先生の日記

ふわふわ気持ちいね。

長い雨が続いていましたが、やっと良いお天気となりました。 子どもたちは朝一番に「先生。今日は、晴れたからお外出れるね」と満面の笑みで話をしてくれました。 12月になり子どもたちの話の中から「サンタさん」の話を聞くようになりました。 子どもたちからは、「サンタさんにお手紙を書いたこと」や「サンタさんの電話番号を知っているよ」など楽しみに待っているようすです。そんなクリスマスを前に、今日は、クリスマスリース製作。 紙皿に色を塗り、ボンドで綿を付けました。色を塗りつぶすのは、以前に比べ早くなりあっという間に塗り終えてしまいました。 子どもたちに綿を渡すと「わぁー。フワフワ」「わたあめみたい」と嬉しそうに触っていました。今までには味わったことのない感触、肌触りに喜んで小さく丸めていました。 綿が手や体操着といろんなところに付きながらも一生懸命紙皿につけていました。 今までは、直ぐに「できない」と言っていた子も自分なりに頑張って行う姿、周りのお友だちのを真似てみたりと 子どもたちも一人一人、自分なりに考えて行い成長した姿も見られ嬉しく思いました。 ことり組では、食後の粘土遊びが盛んで、丸めることが上達してきており今回の綿を丸めるのも日々の遊びの中で身に付いていることを改めて感じました。 これからは、色を付けて更に素敵なリースを完成するのを楽しみにしていてくださいね。 その後は、みんなが楽しみにしていた外遊び!! 芝生でたくさん走ったり、砂場でお山や穴を掘ったりと思い思いの遊びを楽しんでいました。 今の時期には、きれいな落ち葉がたくさん園庭に落ちており、手にいっぱいに落ち葉を持って見せてきてくれました。 一枚一枚、大事に持ち、お家に持って帰り見せることを伝えてています。 久しぶりにお外で思いっきり遊べ子どもたちも元気パワーが更に充電されました。明日もたくさん遊びましょうね。 (ことり組 小山)        

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら