先生の日記

盛りだくさんな1日

今日は朝から「雪が降るかも!!」と子ども達はうれしそうに登園してきました。 少し雪がちらついたときはとても大興奮していました。 今日は外で遊ぶことができず、室内で作品展のものを作ったり、鬼のお面に色を塗ったりして過ごしました。 体操もホールで跳び箱をしました。少しずつ段が高くなると子ども達も興奮をしていました。先生に呼ばれた子がみんなの前でやるときに見ている子は「頑張って!」という声。とんだあとは「すごーい!」と拍手がたくさんありました。見ていた子どもたちも「跳べるように頑張る!!」といって負けたくないという気持ちも芽生えてきたと思いました。最後に子どもたちの大好きな「なんでやねん!」というダンスをして子ども達はとても楽しく過ごしました。 そのあと、子ども達と絵を描きました。絵の具を使いましたが、筆ではなく、割りばしを使うというと「えー!」と驚いた表情をしていました。 筆とは違い、何度も絵の具をつけないと線が続かないということ、色がかすれることがわかり、楽しそうに描いていました。 筆で描いた絵は作品展で飾ります。作品展の作品も少しずつ出来上がってきて子ども達も楽しみにしていますので、お楽しみにしていてください。 (ゆり組 髙橋)      

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら