先生の日記

そら豆の皮むき♪

年長組は2回目のお料理実習でそら豆の皮むきをしました。 ぱんだ組から全学年の給食に塩茹でがでるということで子ども達はとても張り切っていました。 給食室の新澤先生がお家でそら豆を育てており、実際に収穫する前のまだ枝についているそら豆を見たり、赤ちゃんそら豆のときにはお空を向いているからそら豆という話を聞き、子ども達はまた一つ野菜について知ることができました。 皮の剥き方を教えてもらい、早速皮むき♪ 豆が見えると「かわいい」「ふかふかベットだね。気持ちよさそう」と言っていました。 大きなボールにあふれそうになるくらいむくことができました。 そして、待ちに待った給食の時間・・・。 ワゴンにあるのを確認すると「いい匂い~」「早く食べたいな」といい、準備をしました。 食べてみると「おいし~」といっておかわりもたくさんしてくれました。食べた後に「実は苦手だったけど、食べるとおいしかった」と言って食べられるようになった子もいました。 降園時、他の先生たちに「みんながむいたそら豆、とってもおいしかったよ」と言われて子ども達はうれしそうでした。 今日はたくさんのそら豆の皮むき、頑張りましたね。 今度のお料理実習はなにをするか楽しみにしていてくださいね。(ゆり組担任 髙橋)          

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら