先生の日記

リトミック

毎日寒い日が続いていますが、子ども園の子ども達はいつも元気いっぱい!今日は自由遊びの時間に芝生で体を動かして遊びました。緑の芝生の上をお友達と思い切り走りまわったり、体操で挑戦している縄跳びを練習したり、サッカーをしたりとそれぞれの遊びを気持ちよく楽しんでいました。縄跳びをしている子たちは「先生何回跳べるか数えて!」「この間は50回跳べたんだよ!」「先生は縄跳びできるの?」と夢中になって縄跳びに挑戦する姿が見られました。 年長組の子ども達は、自由遊び後にリトミックを行いました。卒園が近づき大好きなリトミックが出来るのも残りわずかとなってきました。繰り返し行ってきたリトミックでリズムに合わせたり、音を理解することが出来るようになりました。先生の話を理解し、リズムや音が分かるようになり、より楽しくなってきているのがこちらにも伝わってきます。先生が「今日のリトミックはこれで終わりです。」と言うと「えー!!もっとリトミックやりたかった!」と言う声があがっていました。クラスに戻るときには「先生、ありがとうございました。来週もよろしくお願いします!」と一人ずつが自分から挨拶をし、次のリトミックを今から楽しみにしている子ども達でした。                                                                    (ばら組 中原)                       

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら