先生の日記

すっぱ~い!!!

寒さも深まり、いよいよ冬本番ですね。 発表会も終わりましたが、子どもたちはまだまだ 発表会の余韻がまだ抜けていなく、 劇の振りや歌を唄っていて、お部屋の中は とても賑やかです。 暗くなる日も多くなり、夕方は室内でコーナー遊びを 中心に行っています。 机上遊びでは折り紙をしている子が多く、 年少組さんが「出来ないよ~」と言っていると 年中組さんが「僕出来るよ!」と言い、挑戦!! 中々出来なく、「やっぱり出来なかった~」と言い 年長組さんが「僕がやってあげる!」と言い、 年中組さんにやり方を教え、一緒に作り 作ったものを年少組さんに渡していました。 とても嬉しそうな表情をする年少さん。 それを見ていたお兄さんたちも嬉しそうにしていました。 今日は給食やおやつに盛りだくさんの いただき物が・・・! 給食にはカメラマンの佐久間さんからいただいたお米が!!! みんなに話をすると「いつ佐久間さんに会えるかな~」 「ありがとうっていつ言えるかな~」と言っていました。 子ども達はお会いできる日を楽しみにしていましたよ。 朝、園長先生と私で職員室でお話をしている時に なんと、サンタさんが『夏みかん』をたくさん持ってやって来ました。 持って来てくださったのは、学園の庭を管理しているさかいさんです。 おやつの時に食べると子ども達は第一声に「すっぱ~い」と言い、 顔もとても良い表情をしていておもしろかったです。 中には一緒に出たガーリックトーストにも夏みかんをかけている子もいて 「どうしてかけているの?」 「そのままだとすっぱいからかけているの」 とおしゃれな食べ方をしている子もいました。 子どもたちが心を込めて書いた、さかいさんへのお礼のお手紙は、 今度、みんなで渡しに行きましょうね。 「すっぱい」という味や言葉を知る良い機会になり、 今後も何事にも経験させていきたいと思います。 (つきグループ金子)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら