先生の日記

新渡戸祭に向けて

もうすぐ新渡戸祭が近づいてきましたね。 先週、年中組では、新渡戸祭で展示する個人作品や学年作品を描きました。 今年度の新渡戸祭テーマが「食育」ということもあり、色々な野菜を使ってスタンプを行いました。 年少時にも野菜スタンプを行いましたが、年中組では、ただ押すのではなく、スタンプを使用して絵を描くということを行いました。    また、学年作品では、大きな紙に大きな野菜からだんだん小さな野菜でスタンプを行いました。りす組女児対うさぎ組女児などで対決をしながらのスタンピングをしました。小さな野菜になった際に一人一個野菜をもっていたので、匂いを嗅ぐなど野菜をより身近に感じながら制作ができたと思います。みんなで協力をした為、出来上がったときの子ども達の表情はとてもキラキラと輝いていました。しかし、これで終わりではありません。これからまたこの大きな紙は続きがあります。完成したものは新渡戸祭で展示しますので、楽しみにしていてください。    今日は、過ごしやすい秋晴れのなか、デイリープログラムの体操を行いました。 グループでかけっこ競争をしたり、なわとび、鉄棒を行いました。なわとびも鉄棒も少しずつ出来るようになっている子が多くなってきています。「できないからやらない」ではなく、「できないから頑張る」という子も多くいます。何事にも目標をもってできるようにしていきたいと思います。(りす組 髙橋)     

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら