先生の日記

感謝のパンバイキング

今日はパンバイキングが行われ、豊川理事長、鈴鹿事務局長を

お招きいたしました。

 

 

 

りす組とこぐま組の子ども達は最初は緊張していたようですが

最後はたくさんの話をしながら、楽しいバイキングとなったようです。

「理事長先生!ここですよ。おひげがある!」と子ども達。

中には理事長先生に「先生!かっこいい!」という女の子もいました。

鈴鹿局長に「僕4歳!」と、年比べをしていました。

「今日は、まごわやさしい日ですか?」と女の子が聞くと

先生は、まごわやさしい給食ではなく、パンバイキングなので「今日は違いますよ」と。

そこで私が「でも、いつも孫は優しいのよ。おじいちゃんとおばあちゃんには

いつも優しくしましょうね。」と、言うと

「ここには、おじいちゃんもおばあちゃんもいないよ!」と、女の子。

「いるよ!子ども園のおばあちゃん!」と、男の子が

真っ直ぐに私の顔を指さしてくれました。

おばあちゃんのように優しい!と思ってくれているのね。ありがとう。

子ども達の様子を見にいらした鮑子先生も、どのパンが人気なのか?と

他のお給食の先生方も子ども達の細かな嗜好を聞いていました。

豊川理事長、鈴鹿局長、鮑子先生、給食の先生方の皆さんの優しさに包まれた様子に

子ども園の先生方だけでなく、

学園の様々な方々に子ども達は守られているのだと

思った一日でした。

そして、そのことに子ども達と一緒に心から深く感謝いたしました。

(鈴木)

 

 

 

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら