先生の日記

お部屋の中でも元気いっぱい!

最近、曇りやにわか雨の日が続いていますが、ぱんだ組の子どもたちは元気いっぱい遊んでいます。 今日は、お外へ遊びに行く準備をしていたら雨が降ってきたため、お部屋の中で過ごしました。     お部屋では秋の自然物のドングリとイチョウの葉を折り紙で作ろうとチャレンジしたり、以前紙粘土で作った食べ物や動物に色を付けたりしました。 先生が「折り紙にアイロンをかけようね」というと、ぎゅっぎゅと折り紙を押さえてしっかりと折っていました。 紙粘土では、自分で作ったものをイメージしながら塗る色を選んで、鮮やかに塗っていました。     その後、クリスマス発表会の練習でダンスをすると、先生たちの見本を見ながら、楽しそうに踊っています。 特に「ブーブー」と言いながら踊る部分では、「ブーブー」とブタになりきって踊る子もいれば、先生の見本を見て「おもしろいね」と笑う子もいます。 みんなそれぞれに発表会を楽しみにしているようで、張り切って練習をしています。     天気の悪い日が続いていますが、室内で製作をしたり体を動かしたりと、メリハリのある活動をしています。 寒い日が続いていますが、お家では暖かくして、明日も元気に子ども園に来てくださいね。   (ぱんだ組 大山)  

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら