先生の日記

できるようになったね

  新しい学年、新しい環境での 生活が始まり2週間が経とうとしています。 毎朝、子ども園に到着すると 元気な子どもたちの声が聞こえてきます。   年少組では、毎朝登園すると まず初めにブレザーと帽子をかけに行きます。 その後、シール帳にシールを貼ります。 「今日はどんなシールかな?」と声かけをすると その答えよりも先に 「今日は、どこにシール貼るの?」と にぎやかな声が飛び交っています。 取るシールと、ゴミもしっかり分別できるようになりました。 シール貼りのあとは、コップとタオルを出します。 コップをトレイの上に出して、コップ袋とタオルを 自分のシールの場所にかけることができるようになりました。 最近ではおやつの後のお支度の時も シールを見て間違えずに取ることができています。     毎日少しずつお支度の仕方や、片付けの仕方を 覚えていき、既に1人で出来るようになったお友だちが 何人もいます。 昨日できなかったことが次の日できるようになった喜びを感じながら 子どもたちと共に大きく成長していきたいと思います。   明日も一緒にお支度を頑張って たくさん遊びましょうね。     (こぐま組担任 野沢)  

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら