先生の日記

始業式

長い夏休み期間が終わり、今日から子ども園の2学期が始まりました。 久しぶりに登園する子の中には、日に焼けて夏休みを楽しく過ごしていたように感じられる姿や、背も伸び成長を感じられました。 みんな、笑顔で元気に登園してきてくれて、とてもうれしいです。   朝の会では、『沈黙』という呼びかけと共にすぐに切り替えが出来、1学期以上にお兄さんお姉さんになった姿も見られ、うれしさと共に大きな成長に感動しました。 それぞれのクラスの中では、お友だちや先生と、夏休みの出来事を話していて、久しぶりに会えたことを喜び合う姿が多く見られました。   今日は、年少組から年長組が揃って、始業式を行いました。   夏休み明けでしたが、落ち着いて参加し、園長先生のお話を聞くことができました。 園長先生からは、2学期のお約束「困っているお友だちに、『大丈夫?』と優しく声をかける」「スプーンやフォークを正しく持ち、ひじをついて食べない」ことについてお話してくださいました。 周りのお友だちの変化にも気づき、優しく『大丈夫?』と声をかけて、お友だち同士で助け合うことの大切さを改めて考えることが出来ました。 そしてお給食中の食べ方やマナーは、大人になってからも大切なことです。 今の時期から、正しい食べ方を習慣付けておき、素敵なお兄さんお姉さんに成長していくことを、楽しみにしています。 2学期には、楽しい行事がたくさん待っていますね。 その中で、『仲間』を思いやり、「大丈夫?」と声を掛け合いながらお互いに助け合って、楽しい行事をみんなで一緒に力を合わせて作り上げていきましょう。 (ばら組 福田)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら