先生の日記

雨ふり♪

今日は予報より早くに、雨が降り始めてしまい、午後のおやつのあとに、テラスに出て「雨がお話しているね」と雨音に耳をかたむけてみました。 「ポツポツって聞こえるね」「ざあざあっていってるよ」と音を表現してくれる子もいれば、「雨がヤッホーって言ってるよ!」と教えてくれる子もいました。 最近、長時間保育の年少組では、雨の日も楽しめるように、傘の制作をしています。 まずはじめにサインペンで模様を描きました。 次に、「魔法の水」を筆につけ、描いた模様の上をチョンチョンとなぞると・・・ 段々と模様がにじんできます! 「にじむ」という言葉は難しいのですが、「色がはなれていってる!」と表現していた子がいて、とても面白いなと感じました。 不思議な魔法のお水を使って、きれいな模様の傘が沢山できています。 できた傘をお部屋の中でさしたり、お人形にさしてあげたり、お部屋の中に飾ったり早速色々な遊びに使っていました。 また来週も色々な遊びを見つけ、みんなで楽しく遊びましょうね! (長時間保育年少組 中嶋)  

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら