先生の日記

収穫感謝

お家から『まごわやさしい』にちなんだ食材を持ち寄って、たくさんの実りをくださった神様に、感謝を捧げました。園庭の畑で育つ野菜たちを、普段から見ている子ども達は、お話を真剣に聞いて、神様からいただいた恵みの大切さを感じることができていたようです。お祈りのあとは、「にんじん だいこん かぶら」のリズム遊びをしました。違う学年のお友達とペアになり、少し照れながらも、楽しんで、歌いながら踊ることができました。 持ち寄った食材を使って、鮑子先生たちが明日のお給食を作ってくださることを聞くと、子ども達は大喜び。どんなおいしいものができるのか楽しみですね。年長組の子ども達がたくさんの野菜や果物を給食室に運び、お給食の先生方に「おねがいします!」と届けてくれました。食材をご用意していただき、ありがとうございました。(年長組長時間保育担任 尾髙)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら