先生の日記

初めてがいっぱい

今日の午前中は小雨のパラつく生憎の天気でしたが、こぐま組の子どもたちは元気一杯。 登園後の身支度が済むと、自由遊びの時間です。 こぐま組の子どもたちの間では、折り紙で「お金」を作ってお買いものごっこをしたり、「絵本」を作って絵本ごっこを楽しんだりと、どんどん遊びが展開していきます。線路を繋いでの電車遊びや、レゴブロック、塗り絵なども人気です。 自由遊びと並行して、今日は「母の日制作」を行いました。 1人ずつ順番に粘土をころころ丸めて、よいしょ、よいしょ、平らに伸ばして、ハートの型で抜くと・・・何が出来たかは、母の日までのお楽しみ。周りの子どもたちも、興味津々で見守ります。お母さん、喜んでくれるかな? 今週から、給食も始まりました。 ランチョンマットにコップを置いて、スモックを着たら、テーブルについておいしい給食が配られるのを待ちます。 作ってくださった方々に感謝して「いただきます!」 食べ始めから10分と経たないうちに「おかわりください!」の声が上がります。苦手な物にも、少しずつ挑戦中。何でも食べる元気な子になれるといいね。 たくさんの「初めて」の中で、子どもたちは元気に過ごしています。 連休明け、たくさんの元気な笑顔に会えるのを楽しみにしていますよ。 (こぐま組 武藤)          

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら