先生の日記

もう一人でだいじょうぶ!

今日は朝から雨が降り、かわいらしい雨がっぱ姿で登園してきた子どもたち。 お天気がすぐれない今日は、お外ではなくホールで思いっきり体を動かして遊びました。 朝の自由遊びの片づけを終えた子どもたちに「今日はホールで楽しいことをするよ」とお話をすると 年少組さんは「なんだろうね~?」と不思議そうに顔を見合わせて可愛らしく首をかしげていました。 しかし年中・年長組さんは、以前のことをしっかりと覚えていたようで「あれだよ絶対!」「間違いない!」と出発する前から大張り切り!「いえーい!!」とニコニコ笑顔でハイタッチをしていました。 わくわく期待を膨らませホールに到着するとそこには… はしごに綱渡り、平均台にグロッケン…そして今日はボールプールまで!楽しいものがたくさんです。 はじめは、一番かっこよく体育座りをしていた年長組さんに見本をみせてもらうことにしました。お手本の年長組さんの女の子は真剣そのもの!待っている子どもたちも「がんばれー!」「落ちないようにね!」「そこ危ないよ!気を付けて!」と大きな声の頼もしい応援がホールに響き渡りました。さあ、コースとお約束を確認したらいよいよお楽しみの時間! ボールプールでごろんと寝そべってみたり、落ちないようにはしごや平均台を渡ったり…みんなでいっぱい遊びました。 しばらくすると、傍に駆け寄ってきて「先生ちょっとこわい…」と伝える年少組さん。気持ちを受け止め先生と一緒にやってみようと提案すると「手離さないでね」と小さな手でぎゅっと握りしめるとおそるおそる歩き始めました。しばらくすると楽しさがわかったようで、「もう一人で大丈夫!先生みててね!」と走りだしたかと思うととってもかっこよく平均台を渡る姿を見せてくれました。 ちょっぴり怖くてドキドキする。そんな経験を積み重ねて大きく強く、そして頼もしく成長していくのだなと改めて感じた一日でした。 さあ、おいしいお給食を食べてぐっすり眠ったあとはどんな楽しいことが待ってるかな?楽しみですね。(三井)    

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら