先生の日記

バイキング給食♪

寒さが厳しい朝となりましたが、子ども園にはいつも以上に元気な声が響いていました。 なぜなら・・・・今日はみんなが待ちに待ったバイキング給食の日だから!! 「何が出てくるかな?」「ぼくいっぱいおかわりするんだ!」と朝から張り切っていました。   今日は三学年混合になり、いよいよレストランの開店です! 沢山並んだおかずやデザートにみんな目をキラキラさせて、「おいしそう!」「あれもこれも全部食べたい!」と どの子も迷っていました。 年少組には、年長組のお兄さんお姉さんが「どれにする?」と優しく声を掛け、お皿に盛りつけてあげていました。   そして、今日は学園から鈴鹿局長先生がいらしてくださいました。 みんなでいただきますをすると、あちらこちらから「おいしーい!」「私あとでこれおかわりしよう」と喜びの声が 聞こえてきました。 いつもとは違った他学年の友だちとも、美味しい給食とともに会話が弾んでいました。 次々におかわりをして、なんと「からあげ15個食べたよ!」と言っている子もいました。 全てのお皿が空っぽになったお部屋もありました。   食育の1番大切なこと、「楽しく食べる」という姿が今日はいつも以上に見られました。 「おいしいね」と言葉や笑顔を交わし合いながら食べると、より一層美味しくなり子どもたちにとって とても素敵な時間になりました。 私自身、子どもたちが嬉しそうにしている姿を見ながら、食べることは、人と人をつなぐとても大切なこと だと改めて感じました。   この日のために沢山準備をしてくださった、給食室の先生方ありがとうございました。 (長時間保育担任 中嶋)            

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら