先生の日記

感謝の気持ちで大掃除

昨日の雨があがり、今日は気持ちのいい冬晴れの一日になりました。 子ども園ではみんなでたくさん遊んだ遊具をお掃除しました。 「ありがとうの気持ちを込めてお掃除しましょうね。」 という言葉に、 「うん!ピカピカにするよ!」 と頼もしい言葉。 午前中はお部屋のたなやおもちゃをぞうきんで拭きました。 「ぼくはこっちを拭くね。」 「一緒にここお掃除しよう!」 みんなで分担して一所懸命お掃除してくれました。 拭いたおもちゃはテラスに干し、お日様に当てます。 「ぜーんぶきれいになったね!」 お部屋がきれいになりとっても気持ちがいいですね。 頑張ってお掃除した後はお外で元気いっぱい遊びました。 「いっぱい遊んだらお腹が空いたね。」 子どもたちの大好きなお給食の時間です。 たくさん食べておかわりもして大満足な様子でした。 そして、年少、年中さんがお昼寝をしている間に、年長さんが園庭の遊具をお掃除してくれました。 砂場の遊具をたらいにためたお水でゴシゴシと洗います。 たくさんあった砂場のおもちゃが年長さんのおかげで全てぴかぴかになりました。 さすが年長さんですね。 早いもので今年も残すところあと少しとなりました。 こどもたちは毎日楽しいこと、嬉しいこと、悔しいこと、おもしろいことなどいろいろな思いを感じる中で、一歩ずつ成長してきました。 たくさん成長してきた子どもたちを保護者の皆様と一緒にすぐそばで見守ることができたことを嬉しく思います。 1月からも子どもたちとたくさんの経験をし、成長を支えていきたいと思います。 保護者の皆様には今年も大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。 よい年末年始をお過ごしください。 (安西)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら