先生の日記

クリスマスに向けて

最近は天気が悪く、室内で過ごすことが多くなっていますが、晴れたときは元気に外で遊んでいます。 あっという間に12月となり、クリスマスも近づいてきています。 長時間保育でクリスマス制作を行っています。 同じ折り方をした折り紙を重ねて作るポインセチアは年少組でも簡単に作ることができ、ウェイティングルームでも人気の折り紙です。玄関の靴箱にポインセチアが置いてあり、それを子どもたちが見て、「ポインセチアはお花なのに葉っぱみたいだね」と不思議そうに見ていました。ポインセチアの赤い部分は花ではなく、葉っぱが変化したものなんです。花は真ん中にある黄色い部分のみということで子どもたちと一緒に私も初めて知りました。子どもの不思議を調べてみるのも楽しいなと感じました。 それをまた大きな紙にみんなが作ったものを貼るとと1つの鉢植えに見え、子どもたちも本物みたいと話していました。 個人で作ったものを大きな紙に貼り、1つのものが出来上がるということでグループで協力して作っている姿が見られます。 同じ学年同士や下の学年に教えあう姿が多くみられるようになったと感じています。 色合いや並べ方など様々なポインセチアを見ること個性豊かで見ていてとても楽しいです。    また、ほかにもクリスマス制作でステンドグラス風なものを作り、それを使って、クリスマスツリーを作ろうと考えています。 お楽しみにしていてください。    これからもっと寒くなるので、室内遊びをより充実させていきたいと思います。(長時間保育担任 髙橋)  

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら