先生の日記

どんなお顔になるかな?

最近年少組のお部屋では、独楽廻しやカルタ、けん玉など伝統遊びを楽しむ姿が多く見られています。 その中でも特に盛り上がっているのが、福笑いです。一人の子が目隠しをし、別のお友達が「これは口だよ」「次は、目だからね!」と言いながら、パーツを渡していきます。周りのお友達は、「もっと右だよ」などとヒントを言いたいのを我慢して最後まで静かに見ているのがルールです。目隠しを外し、出来上がった顔を見ると、顔を完成させたお友達も周りのお友達も大笑い!!みんな遊び本来の面白さをよく理解し、遊んでいる中でもルールを守ることができるようになってきました。 お外で遊ぶことがとにかく大好きな年少組ですが、お部屋の中で先生と一緒にゆったりと遊ぶ時間も大切にしていきたいです。 (ことり組 鴨志田)      

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら