先生の日記

玉ねぎの収穫をしました

今日子ども園では、園庭の畑の玉ねぎを収穫しました。 子ども園で1番小さいぱんだ組のお友だちから年長組のお友だちまで、全員が収穫を経験しました。 ぱんだ組のお友だちは入園して初めての収穫に、ドキドキワクワクしていました。 早く収穫したくて、先生のお話も静かに、とても真剣に聞いています。 お話を聞いた後、お名前を呼ばれた子から先生と一緒に玉ねぎを抜きました。   とても大きく育った玉ねぎ・・・抜けるかな?と不安気な子もいましたが、先生と一緒に「ヨイショ」と力を込めると、 スッと玉ねぎが抜けて皆大喜びでした。 「早くお給食に出ると良いな」「カレーに入ってるかな?」など、自分で収穫をした玉ねぎを食べるのを、とても楽しみにしている様です。 小さいながらも、畑で野菜を育て自分たちで収穫し、それを自分で食べる経験を通し、 子どもたちが「食」の大切さに触れて行けるよう願っています。   (ぱんだ組 井上)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら