先生の日記

ふわふわねんど!かたまるねんど!?

本日は、昨日のあたたかさとは打って変わり、寒さの厳しい一日となりました。 ことり組の子どもたちは、サンタクロースが来てくれるクリスマスを毎日楽しみにしながら寒い中でも冬を楽しんでいる様子が見られます。 クラスの中も制作で作ったリースやサンタクロース、クリスマスツリーなどが飾られています♪♪ クリスマスを迎え、いよいよ今年も終わりが近づいており、ことり組としては最後の行事である作品展も控えています。   今日は作品展に向けての制作をクラスで行いました。 粘土で作りたい魚や虫を自分たちで決めて、制作を行います。 今日は、初めての紙粘土を使った制作です! 子どもたちは初めて使う紙粘土の感触に大喜びで、 「ふわふわ~!!」「やわらかくて気持ちい~!!」などと口にしている子どもたちがたくさんいました。 紙粘土は、いつも使っている粘土とは違い、時間が経つと固くなる粘土のため、子どもたちも固まる前に作り上げようと粘土の感触を楽しみながらも自分なりの魚や虫をあっという間に作り上げ、たくさんの素敵な作品が出来上がりました!! 粘土が固まったあとはどのような感触かな?月曜日、固まった粘土をみんなで触って確かめてみましょうね。   制作も大好きなことり組さんの作品展がどんな素敵なものになるのか、今からとても楽しみになります。 次は何を作ろうかな。作品展に向けて、今後の制作も楽しみですね。   (ことり組:青木)    

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら