先生の日記

発表会まであと2日!

いよいよ発表会まで、あと2日。 長時間のお部屋では、発表会で使う音楽が聞こえると他学年の曲も歌ったり踊ったりしている子がたくさんいます。 今日はお部屋にある「大きなかぶ」を見て「よーいしょ、こーらしょ」と息を合わせてかぶを抜く真似っこをしていました。 予行練習で見た発表が楽しかったのでしょう。3学年で一緒にごっこ遊びをしている様子が微笑ましいですね。 発表会に向けて各クラス練習をしていますが、音楽に触れたり、表現したりすることを心から楽しんでいる姿が見られ、 子どもたち以上に発表会本番が楽しみです。   もうすぐクリスマス。壁面飾りを作ったり、ジングルベルの歌を歌ったりと、クリスマスに向けても気持ちが高まっているようです。   最後に、年長組の女の子がブロックで作ったバレリーナのお人形をご紹介いたします。頭には、お団子結びが表現されており、平面だけど立体の作品を作ったことにお友だちも興味津々で「すごいね!上手だね!」と楽しんで見ていました。   子どもたちを見ていると、一人ひとり得意なことや好きなことがあり、それを表現する場や見てくれる人がいることで、成長に繋がることを感じます。発表会もその中の大きな1つで、お歌が得意な子、ダンスが得意な子、楽器が得意な子、セリフを言うことが得意な子…また苦手だったことも、先生やお友だちと一緒にやってみることで褒められたり、楽しい気持ちが芽生え自信に繋がったこともあるでしょう。発表会まであと2日。子どもたち一人ひとりが楽しんで発表会を行えるようサポートして参りたいと思います。 (長時間担任 石澤)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら