先生の日記

ゆったりとした午後の時間

今日は、あいにくのお天気でしたが、子ども園は10月3日の運動会に向けて、朝から予行練習を行いました。 雨のため体育館での実施でしたが、ひとりひとりが一生懸命に頑張る姿に胸が熱くなりました。 子どもたちは、どきどきわくわくしながら当日を待ち望んでいる様子です。 保護者の皆様も、どうぞお楽しみになさってください!   さて、午前中に精一杯頑張ったので、長時間保育では心身共にゆったりと過ごせるよう心掛けました。 その中から、2つの様子をお伝えいたします。 最近、カプラを高く積みあげることが流行中の女の子たち。 「何段になったかな?」と数えながら遊んでいます。 その隣には・・・・・ こんなに高く積みあげる年長組さん! どんな風にすればもっと高くできるか、お姉さんに教えてもらう姿が微笑ましかったです。   2つ目は、「もうすぐ十五夜だね」というお話から始まりました。 「どんなお月様が見えるかな?」「今日はお月様見えなくて残念だね」「お月見のおだんご楽しみだなぁ」と会話をした後、「先生、見て!」とこんな素敵なものを見せてくれました。 お月見の絵を描いてくれました! お月見だんごやすすきも飾って、なんと、お月様にはちゃんとうさぎさんがいるんです! お月見は昔ながらの風習ですね。 忙しくてつい忘れてしまいそうになりますが、季節の変化や行事にも目を向けられるように子ども達と過ごしていきたいと改めて感じた出来事でした。 9月27日(日)が今年の十五夜だそうです。 是非、ご家族で空を見上げてみてくださいね。 (長時間保育担任 中嶋)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら