先生の日記

『まごわやさしい』作品展

今日は新渡戸文化学園の新渡戸祭2日目でした。学園全体がたくさんのお客様で盛り上がる中、子ども園は、作品展として参加しました。 今年度の作品展は運動会同様、『ま(まめ)・ご(ごま)・わ(わかめ)・や(やさい)・さ(さかな)・し(しいたけ)・い(いも)』がテーマで、ぱんだ組・年少組・年中組・年長組・長時間保育・先生方、みんなが作品を作り、展示しました。 今日まで先生達で協力をし、子ども達が一生懸命作った作品を、来て下さる全ての方に楽しんでいただけるように、子ども園全体をテーマパークのイメージで飾りつけしてきましたが、当日は、ドキドキ・・・ 「皆様に喜んでもらえるだろうか?」「子ども達や来て下さるお客様は、作品展を見てどんなお顔になるだろう?」と考えながら、今日を迎えました。 そして、今日-。来て下さった皆さんが、笑顔・笑顔・笑顔で楽しんでくれました。「すごーい!」「(海の作品を見て)本当に海の中にいるみたい!!」と嬉しい感想をたくさんいただきました。また、子ども達が、誇らしげに自分たちの作品を保護者の皆様に紹介する姿を見て、子ども達・先生達で協力をして、工夫して、今日まで頑張ってきて、本当に良かったと感じました。 子ども達と一緒に作り上げた作品展は、あっという間に終わってしまいましたが、作品を作った時の思いや、今日のことが子ども達の胸に少しでも残ったらと思います。 最後になりましたが、本日ご来園くださった全ての方へ、子ども園にお越しくださり、子ども達の作品を見てくださってありがとうございました! ☆写真は、上からぱんだ組、年少組、年中組、年長組、長時間保育 の作品です。 (ことり組 鴨志田)



旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら