先生の日記

雨の日のぱんだ組

梅雨が明けず、あいにくのお天気が続いていますね。 今日は、朝からしとしとと雨が降り、子ども達が楽しみにしているお散歩や、プール遊びはできませんでしたが、 お部屋の中でゆったりと、1日楽しく過ごしました。 お歌や手遊びを楽しんだ後、今日は「七夕」ということで、織姫と彦星のお話を、ペープサーとや絵本を見ながら、聞きました。 きちんと椅子に座り、興味深そうに聞いているぱんだ組の子どもたちです。   お話を聞いた後は、粘土遊びを楽しみました。 以前は「先生、作ってー」と保育者に作ってもらおうとする子もいたのですが、 今では自分で作る楽しさがわかってきて、「おだんごにしたよ」「おせんべいができた!」 「先生、電車だよ。」と、それぞれに自分で作った作品を見せてくれます。 お友達と一緒に「よいしょ、よいしょ!」と粘土をこねるのも、とっても楽しそうです。   身体も動かして、発散・・・ということで、今日は「ミッキー体操」「アンパンマン体操」をみんなで踊りました。 保育者の真似をして、身体を動かす姿はどの子もとっても楽しそうです。 雨の日は、戸外に出て遊ぶことはできませんが、室内でも静と動のバランスを考えながら、 子ども達の気持ちや身体を解放していけるように、保育を工夫していけたらと思います。   (ぱんだ組 井上)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら