先生の日記

いつもありがとう

今日の年長組は、明日の『勤労感謝の日』について、話を聞きました。 先生から、「今日子ども園に来るまでの間に、どんなお仕事をしている人に会いましたか?」と質問されると、初めはなかなか手が挙がらなかった子ども達。しかし、「守衛さん」という答えを皮切りに「駅員さん!」「運転手さん!」「工事してる人がいた!」「お花屋さんがお店を開ける準備をしていた!」「青梅街道のところに警察官の人がいたよ!」「コンビニの横を通ったら、レジのところに人がいた」「落ち葉を掃いている人がいた」・・・と、驚くほどたくさんの答えが返ってきました。 駅員さんは、駅で困ったことがあると助けてくれます。運転手さんが運転してくれないと電車やバスは動きません。守衛さんが危険から守ってくださいます。・・・私たちが、子ども園まで来ることが出来るのはたくさんの方々がお仕事をして下さっているからだと皆で気付くことが出来ました。 話の最後には、私達の一番身近でお仕事をして下さっているお父様やお母様についてみんなで話しました。子ども達から自然と、「明日、ありがとうって言おう」「お手紙書こう」「お手伝いしてあげよう」と挙がったのが嬉しかったです。 (ゆり組 鴨志田)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら