先生の日記

本日の献立<バイキング給食>

本日はお楽しみバイキング給食でした。 バイキング給食を楽しみに待っていてくれていた沢山のお友だちが朝から給食室をのぞきに来てくれました。 みんなの楽しみにしてくれている姿を見て給食室のスタッフはより一層張り切って給食を作りました。 本日のバイキング給食では、子ども園のお友だちに大人気の園長先生特製のから揚げも登場してみんなとても喜んでいました。 給食の時間には、給食室のスタッフも、子どもたちと一緒に食べることができて、みんなが楽しそうに食べている姿を見ることができました。 ハンバーグやから揚げだけでなく、サラダをしっかりと食べているお友だちもたくさんいました。 また今日は鮑子先生も一緒に給食を作ってくれました。久しぶりに鮑子先生の給食を食べることができみんなとても嬉しそうでした。 今年度も残りわずかです。今日のバイキング給食がみんなにとって楽しい思い出となってくれたら嬉しいです。(新澤) <バイキング給食> 園長先生特製から揚げ おにぎり(わかめ・ゆかり・鮭) ジャムサンド 鮭のフライ 豆腐入りハンバーグ スパゲティソテー ベイクドポテト コーンとブロッコリーのサラダ 野菜スープ 付け合せ野菜 野菜パンケーキ フルーツ盛り合わせ アセロラとオレンジのゼリー リンゴジュース   <長時間 補食> マシュマロクラッカーサンド 牛乳

楽しいバイキング♪

今日は子どもたちが待ちに待ったバイキングの日でした。 何日も前から、「あと何回寝たらだね!」「楽しみだなー」と心待ちにしていました。   1年の最後に特別な給食“バイキング”なので、特別に年少、年中、年長組と先生たちも一緒に給食をいただきました。 お皿に並ぶごちそうに目を輝かせる子どもたち。 「どれにしようか迷っちゃうー」という声が沢山聞こえました。 年長組は、小さいお友だちをアテンドして「どれにする?」と優しく声をかけてあげます。   今日は、特別に園長先生や給食室の先生方、いつも職員室でお仕事をしてくださっている事務の方も一緒に いただきました。 楽しくお話をしながら、美味しいお食事をいただいてとても嬉しそうな子どもたちでした。 とてもおいしいお給食に、おかわりを何度も繰り返し「今日はおなかがたぬきみたいだ!」と話している子もいました。 どの子も笑顔いっぱいの素敵な時間となりました。 今日のバイキングのために、沢山の準備をしてくださったお給食室の先生方本当にありがとうございました。 (りす組 中嶋)      

ぞうさんばいばい

  気温が低いですが、子どもたちは風邪を引かず元気に過ごしています。   先日年長組さんが卒園遠足がありました。 その日の給食はなんと!!お弁当!! ぱんだ組もピクニック気分を味わう為、人工芝生にブルーシートを敷き みんなでお弁当を食べました。 子どもたちは「今日お外で食べるの?」や「ハンバーガーだ」と言い いつもと違う雰囲気にウキウキ。 日陰になると「寒いね」「太陽さんどこかな」と言っていましたが 食べ終わり、お部屋に入ると「また今度お外で食べようね」と 言っていました。     3月3日はひなまつり。 子どもたちは玄関のひな人形を見たり、製作で作ったおひなさまと おだいりさまを見て「かわいいね」「おひなさまは女の子の日だよね」 と子ども同士でお話しています。 3日の3日に製作をお持ち帰りするのでお楽しみにしていて くださいね。     作品展で飾ったぞうさんと今週お別れします。 子ども達は「ばいばい」と言い撫でていました。 また、ぞうさんに会える日がくるといいですね。   ぱんだ組(松田早)    

一緒に遊ぼう♪

風はまだ少し冷たいですが、日差しが温かく、春の匂いを感じる季節となりました。 子ども達は今日も元気いっぱい駆け回っていました。     今日は室内でABグループの合同保育を行いました。 「電車ごっこで一緒に遊ぶんだよ」「長いの作ろうねー」   はさみを使い切り紙を作り、友達にプレゼントをしたり、お家の方の真似をして 食器を拭いていたりと様々遊ぶ子ども達。 長く切った用紙に好きなように模様や絵を描いて、1つの作品を作り上げ、没頭する子ども達。 年少さんは特に作ることが大好きで、頭の中で作品の完成像を描きながら、製作する様子が目につきます。   1年の経験とお兄さん、お姉さんを見て「憧れ」から様々チャレンジし、出来る事が増えたことで、 活動がだんだんと大人びてきたように思います。   進級、卒園が目の前に見えてきています。 今しか出来ない遊びや交流活動を重点におき、子ども達とのかけがえのない時間を過ごしていきたいです。   (長時間担任 川崎)

本日の献立

<給食> ごはん 鯖のカレー焼き ひじきと大豆の煮物 吉野汁 キャロットゼリー   <長時間 補食> ビスケット バナナ 牛乳

卒園遠足!!

今日は年長組のお友だちがずっと楽しみにしていた、サンシャイン水族館へ行ってきました。 お日さまは出ていましたが、飛ばされそうなほど風が強く寒かったです。しかし、元気な新渡戸文化子ども園の年長組のお友だちは、そんな風にも負けず遠足を楽しんでいました。 始めは屋外でアシカショーを見ました。 アシカさんの巧みな技に、驚きと喜びの声を上げてはしゃいでいました。ショーの最後に、参加型の輪投げタイムがあり、新渡戸文化子ども園のお友だちも2人選ばれました。初めてのことでドキドキしながら投げていましたが、見事!!2人とも上手に投げることが出来ました。ドキドキの表情も、終わった後は出来た喜びで溢れていました。 次に水中パフォーマンスが行われる、大きな水槽に行きました。水槽の中の水はなんと240t、お風呂で考えると約1300杯分の量になる、ということを知り、子ども達も驚いていました。また、水槽の中の魚の数を聞いてびっくり!その数はなんと3000匹!色が変わる魚や蛇のように長いウツボ、とても大きなエイなど、たくさんの種類のお魚を見ることができ、とても楽しそうでした。 その後はグループ毎に水族館の中を回りました。 クラゲや毒のあるカエル、イカなどたくさんの海の生き物を見ることが出来ました。グループの先生に生き物の説明文を読んでもらい、様々な生物の特徴を学んでいました。 たくさん歩いた年長組のお友だちのお腹はペコペコ・・・ みんなが一番と言っていいほど楽しみにしていた、保護者の方に作っていただいた手作りのお弁当、何が入っているのかな? どんなお弁当を作ってもらったのと聞くと、「私はほっぺちゃんのお弁当!!」「私はサンドイッチ!」と嬉しそうに答えてくれました。いつもはゆっくり食べ終わるお友だちが、今日はあっという間に食べ終わっていました。 楽しかった時間はあっという間に過ぎ、気がつくと、子ども園に帰る時間になっていました。短い時間でしたが、年長組のお友だちみんなと、楽しく過ごすことが出来ました。

お友だちと水族館へ行き、とても素敵な思い出を作ることが出来たと思います。 卒園まで残りわずかとなりました。お友だちや先生との楽しい思い出を、たくさん作りましょうね。

(磯部)

       

本日の献立

<お弁当給食> 照り焼きチキンバーガー ポテト サラダ みかん ジョア   <長時間 補食> たこ焼きくん 牛乳

本日の献立

本日は、年長組の最後のお料理実習でした。 5月のお料理実習で仕込みをして出来上がった新渡戸味噌を使って『焼きおにぎり』と『豚汁』を作りました。 子ども園の全員分の給食を作るということでみんな張り切ってお料理に取り掛かりました。 豚汁の野菜は大きくなりすぎないよう慎重に切ったり、おにぎりは三角になるように握り丁寧に味噌を塗ったりと こころを込めて作っている様子を見ることができました。 出来上がった給食は大人気でどのクラスもからっぽになっていました。 これからも料理を通じて食べる楽しさや食の大切さを感じてもらえたら嬉しいです。(新澤) <給食> 新渡戸味噌の焼きおにぎり 新渡戸味噌の豚汁 いかのカリント揚げ 野菜のごま醤油かけ いちご   <長時間 補食> ガーリックトースト 牛乳

理事長先生方とお食事会

今日は5月に仕込みをしたにとべみそを使った給食でした。 子ども達が作ったにとべみそを子ども達のために学園で働いてくださっている理事長先生方に食べていただきたく、ご招待いたしました。 子ども達はお料理実習でおにぎりをにぎり、みそをぬったことや野菜を切るのが難しかったこと、子ども園の給食で1番好きな給食を話したりして、とてもうれしそうでした。 楽しい時間をありがとうございました。  

最後のお料理実習~にとべみそを使って~

今日は年長組が5月に仕込みをしたみそができあがり、それを使ったお料理実習でした。 子ども達は「おみそはまだできないのかな」「もうできてたかな」とずっと気にしていました。 お料理が始まり、みそを見ると・・・ 匂いも色も5月とは違い、みそ!! 「とてもいい匂い」「おいしそ~」「にとべみそができた!」ととてもうれしそうな表情をしていました。 お料理をする前にちょっときゅうりにつけて味見。苦手な子も「おいしい」といい、食べていました。 今日のお料理は子ども園全員分の豚汁、そして焼きおにぎりでした。2つともにとべみそを使ったお料理です。 豚汁に入る野菜を切るのが固くてナイフを前後ろにしながら一所懸命に切っていたり、三角おにぎりを作るのが難しかったりと「給食を作るのってたいへんなんだね」といいながら給食室の先生方のすごさを身をもって感じていました。 お料理実習を通して、子ども達は豆腐は大豆からできているなど食材のことや恵方巻きを作ったときのまきすの使い方など道具の使い方などたくさんのことを知ることができました。 お料理実習の後に渡していたレシピをお家の方と一緒に綴じ、「みながら作ったよ」とうれしそうに給食室の先生に話しにいくなどお料理するのが楽しいという思いが伝わってきました。 年長組では子ども園にくるのはあと〇日、給食はあと〇日とカウントダウンをしています。毎日1日ずつ少なくなっていく日数をみて寂しそうな表情をしています。特に給食の日数をみてが多いです。 子ども園で作ったお料理実習で教えていただいたことをお家でもやってみてくださいね。(ゆり組 髙橋)

お便り 3月号

園長だより•3月号

本日の献立

<午前 おやつ> ポパイカップケーキ   <給食> 玄米入りごはん 豆腐のステーキきのこソース 肉じゃが 沢煮椀 ミルクティゼリー   <長時間 補食> シリアルバー 牛乳

もうすぐひなまつり

昨日とはかわって、寒い朝でしたが、園庭の木々も小さな新芽をつけ春が近づいていることを知らせています。   子ども園では、玄関におひなさまを飾り、春を迎える準備が進んでいます。 今日、年中組は、おひなさまを見に行きました。   ♪うれしいひなまつりの歌に出てくる、三人官女や五人囃子、をはじめ、いろいろなお道具にも興味津々な子どもたち。 「みんな優しいお顔してるね」と表情も印象的だったようです。 歌詞が少し難しいので、実物を見ることでよりイメージがわきやすくなったようでした。   その後、お部屋でひなまつりの製作をしました。 先程見た、おひなさまやおだいりさまの着物を思い出しながら取り組んでいました。 「お着物の前のところはバッテンみたいになってたよね」と襟の細かいところにも気づく子も。よく見ていますね! かわいいおひなさまが並び、お部屋もまた華やかになりました。 完成したら、持ち帰りますのでどうぞお楽しみになさってください.(りす組 中嶋)

本日の献立

<給食> 野菜たっぷり味噌ラーメン 野菜の中華和え マンゴーゼリー 牛乳   <長時間 補食> 鶏そぼろおにぎり 牛乳

みんな大好き!

今日はぽかぽかと暖かく、春の訪れを感じる1日でした。 こぐま組では、お外で子どもたちの大好きな体育活動がありました。 準備体操をしっかりして、元気に走ったりなわとびをしたりしました。 4月には、転んで泣いている子もいましたが、今は「一生懸命走ったから転んじゃった!でも泣かなかったよ!」と明るく前向きに取り組んでいます。 鉄棒では、前回りが怖くて途中で手を離してしまう子も、今ではきちんと最後まで鉄棒をつかんで回ることができます。 なわとびも先生のマネをしながら、楽しく遊ぶことができました。 体育活動が終わり、水筒のお水を飲みながら少し休憩をすると「お外で遊びたい!」 とワクワクした表情の子どもたち。 今日は暖かく過ごしやすいお天気でしたので、そのままお外で遊ぶことにしました。 お外では、お砂を使っておだんご屋さんをしていたり、お友だちと何度もすべり台で遊んでいたりと、いろいろな遊びが見られました。 なかでも、すべり台での遊びの様子を見てみると、「私が最初にすべるね!」 「じゃあ、ぼくが次にすべる!」とお友だちと会話をしながら遊んでいる姿が見られました。その楽しそうな様子を見て、たくさんのお友だちがすべり台に集まっていました。 同じクラスで1年間一緒に過ごしてきたこぐま組さん。たくさんの楽しいことを経験し、頑張ってきたみんなの成長がいろいろな場面で見られます。こぐま組さんでの生活も残りわずかとなりましたが、たくさんの素敵な思い出を作りながら、進級に向けてもっと大きく成長していけるよう努めて参りたいと思います。 (こぐま組 石澤)      

本日の献立

<給食> ごはん かじきと大豆の甘辛揚げ ブロッコリーとれんこんの昆布和え せんべい汁 デコポン   <長時間 補食> バナナパフェ 牛乳

進級に向けて頑張っています。

今日はとても暖かい1日で、春の訪れをもうすぐそこまで感じることができましたね。 ぱんだ組の子どもたちは、今日も元気いっぱいです。 この1年でぐんと成長した子どもたち。毎日の園生活の積み重ねを通して、お部屋の中ではパズルやボタンつなぎの練習など手先を動かし頭を良く使いながら、じっくり座って遊ぶこともできるようになってきました。 今日は、防寒着なしでのびのびと芝生で体を動かすことができました。 年中組のお兄さんお姉さんも一緒になり、とっても賑やか。広い芝生を駆け回ったり、探索をしたりして楽しみました。     お給食の準備も、年少組への進級に向け練習をしています。 いただきますのご挨拶の前の沈黙も、少しずつ上手になってきました。 年少組への進級、ひとつ大きくなること、制服を着ることなど、4月に向け楽しみな気持ち、頑張る意欲が生まれてきています。 自分でできることを少しずつ増やして行きながら、自信をつけ、その自信を更なる意欲に繋げていくようにしていきたいと思います。   (ぱんだ組  井上)  

本日の献立<まごわやさしい給食>

本日の給食はまごわやさしい給食でした。 健康なからだを作るために積極的に食べてほしい食品の頭文字をとってできた言葉が「まごわやさしい」です。まめ類・ごま・わかめなどの海そう・やさい・さかな・しいたけなどのきのこ類・いも類をすべて使った作った給食がまごわやさしい給食です。 <給食> じゃが芋の甘辛ごはん ぶりの野菜あんかけ 水菜と油揚げのごまサラダ わかめときのこのみそ汁 小豆ぜんざい   <長時間 補食> 紅茶のフレンチトースト 牛乳

2月のお誕生会

今日は、2月生まれのお友達の誕生会がありました。 2月生まれのお友だちは、みんなの前に立つ緊張と、大きくなるんだという自信に満ち溢れた表情をしていました。 周りのお友だちもどんなお誕生会になるのかワクワク。 名前を呼ばれた子から、元気にお返事をして、前に立って…インタビュー! 大きくなったら何になりたいか、みんな大きな夢を持って胸を張って答えていました。 大好きな家族のことを聞かれると、少し照れくさそうに好きなのはパパ、ママ、お兄ちゃんなどと教えてくれました。 担任の先生からプレゼントを受け取り、お言葉や歌のプレゼントをもらい、みんなとてもうれしそう。 冠をかぶった子ども達の姿はとてもキラキラしていました。 さあ、次は新澤先生のお魚のお話とお楽しみ!今月のお魚は「わかさぎ」です! お魚の話の中で、給食に「わかさぎのからあげ」がでると聞き、みんなから喜びの声があがりました。 お楽しみは先生手作りの物語「わかさぎのだいぼうけん」が大きなスクリーンに映りました。 2月のお誕生会も終えて、これからさらに沢山のことを経験して成長していけるように、かかわり見守っていきたいと思います。 (長時間保育担任 丹野)  

本日の献立<2月のさかな>

2月のさかなは『わかさぎ』です。 誕生会で、わかさぎは頭から尻尾まで丸ごと食べることのでき、 みんなの歯や骨を丈夫にしてくれる魚だというお話をすると 今までに登場にした丸ごと食べることのできる魚『しらす』や『きびなご』を 覚えてくれていたお友だちがたくさんいました。 4月のころよりもさかなに興味を持ってくれているお友だちが多く、嬉しい気持ちになりました。 また給食で登場した『わかさぎのからあげ』はどのクラスもからっぽになっていました。(新澤) <給食> ごはん わかさぎのから揚げ 切り干し大根の煮物 和風カレースープ オレンジゼリー   <長時間 補食> せんべい りんご 牛乳

本日の献立

<午前 おやつ> カリフラワーのフリッター   <給食> 塩昆布ごはん ほたてとほうれん草の卵焼き 白菜の甘酢漬け しょうが汁 キウイフルーツ   <長時間 補食> うどん 牛乳  

寒くても元気いっぱい!

2月も中旬に差し掛かり、少しずつ進級に向けてお兄さん・お姉さんになる気持ちが芽生え始めてきています。 今日は、ことり組とこぐま組一緒に学園内のお散歩に行きました。いつもは、それぞれのクラスでお散歩に行っていましたが、みんなで並んで学園内のところをいろいろ見て回りました。学園の畑を通り、大根の成長を見てみたり、新渡戸稲造先生の銅像に「おはようございます」とご挨拶をしたりしています。最初のころに比べるときちんと並んで歩くことなどできるようになり、すっかりお兄さん・お姉さん気分な年少組さんです。これからもたくさんお散歩に行き、季節のものを探したりしながら楽しみたいと思います。 その後は、芝生に行って遊びました。芝生に着くなり、広い芝生を何度も何度も、走りました。最近は、ルールのある遊び「しっぽとり」をしています。寒くても体をいっぱい動かし、たくさん動かした後はとても気持ちがよくスッキリした様子です。お部屋に戻るなり、「楽しかった」という声がたくさんでています。これからもたくさん体を動かす遊びを取り入れ、元気に過ごしていきたいと思います。 また、外遊びはもちろん、お部屋の中でも折り紙をしたり様々な遊びに興味を持ち始めています。 折り紙も少しずつ難しいものにも挑戦し、真剣に行う姿も見られるようになりました。これからも様々なことに挑戦し、たくさんの経験をしていきたいと思います。(ことり組 小山)

本日の献立

本日の給食は、バレンタインのメニューです 甘いココアのクッキー生地が乗ったパンを給食室でひとつひとつ心を込めて作りました。 手作りのパンはふわふわで大人気です!おかわりのパンもすぐにからっぽになっていました。(新澤) <給食> 手作りココアパン ボルシチ スティック野菜 ミルクゼリー苺ソース   <長時間 補食> クッキー 牛乳

子どもは風の子、元気な子

    朝、元気に登園してくると「一緒に遊ぼう!」とすぐにお友だちを誘い、おままごとやレポーターごっこなど、役になりきって会話のやり取りを楽しんでいました。 「今日は晴れだね」「早くお外行きたいね」「今日は何をするのかな?」と窓から外をのぞいてたぱんだ組の子どもたち。朝の会が終わり、学園ガーデンへお散歩に出かけました。日陰は肌寒く「ちょっと寒いね」と保育士が話すと、「全然、平気!!」「寒くないよ」と笑顔の子だもたちを見て、“子どもは風の子って本当だなあ”と改めて感じました。 次は何色の車が道を通るのかあてっこをしたり、花壇を見に行き「〇〇色のお花、きれいだね」「こっちは〇〇色だよ」と探索をしたりしています。ベンチにはお日様があたっていたので、「ここが暖かいよ」と気がついたお友だちの声に反応した子どもたちが順番に日向ぼっこをしていました。お花や日差しの暖かさにほっこりした後は、恒例のオバケごっこで保育士との追いかけっこを喜び行っていました。 明日も元気に遊びましょうね。                                                                                    (ぱんだ組 松田)  

作品展も終わり・・・

先週の土曜日に作品展も無事に終えることができました。 そんな今日は、長時間保育のお友だちが登園しました。 年長組のお友だち達は他の学年のお友だちが寝ている間はリス組のお部屋で折り紙をしたりお部屋のおもちゃで遊んでいます。作品展で飾ってあった年中組さんの車の作品がリス組にあり子どもたちは大喜びで使って遊んでいました。折り紙では明日のバレンタインデーに、ちなんでハートづくりに挑戦しました。折り方を見ながら一所懸命に頑張っていましたが今日では折れず、明日また頑張ると言っていました。 お昼寝が他の学年が起きた後はお友だち達がおやつを食べ終わるのを待ってからお外に出ました。少し寒いように感じましたが子ども園のお友だち達にはへっちゃらです。年長組のお友だち、年中組のお友だちと一緒に氷鬼する姿や、年少組のお友だちは、大好きな砂場遊びを楽しんでいました。 氷鬼で転んでもすぐに立ち上がり遊びに参加する姿も見られ子どもの成長を感じました。 お外から戻ってきた後は、自分の好きな遊びをしました。カプラで線路を作って汽車を走らせたり、ユニット折り紙を作ったりと子どもたち一人一人が工夫して遊ぶことができるようになったと感じました。今年度もあと1か月と少なくなってきましたが楽しく遊びましょうね。    

(長時間保育担任 磯部)

本日の献立

<給食> ゆかりごはん ひろうす 野菜の生姜醤油かけ かき玉汁 カルピスかん   <長時間 補食> 磯部もち 牛乳

お花

保護者様より素敵なお花をたくさんいただきました。 「ありがとうございました。」 春を待つ子どもたちや、お仕事をがんばっているお母様方の心を 玄関で癒してくれています。(鈴木)

作品展

テーマ 「家族」 【ぱんだ組】 子ども園で一番小さなぱんだ組の子どもたちも、日々の生活の中で楽しみながら制作してきた作品を中心に、作品展へ参加しました。子どもたちは、制作活動を通し、描く・ちぎる・貼る・塗るなど、指先を使う作業をたくさん経験しながら、自由に表現していくことに喜びを感じることが出来たようです。今回とても楽しみに取り組んでいたのは、大好きな絵本『おおきくなったら』の生き物を作って、お話の世界を表現することでした。お父様やお母様、そしてこの話に出てくるゾウさんのように“身体も心も大きくて優しい人になりたい”と話していました。また、大きなゾウは子どもたちがみんなで協力して色づけをし、一緒に作る楽しさ、一体感も味わっていました。当日は、保護者の皆様、そしてたくさんのお客様に見ていただき、「上手に出来たね」「こんなこと出来るの」と誉められ、とても自信になったことと思います。ありがとうございました。これからも、制作で自由に表現する楽しさをたくさん感じられるようにしていきたいです。(ぱんだ組 松田) 【年少組】 年少組は「ご家庭での家族」そして、毎日を過ごしている「子ども園での家族」を作品で表現しました。様々な素材を使用していろんな形での家族を作り、ご家族の方に喜んでいただき子どもたちはとても嬉しそうでした。年少組は、初めての作品展で「みんなで協力して作り上げることの嬉しさ、楽しさを感じる」「大好きな家族を自分なりに表現する」というねらいをもとに作品作りをしてまいりました。 少しずつお部屋の中に作品が増え、出来上がるごとに「楽しみ〜。」や「お風呂ができた!」など楽しみにしていました。作品が増え、お部屋が変わっていくことで子どもたちの気持ちも高まり、今日クラスに入って来た瞬間は、吸い込まれるようにキラキラとした目で作品をお家の方たちと楽しんで見ていました。「これは、お風呂を作ったんだよ」「ケーキは、全部つくったよ」など細かい説明もきちんとお家の方にお話をしていました。自分の作った作品をしっかりと説明し家族で楽しんでいる姿を見てあたたかい気持ちを感じ、子どもたちの成長を感じることができました。 作品の中には、6月の入園したばかりの頃の作品から3学期に入ってからの作品と成長を感じることができました。最初の頃は、ぐるぐる描くだけや塗り残しが残っていましたが、今はしっかりと色を塗れていたり、曲線が切れたりと様々な経験を通して成長していった様子を感じていただけたかと思います。 また、保護者の方からもたくさんの嬉しいお言葉をいただき、子どもたち、私たち保育者も嬉しい気持ちでいっぱいです。今回は、作品作りにご協力いただきありがとうございました。 最後になりましたが、今回は短大生の方とも共同制作で冷蔵庫など作っていただきありがとうございます。これからは、子どもたちと使わせていただきます。 今回の作品展を通して、一回り二回りも大きく成長した年少組さん。残りの一ヶ月ほどをみなさんのあたたかい家族のように、毎日楽しく過ごしてまいりたいと思います。 本日は、作品展にお越しいただきありがとうございました。(ことり組 小山) 【年中組】 年中組では、「身近な素材や教材の様々な使い方や使い道を知り、楽しんで製作をする」「自分の家族を思い、製作を通して表現する」ことを、ねらいとして、活動してまいりました。
家族のお人形作りでは、自分が何人家族かを考えながら、それぞれに合わせた毛糸の色を選んだり、お顔を描いたり、特徴をつかんだ素敵な家族ができあがりました。
ご家庭からお持ちいただいた空き箱を使い作ったおうちは個性あふれる作品でした。「工夫して、考える」ことができるよう、少しヒントを伝えながら、子どもたちを見守りました。空き箱を自由に組み合わせる際は、立ち上がるほど熱中する子も多くいました。空き箱収集にご協力いただきまして、ありがとうございました。
他にも沢山の作品を、ご家族の皆様に嬉しそうに、得意気に見ていただいている子どもたちの笑顔にこちらも幸せな気持ちでいっぱいになりました。皆さん、ひとつひとつの作品をじっくりと会話をしながら見てくださり、とても嬉しく感じました。作品展を通して、子どもたちの1年間の成長を見て、感じていただけたのではないでしょうか?あるおばあ様からこのようなお言葉をいただきました。「どの作品も子どもたちの表情が明るくて、幸せなんでしょうね」きっと、大好きなご家族と温かいご家庭で過ごしているからでしょう。うさぎ組、りす組で過ごすのも残り約1ヶ月。子どもたちが幸せに過ごすことができるよう、親心を忘れず保育をしていきたいと思います。
本日は、作品展にいらしていただき、本当にありがとうございました。 (りす組 中嶋) 【年長組】 年長組では、『家族』=『おうち』という思いがあり、共同制作では、ゆり組ばら組が一丸となって『大きなめいろのおうち』をみんなで協力して制作を行いました。 家族が集まる場所、過ごす場所としてお家を作ろう!という話をした時から、「どうやって作ろう?」「どのくらい大きいの作る?」と大張り切りだった子どもたち。たくさんの意見が出た中で4つまで絞り、多数決で『めいろのおうち』に決定!! 「早く作りたいよ」「明日から作るの?」と目を輝かせながら、取り組みました。 グループ制作では、4つのグループに分かれて話し合いをし、どんなおうちを作るか考えました。「話し合い」の中で意見が合わなくてもどうしたらいいかをみんなで考える姿はとても真剣。自分の気持ちだけでなく友だちの言葉も聞き、全員が納得しておうちを決めることができたのはさすが年長組だと思いました。 また、今回、新渡戸文化短期大学の学生の方が大きなおうちを作ってくださいました。子ども達は「すごーい!これを使ってめいろ作るんだよね?」ととても喜んでいました。短大生の方、ありがとうございました。 そして個人制作で作った『あったらいいなこんな道具』 先  生:「おうちにあったらいいな~って思う道具って何かな?」 子ども①:「うーん。掃除機?」 子ども②:「それは僕のお家にもあるよ~!」 先  生:「本当には見たことないけれど、あったらなって思う道具を発明してみよう!」 子ども③:「じゃあ勝手に動く道具とか?」「お家を守るロボット!」 素敵なアイデアがたくさんでてきました。「ママはお洗濯大変そうだから、勝手に全部やってくれる道具作る!」などお母様ことを思いながら作る様子もみられました。 廃材同士をつなげるためには何を使えばいいか、どの廃材を使うかなど子どもたちが工夫して考えて作りあげました。 子どもたちの夢や希望がたくさん詰まった作品になりました。 少しずつ出来上がっていくクラスを見て子どもたちも見る人がどうすれば喜んでもらえるかということを考えながらみんなで飾ることができました。 見に来てくださったご家族の方、来園してくださった方、子どもたちの成長を一緒に感じることができたことを感謝いたします。ありがとうございました。 後ろに貼ってあった大きな絵は家族のように共に過ごした子どもたちが集まるひろばをイメージしました。卒園まであと1ヶ月。一緒に笑って泣いて過ごしたかけがえのない友だちのことをずっと忘れないでほしいなと思います。(ゆり組 髙橋)   【長時間】 長時間保育のみんなで頑張って作り上げた家族パネル。 「わたし猫がいいから、お母さんはおばあちゃんね!」「パパはやっぱり大きいね!」 「すごいね、お友達と作ったの?」「折り紙をちぎってお洋服にしたの?」 など会話が生まれ、見ていて温かい気持ちになりました。 みなさんは、何に変身したでしょうか。素敵な1枚は撮れましたか? お芋ほりの後にコーナー遊びで行った野菜のスタンプ。切り口が面白く、それぞれの野菜の断面を見て、「こんな風になっているんだね」と会話が弾んで、どんな風になるのかわくわくしながら、伸び伸びと表現遊びを楽しみました。 サルビアの花言葉は「家族愛」。家族のことを思い、考えながら作った花たち。折り紙をちぎる、ねじって広げる、指先の感覚を養いながら、グループでひとつひとつのお花を作り上げることができました。当日、初めて花壇に飾ってあるサルビアを見た子ども達は、とても喜んでいました。 家族写真の制作時、カラフルでいろいろな形のマカロニをボンドで貼り付け、マスキングテープや丸シール、スタンプなどで飾りつけをし、オリジナルの写真フレームが出来上がりました。ホールに飾ってある自分の作品を、「ここね、ポイントだよ」「テープを貼っただけじゃなくて、この下に○○を描いたよ」と、ご家族の方々に一生懸命説明している子ども達の姿が見えました。 保護者の方、ご協力いただきましてありがとうございました。 また、短大生のみなさんも、長時間の子ども達に作品を寄付していただきまして、ホールに花が咲きました。ありがとうございました。(長時間担任 丹野)

いよいよ明日は作品展!

  昨日は雪がちらつき、元気よく「雪やこんこ」のお歌を歌った子どもたち。 まだまだ肌に触れる空気は寒いですが、朝はお日様がきらきらと輝き、気持ちの良い冬晴れとなりました。 明日の作品展にむけて少しずつ飾りが増えていく園舎に、子どもたちは「先生!お星さまがあるよ!」「見て!あそこお写真飾ってあるよ!」とわくわくが止まらない様子でした。   明日はみんなで作ったたくさんの素敵な作品が並びます。 どうぞご家族お誘いあわせのうえ「新渡戸文化子ども園 作品展」にいらしてくださいね。 職員一同、心よりお待ちしております。(うさぎ 三井)    

本日の献立

<給食> 茶飯 おでん(大根・ちくわ・こんにゃく・揚げボール) 押し麦サラダ きな粉プリン 野菜ジュース     <補食> 焼き芋

作品展に向けて

今日は雪がちらちらと混じるとても寒い1日となりました。 いよいよ作品展まであと2日。 年長組の子ども達は自分の作ったものを自分たちで飾ったり、周りの装飾を作るなど自分で考えながら毎日を過ごしていました。 昨日からクラスも作品展仕様になり、ゆり組ばら組一緒に過ごしていました。そしてなんといっても年長組はお休みをしている子が1人もいなく、全員が登園し、毎日を過ごしていました。 昨日は風は冷たかったですが、天気がとても良かったので、おやつは2階の人工芝のところでピクニックのようにして食べました。 食べ終わると、柵のところから「やっほー」と山にいる気分で声を出している子もいました。また、みんなでじゃんけん列車をしたり、列車の先頭にインタビューをしたり、みんなで遊びました。 今日は、ホールでお給食。 いつもはゆり組、ばら組と別々に食べていますが、今日もみんな一緒。ワイワイにぎやかな給食となりました。 そのあとは伝言ゲームをしました。 伝言ゲームの伝言「今日の給食はカレーうどん」が「今日のうどんはカレーうどん」となったり、「あめんぼあかいなあいうえお」が「あめがおちてくあいうえお」など違う言葉になると急いで聞きに行くなどしてとても盛り上がりました。 作品展に飾るもの、準備など子ども達も一所懸命に手伝ってくれました。子ども達の頑張ったものを土曜日はお楽しみにしててください。(ゆり組 髙橋)  

本日の献立

<給食> カレーうどん 野菜とささみの和え物 いちご蒸しパン 牛乳   <長時間 補食> 鮭おにぎり 牛乳

自由遊びは楽しさいっぱい

あと数日で作品展。子ども達は、お部屋の環境の変化の中で、ひとりひとりの作品が展示されとても嬉しそうに作品をみています。「これ、〇〇ちゃんの作ったお花だ!」「折り紙をゆっくり手で切るの上手だったんだよね!」「また、やりたいな。」などと、友達との話に笑顔がこぼれます。長時間保育では、子どもの工夫と想像力の発揮できる製作コーナーを毎日設定しています。Aグループには、帰る時間により、B,C,Dグループのお友達が合流し、遊びの輪が広がります。最近は、ぱんだ組さんも一緒に遊んで楽しんでいます。今日は、電車ごっこで仲良く遊びました。明日はどんな遊びが繰り広げられるかとっても楽しみです。(長時間保育担当 土居)

本日の献立

<午前 おやつ> メープルサンド   <給食> 麦ごはん 鮭の香味揚げ じゃが芋のしゃきしゃき和え 玉ねぎとたまごのみそ汁 ぽんかん   <長時間 補食> みたらし団子 牛乳

自分で出来るよ!!

  朝、お部屋に入る時とお支度を1人でやるようになり、最初は「ママと一緒がいい」や 「パパと一緒がいい」と言っていましたが、最近はご挨拶をすると黙々と準備をしています。 「お支度しなくちゃ」と張り切って,お友だちと一緒に出来ることを楽しんでいますよ。     自由遊びの時、絵本の内容を覚えている子は自分で読んだり、話を作って読んで いる子もいて聞いているのが面白いです。 ブロック遊びをしていると、お城やお家、ケーキを作り、出来ると 「すごいでしょ」と、自慢げです。 4月の頃に比べ作るものが物が大きくなってきたり、想像しながら作るように なり成長を感じます。     ぱんだ組の子どもたちは担任の先生だけではなく、子ども園全員の先生たちが大好き!! なので名前を覚えるのも早く、お外で会うと「〇〇せんせ~い」と呼び、 お話が出来ることや会えたことを喜んでいます。   風邪が流行っていて鼻水や咳が出ている子が多く見られます。 今週は作品展があるので、手洗い・うがいを丁寧にするよう 声掛けをしています。 お家でもしっかりと手洗い・うがいをし、風邪を引かないように 気を付けましょうね。 ぱんだ組(松田早)                    

本日の献立

<給食> ハヤシライス ゴボウサラダ レモンゼリー 牛乳   <長時間 補食> ホットドック 牛乳

りかちゃんと遊ぼう!

節分が過ぎ、今日は春に一歩近づいたようにお日様の光があたたかく感じますね。 作品展に向けて毎日いろいろな制作に励んでいる子どもたち。 集中して制作をする時間、思い切りからだを動かして遊ぶ時間とメリハリをつけて活動するようにしています。 最近はあたたかい日にはうさぎのりかちゃんを連れて芝生に遊びにいきます。 芝生に出るとりかちゃんは元気いっぱいに走ります。ぴょんぴょんぴょーんと軽快に走って行くりかちゃんのあとを 「まってー!!」 と追いかけるこどもたち。 走るのに疲れるとりかちゃんは急に止まってひと休み。 子どもたちもじーっとりかちゃんみつめたり、りかちゃんと同じポーズをとったりしてひと休み。 とても微笑ましい光景です。 先日はぱんだ組のお友達がりかちゃんと一緒に遊ぼうと芝生で待っていてくれました。 「りかちゃーん!」 「かわいいね」 と大人気のりかちゃん。 やっぱり、りかちゃんは子ども園のアイドルですね。 おそるおそる撫でたり、顔を近づけてびっくりしたり大興奮のばんだ組さんでした。 いよいよ今週末は作品展。 完成に向かって頑張っていますので楽しみにしていてください。 (ばら組 安西)

本日の献立

<給食> 菜めし 鰆の幽庵焼き 五目きんぴら きりたんぽ汁 りんご   <長時間 補食> ベイクドポテト 牛乳  

豆まき

今日は2月3日。節分の日。 これから幸せな1年になるように願いを込めて、豆まきをする日です。 「怖い鬼が来るのかな…」「豆まき楽しみだな!」「鬼が来るんだ!やっつけるぞ!」など、登園してきた子ども達からいろいろな声が聞こえてきました。 鬼はいつ来るのかな…ドキドキ。どのクラスにも緊張感がありました。   そして、いよいよ豆まきが始まりました! 先生の「キャー鬼が来たわ!助けて!」という大きな声が聞こえ、みんなで豆を持ち、鬼に立ち向かおうとかまえました! しかし、鬼を見るとみんな後ずさり…   あまりの恐怖に泣き出す子や、部屋の奥に逃げ込んでしまう子もいました。 前日までは「怖くないよ」と強気だった子ども達も、鬼の迫力に圧倒され、涙があふれてしまったようです。   最後は、先生方と力を合わせて「鬼は外、福は内!」と大きな声で立ち向かい、みんなで鬼に豆を投げつけました。 「豆をたくさん投げたよ!」「怖かったけど頑張ったよ!」など、子ども達は鬼と戦い抜いた事で、自信に溢れていました。     お給食は恵方巻き。今年の恵方、北北西を向いて、子ども達はどのようなお願い事したのでしょうか。 年中組には「腰が曲がるまで、家族みんなが長生きできますように」「家族が笑顔で過ごせますように」と願いを込めている子もいました。 おいしい恵方巻きをおかわりしている子もいましたよ。 今回の豆まきの経験を通して、怖いものに立ち向かう勇気や、自信を得たのではないかと思います。 暖かい素敵な春を迎え、心身ともに元気で力強く成長していきますように。 (長時間保育担任 丹野)

本日の献立

<給食> 恵方巻き いわしのかば焼き風 野菜のおかか和え すまし汁 みかん 福豆   <長時間 補食> 鬼蒸し 牛乳

みんな友達♪

とても風が強く、まるで北風小僧の寒太郎がそこにいるかのような一日でした。喚起の為に窓を開けましたら 飛ばされそうなほどでした。子ども達からは「今日は風が強いね!なんか怒ってるみたい!」 「砂埃が出てるよ」と沢山のつぶやきが聞こえました。   本日はプログラムがありませんでしたので、揃っておやつを食べることができ、子ども達も嬉しそうでした。 「おやつ美味しいね」「口に付いてるよ」と会話をしながら、トーストを食べる子ども達。   本日は強風の為、室内で遊びました。 折り紙を教えてあげる年長さん、年長さんに憧れを持って、懸命に説明を聞く年中、年少さん。 今日はA、Bグループ合同で遊びましたが、グループ関係無くどの子も交流が持てたようです。   1年も早いもので、あと1か月でそれぞれが進級です。次年度へ向けて 様々な面で成長できるように声をかけながら、思い出を大切にしていきたいと思います。 (長時間担任 川崎)  

本日の献立

<給食> ごはん れんこんバーグ ごまポテト 豆腐のあんかけ汁 アセロラゼリー   <長時間 補食> ピザトースト 牛乳

もうすぐ節分

今日から2月。 子ども園の園庭や保育室はとても陽当たりが良いので、寒さの中にも温かいお日様を感じることができます。   外遊びが大好きな年中組は、今日も元気いっぱいでした。 年中になったばかりの頃は、体を動かすことが苦手だった子も多かったのですが、2学期の運動会、日頃の体育活動等を通して、 最近では自分から進んで鉄棒、縄跳び、鬼ごっこをして遊ぶ子が増えています。 どんなに寒い日でも、“先生、今日もお外行く?”と楽しみにしています。 今日も、しっぽとりゲームをして、園庭を走り回っていました。   また、最近では、作品展に向けて様々な製作活動を行っています。 その他にも、今週の金曜日の節分に向けて豆まきの準備もばっちり! 先日は、鬼のパンツに見立てた豆を入れる袋を作りました。   折り紙を細長くちぎり、縞模様を作りました。 バッグのようにかけられるよう紐をつけて、子どもたちの節分への気持ちも高まっています。 「ぼくは片付けない鬼をやっつける!」「ドキドキするけど、頑張って豆まくよ」とそれぞれやる気十分です。   “静と動”の活動を大切にしながら、日々過ごしている年中組です。 (りす組 中嶋)

本日の献立

<午前 おやつ> クッキー   <給食> 玄米入りごはん 野菜の豚肉巻き もやしのごま和え 石狩汁 豆乳プリン   <長時間 補食> オレンジケーキ 牛乳  

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら