、デザインワークをしました。

今回は、どんどん手を動かしてアイデアを広げていきます!



▶︎Process 1 「アイデアを解放しよう!」


まずは、前回のイメージをもとに、自分たちが作りたいファッションのアイデアスケッチ!
各々、作りたいもののイメージはできていたので、キーワードに沿って、具体的に考えていきます。

『デザインのテーマ / タイトル』
どんなテーマ、コンセプトにする?

『ターゲット / ペルソナ』
どんな人に着てもらいたい?

『モチーフやジャンル』
参考にした画像や写真から、選び取ったモチーフ、ジャンルはなんだろう?

『デザインに込めたメッセージ』
このデザインに込める自分なりのメッセージはなんだろう?


これらを踏まえ、さて、どんなデザインにしよう!

集めてきたファッションの画像を見ながら、色やカタチを決めていきます。

「これと、このデザインを組み合わせたい!」
「道着と洋服を組み合わせてみたい」
「カワイイを突き詰めた洋服にしたい!」
「メンズの服を、レディースに変えて作ってみようかな」

などなど、既存のデザインを元に、自分なりのアイデアを生み出していく生徒たち。


使いたい素材や、色、デザインを細かく描いていきます。

並べてみると、どれも素敵なデザインばかり!

お互いのデザインも発表して、共有することで、より違いの面白さが見つかりました。



▶︎Process 2 「ミニチュア模型づくり」

洋服やアクセサリーは、そのほとんどが自分たちの「身体の形」に合わせて作られています。

みんながデザインスケッチしたものを、実際に「立体的」に作ってみるって、どんな感じなんだろう?

じゃあ、「着る」「身につける」ことを意識しながら、立体のミニチュアトルソーを使って、模型を作ってみよう!

と、紙工作的に模型の制作が始まりました!

さて、どうやって作ろう。

「作り方」はひとつではありません。
デザインによって、その作り方は変わってくるし、答えもありません。

調べたり、近くの友達と相談しながら、どんどん手を動かし、考え、作っていきます。

トルソーに当てながら作ってみたり。

折り紙のようにカタチを作って着せてみたり。

ウィッグが欲しい!と、頭の部分をコルクで作り、糸で髪型を作ってみたり!

悩んだり、具体的な方法が思いつかない時は、近くにいる大人に聞いて、一緒につくる!

「透明の靴が作りたくて……!」
さて、どうやって作ろうか、相談しているところに、

「靴のプロジェクトをやったことがあるから、参考になるかも!」
と、プロジェクトを紹介しながら具体的にどう作ろう?と、一緒に考え合う大人が現れたり。

「銀色の布を使いたい!」
こだわりの素材をVIVISTOPで探してみても、見つからない……。
そんな時も、

「もし使いたい資材があったらぜひ!」
と、ちょうど居らしていた株式会社クロップオザキの会社員の方にお声がけいただいたり!

活動やアイデアを通して、どんどん素敵なご縁が生まれていきます。

足りない腕のパーツや袖も、紙を立体的にしたり、針金を使ったりして、カタチにしていきます!

「楽しすぎて一生やりたい……」
と、放課後まで残って作業していた生徒も。

みんながつくったトルソーを並べてみると、壮観!!

立体的なカタチを自分の手で作って確かめることで、
「もっとこうしよう!」「やっぱり別のデザインにしてみよう!」と、
新しいアイデアが生まれてきました。

次回からはいよいよ、等身大サイズの制作に入っていきます!



▶︎Process 3 「コンセプト共有」

今回の制作を経て、徐々に、自分で作るファッションのイメージが出来上がってきました!

最後は、みんながどんなコンセプトで進めているか、共有タイム!

「カワイイ、を突き詰めた洋服をつくりたい!」
「宇宙ゴミをテーマに、リサイクル材を使った洋服をつくります!」
「アニメのキャラクターをモチーフにしたデザインにしました」
「家にある道着を組み合わせてつくります」
「アイドルの衣装を元にした、日常的に着れるものを作りたい」

などなど。
『誰かの日常に寄り添う一着』という一つのテーマで、ジャンルもモチーフも様々なデザインが生まれました。

誰かのアイデアや、誰かの作ったものが刺激になって、今後、新しいアイデアが生まれるかもしれません。



▶︎next…

今回は、
「洋服ってどう作られているんだろう?」
「自分はどうつくっていこう?」
と、手を動かしながら考え、思いついたアイデアをカタチにしていきました。

次の制作は、いよいよ等身大の洋服づくりです!


icon-vector-up
text-up