先生の日記

素敵な贈り物

6月19日は「父の日」です。 いつも、ありがとうの気持ちを込めて どの学年も一生懸命に作ったプレゼント、 お家に届いたでしょうか。   年少組は、いつもお仕事を頑張ってくれているお父さんに ネクタイかけを作りました。 母の日のプレゼントには手形をとりましたが、 今回は足型です。 緑の絵の具の入ったタライに足をつけると、 「ヌルヌルしてるね」「冷たい!」と、それぞれ初めての感触を 味わっていました。 ネクタイや襟は、「のり」を使って貼りました。 のりの量や上手く伸ばすことが難しいですが、みんな真剣な表情で 一生懸命に貼りました。       画用紙に足型をとった後、「もっとやりたい」という声が聞こえてきたので、 今度は白い布をペタペタ歩いて足型でいっぱいにしました。 すると、真っ白だった布が緑色の布に! 梅雨の時期に合わせてみんなで作った「カタツムリ」と一緒に 葉っぱになってお部屋に飾ってあります。 とても素敵なので、子ども園に来た際は、ぜひ見てみて下さい。   梅雨が近づき、お部屋で過ごすことが増えてくるかと思いますが、 雨の日ならではの楽しみを味わっていきたいですね。   (こぐま組 石澤)                                      

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら