先生の日記

明日は作品展♪

今日もとても天気が良く、汗をかきながら元気に外で遊んでいました。 砂場では、3学年で力を合わせて穴をほるなど一緒になにかに取り組む姿が多くみられるようになりました。   また、「いしのおもちゃ」という絵本のように石を並べて絵を描くなど絵本の世界を再現している子もいました。   いよいよ明日は作品展です。 毎日子どもたちは各学年、各グループでいろいろなものを作ってきました。 年長組はプレスクールで作ったものも飾ってあります。 少しずつクラスが変わっていく様子を子どもたちは興味津々で覗いている姿もありました。 どんなふうにクラスが変わるのだろうと思いながら見ていたのでしょうね。   長時間では、デイリープログラムをテーマに進めてきました。 各グループで「こういうものを作りたい」また、担任が「こういうものを見つけたけどどうかしら?」などグループが一丸となって、作っていました。しかし、グループだけということではなく、他のグループの子が一緒にやるなど長時間全体で一つのものを作り上げました。 楽しみにしていてください。(長時間保育担任 髙橋)   *明日の作品展は12:00~16:30です。  

本日の献立

〈給食〉 ごはん 豚肉の塩昆布焼き 五目豆サラダ 芋団子汁 ゆずゼリー   〈補食〉 マシュマロクラッカーサンド 牛乳

私たちは探検家!

春のように暖かい気候となり、今日は戸外遊び日和となりました。 子どもたちの額には、汗がきらりと光る様子も見られました。   お花や畑に水やりをしたり、サッカーや鬼ごっこで体を動かしたりするお友だちなど、元気な姿が見られました。 その中で、今日は「探検隊」になりたいと提案した子どもたちの遊びに注目をしてみました。 ある女の子が、「遊びたいのになかなかみんな集まってくれない」と相談に来ました。「お友達に声を掛けてみたら?」と提案すると頑張って声をかけお友だちを誘ってみますが、「他の遊びをするからダメだって」と悲しそうに報告しに帰ってきました。 どうやらその子は、仲良しの子とお気に入りのマップをもって遊びたかったとの思いがあるようでした。 そこで、その女の子と相談をして、何をしようか迷っていた女の子を誘ってみたことと、保育者も間に入り、少ない人数で遊んでみることにしました。 それを見ていた男の子も仲間に入りたいと言ってくれて4人と保育者1名の5人で探検隊を結成しました。 マップにはいろいろ書いてあり、そのマップを園庭に見立てて、ぐるぐる探検しました。 チケットには恐竜の骨の写真が載っていたので、みんなで骨を探しに行くことになりました。 「これは骨みたいだね」と、枝を拾い上げ子どもたちに見せると、 「本当だ!じゃこれは、どこの骨かな」とたくさん集めだし、並べました。 その後、子どもたちが砂場で掘ってみたい、もっと深くを探したいと、砂場へと遊びが広がり、移動しました。 すると、探検隊をやりたいといった子の周りに、「僕穴報掘るの得意だよ」「こんなものも見つけたよ」と、たくさんのとお友だちが集まってきて、 始め仲のいいお友達と遊べないことを悲しんでいたお友だちも、最後には笑顔になりました。 子どもたちは日々、たくさんのお友達とかかわり、うまく意見が合わなくてぶつかり合うこともたくさんあります。仲がいいからこその思いのすれ違いなど、 昨日の豆まきでも敵わないこと・怖いこともあるということを経験したのと同じように、子どもたちの中でうまくいかないことはたくさんあります。 そのとき、悲しい気持ちで終わるのではなく、うまくいかないこともあるけど、そんなときどうしようかと前向きに考えられるようになってほしいという思いから、新しいことを提案したり、一緒に考える機会を作っています。 昨日の経験、そしてこのような経験から、子どもたちは大きく成長していきます。保育者として今後も一つひとつの経験を大切に拾い上げ働きかけていきたいと思っております。 たくさん遊んだ後の給食では、恵方巻が出ました。 今年の恵方は「西南西」。願いを込めて、お話をせずに目を閉じて食べきると、ずっと幸せが続くと言われていることを伝えました。 すると、一生懸命願いを込めて食べようとする姿が見られ、とてもかわいらしかったです。 「ずっと元気でいられますように」「先生になれますように」という願いのお友だちや、「ないしょ」と大切に胸にしまっているお友だちも見られました。 豆まきも頑張り、節分の献立もおいしくいただき、いよいよ今週末は「作品展」です。 みんなの頑張った作品を保護者の方や他学年のお友だちに見てもらうのが楽しみですね。 風邪をひかないように、手洗いうがいをしっかり行って「作品展」を迎えましょう。 (りす組担任 丹野)  

おたより 2月号

本日の献立〈節分献立〉

昨日「豆まき」が開催されたので、2月3日の節分の日より一足お先に節分献立を作りました。 子ども園のお友達全員分の恵方巻を給食室で1本1本丁寧に巻いていきます。たくさん巻いて食缶箱は華やかな見た目になりました。給食の時間では、大きなお口でかぶりついている姿が印象的でした。とても大きな太巻きに頑張って挑戦する姿をみて、みんなの願い事が叶いますようにと思いました。 子ども園のみんなにとって素敵な一年でありますように。 〈給食〉 恵方巻 いわしのかば焼き風 お浸し お吸い物 みかん 福豆   〈捕食〉 シュガーパン 牛乳

おなかの中の鬼を追い出すぞ!

    昨日の雪の降るような寒さから一転、春の訪れを感じるようなあたたかさに 冬と春が変わるという節分にぴったりの気候となりました。   最高学年、年長組ともなると物の通りもわかっていて新年が明けたころから 節分の心配をし始め、1月も終わりに近づくと「鬼来るかな?」としきりに聞くようになりました。   やはりいくつになっても怖いものは怖いですね。 そんな子どもたちに〝豆まきとは何か〟〝節分とは何か〟絵本を交えながら丁寧にお話をしました。   節分とは決して〝鬼がくる〟行事でなくて、自分のおなかの中にいる鬼を追い出す行事であり 怖いからと逃げてしまうと、他の子のおなかからでた鬼が自分のおなかの中に入ってしまうかもしれない、 どんなに怖くても1年に1回、勇気をだして自分の中の鬼を追い出すことは大切だねとお話をしました。   しかし、丸腰では怖くて勇気がでないのでお面とマス作りを行いました。 お面では「自分のおなかの中にいる鬼ってなんだろう?」「いったいどんな色なんだろう?」と 1人1人が考えて色を塗り、自分でツノを切って作りました。 1本ツノの鬼、2本ツノ、3本ツノ。大きさも大小さまざまです。 はじめは絵本「おなかのなかにおにがいる」に向かって怖いけど 元気よく「鬼はーそと!福はーうち!」と豆まきを始めた年長組さん。本物の鬼が現れると大パニックです!        保育者の後ろに隠れる子、逃げ出す子、戦う子…最初はその様子は様々でしたが、どの子にも 「がんばれ!自分のなかのおに追い出すんだよ!」と声を掛け続けました。すると勇気を振り絞り、泣きながらも懸命に豆を投げ、声を張り上げ、年長組全員が本物の鬼・そして自分の中にいる鬼と戦うことができました。   1年前は逃げることしかできなかったみんなが、怖くても、先生の手をつないだままでも 1人1人が自分なりに懸命に鬼に立ち向かう姿はお兄さん、お姉さんでしたよ。   終わったあと、子どもたちには「泣いていいよ、よく頑張ったね」と伝え、1人1人とハグをしたくさん、たくさんほめました。年長組はあと1か月と少しで小学生、まだまだ小さいけれど大人になります。こんな風に泣きじゃくり甘えられる経験は、きっと減ってしまいますからね。   そして最後には園長先生が豆まきをした理由について丁寧にかみ砕いてお話をしてくださいました。        1つ目は、節分は冬と春の節が変わる日で節分が終わると春がくるというお話   2つ目は、おなかの中の鬼を追い出すために豆まきをするというお話   そして3つ目は、世の中にはどうにもできないこと・自分の思い通りにいかないことがあるというお話   地震やこないだの大雨。 いつもはお父様、お母様、そして先生 周りの大人たちに守られているからこそ地震や大雨の時も今回のような怖い思いはしなかったけれど、それは周りの大人が守ってくれているからです。でも、そんな大人が「晴れになれ」と言っても天気は思い通りに、晴れてはくれません。大人がどう頑張ってもどうしようもないこと、自分の思い通りにいかないことはたくさんあります。   だからこそ、自然には畏敬の念をもち、普段から周りの大人のお話をきくことが大切だと子どもたちにわかりやすく伝えてくださいました。大人の話をよく聞くことが怪我を防ぎ、そして自分の命を守ることにつながるのだと。   そして最後には「ぼくが、わたしがいく」と立候補してくれた5人が園長先生と職員室に行き、鬼を無事退治してくれました。勇敢な5人の年長さんありがとうございました。   もちろんぱんだ・こあらぐみさん、年中さん、どの学年もみんな頑張りました。よい春が迎えられそうですね。(ゆり組担任 三井)    

本日の献立

〈午前 おやつ〉 プリン   〈給食〉 ごはん 大豆ふりかけ 豆腐のステーキきのこソースかけ ほうれん草とエビのサラダ 卵のみそ汁 きな粉もち   〈捕食〉 マーマレードケーキ 牛乳

雪は降らなかったけれど

昨日「あしたは、ゆきかなぁ?」とワクワクしていたぱんだ組さん。 残念ながら、今日は朝から雨。お外に出ることもできず、しょんぼりしょんぼりしょんぼりです。 でも、すぐに気分を切り替えられるのもぱんだ組のすごいところ。井形ブロックや電車のおもちゃなど、室内遊びを楽しんでいました。 また、外遊びができなかった分、集中して制作に取り組むことが出来ました。 今日は大物に挑戦です!模造紙などで作った大きな木に、何人かのグループに分かれて茶色の絵の具を塗っていきます。 大きな木を目の当たりにした子どもたちは「ぼく、いろぬりたい!」「やりたい!」と大興奮。 筆を使って絵の具を塗るのも、こんなに大きなものに色を塗るのも初めてのこと。いつもはおしゃべりな子どもたちが、黙々と色を塗る姿に、集中力の高さ、真剣さを感じました。 のびのびと、自分の好きなように思いっ切り筆を走らせる楽しさを感じてくれたのか、みんなの表情も輝いて見えます。気が付くと、足の裏やお顔、スモックにも絵の具が!それだけ、夢中だった証拠ですね。 コーナー制作では、カキの実をイメージしながら作れるよう、今日は一人ずつ行いました。紙を丸めて色ビニールで包み、画用紙で作った葉っぱを付けたら出来上がり。自分で作り上げて喜びを感じられるよう、保育者は一つ一つの工程に丁寧に関わっています。おいしそうなカキができたね。 木やカキの実は、作品展の会場に展示予定です。果たしてどんな作品にしあがっているのか…ぜひ会場でご覧ください。 明日もみんなの笑顔に会えるのを楽しみにしていますよ。 (ぱんだ組 武藤)

本日の献立

〈給食〉 ぶどうパン、もちグラタン、ブロッコリーサラダ ミネストローネ、ピーチゼリー   〈捕食〉 わかめおにぎり、牛乳  

寒くても元気いっぱい!

寒い日が続いていますが、ぱんだ組のお友だちは元気いっぱい過ごしています。 今日は園庭へ出てかけっこや砂遊びをしました。 お友だちと「よーいどん!」と言って競争をしたり、「待て待てー!」「〇〇ちゃん捕まえた!」と追いかけっこをしたりと、体を存分に動かして楽しみました。     かけっこで園庭の端へ行った子が、緑色の葉っぱが所々白くなっているのを見つけました。 一人の子が「なんで白くなってるんだろう?」と言うと、「凍ってるんじゃない?」「虫がついているんじゃない?」と数人で集まって、話し合っていました。 ぱんだ組の子どもたちは、日頃から「なんで?」「どうして?」と先生に問いかけますが、いつの間にか先生に聞かずとも、お友だちと意見を出し合う姿が見られるようになり、成長を感じました。     砂場では、おもちゃをしまう箱に付いている札が剥がれかけていて、「先生壊れてるよー!」と教えてくれた子がいました。「後で直しておくね」と先生が言うと、「えー。治してあげないと、カゴが泣いちゃうよ」と心配そうに話しており、感受性の豊かさを感じました。     今日は夕方から雪が降るそうなので、お家で暖かくして過ごして、明日も元気に子ども園に来てくださいね。   (ぱんだ組 大山)

本日の献立

〈給食〉 発芽玄米入りごはん さつま揚げ 納豆和え 和風カレースープ ブドウゼリー   〈捕食〉 ふかし芋 牛乳

今日も作ろう!

本日はたくさん外遊びに出ることができました。             長時間では、好きな遊びを楽しみながら、作品展へ向けて制作に取り組んでおります。 どのように作るか、何を使うのかなど話し合いをして取り組み、 制作に取りかかると夢中になって行う姿が見られております。 おままごとや折り紙など、好きな遊びを楽しみながら、 友だちが制作に取り組む姿を見て、「ぼくもやりたい!」「わたしもやってもいい?」と 積極的に行っております。 制作に取り組む中で、「ここを繋げたらどう?」や「ひもを使ったらいいと思う。」と 話があがり、何のひもを使うのかなど素材についても話し合いながら進めております。 どのような作品ができあがるのか、楽しみにしていてくださいね。       遊びの中では、節分が近いということもあり、 折り紙で鬼のお面を作り、「鬼は外!福は内!」と 楽しむ姿が見られました。 たくさん福が入るよう頑張りましょうね。   明日、明後日とお休みになるので、週末も体調を崩さないよう、 怪我に気をつけて楽しく過ごしてくださいね。   (長時間保育担任 成瀬)                

今週のアフター

体操   チア   英会話

本日の献立

〈給食〉 たらこクリームスパゲティ かぼちゃのサラダ フルーツポンチ 牛乳   〈捕食〉 五平餅 野菜ジュース

園長だより・winter 1 

コマ回し名人!?

    本日はあいにくのお天気となり、寒さも厳しい1日となりました。 風邪でお休みをしている子どもたちも数名見受けられますので、 今後も子どもたちの体調面を気にかけながら保育して参りたいと思います。   さて、本日、ことり組では朝からコマ回し大会が開催されました! 昨日、コマの色塗り製作を行い、遊べるのを楽しみにしていた子どもたちはやる気満々!! 朝からコマをひたすら回し、お給食の後にまでコマを回して遊んでいました♪        最初はうまくコマを回せなかった子どもたちも、繰り返しコマ回しをして遊んでいると、、、 「やったー!回ったーー!!」と喜んでいる子どもたちの声をたくさん聴くことができました。 さらに、コマを回せた後は、「キノコ回しができた!!」と、逆さまにしてコマを回す子どもたちもおり、 ことり組にはコマ回しの名人がたくさん!!! 明日もたくさんコマで遊びたいですね♪♪     また、作品展や季節の行事に向けての製作も毎日少しずつ進めており、 子どもたちは熱心に色を塗ったり、絵を描いたりして楽しみながら製作を進めております。           楽しんで行う子どもたちの姿に作品展、豆まきがますます楽しみになりました。 明日も楽しい製作をたくさんしますよ。 寒さが続きますが、明日も元気いっぱい遊びましょう。   (ことり組 青木)  

本日の献立

〈給食〉 菜飯ごはん わかさぎのから揚げ おかかポテト せんべい汁 いちご   〈捕食〉 ピザトースト 牛乳

どんな鬼がいるかな?

本日は、寒さがまた一段と厳しい一日となりましたね。   子どもたちは寒さにも負けず、今日も元気いっぱいお外で遊びました。       1月も下旬となり、早いことにもうすぐ2月。『節分の日』も近づいてまいりました。 そこで豆まきに向けて、本日はみんなで一緒に鬼のお面の制作を行いました。   まずは子どもたちと、今年は『自分の中にいるどのような鬼』を出すのか話し合いました。 「鬼いるかな~?」と悩むお友だちもいれば、「せんせい、ひとつだけ?いっぱいあるんだけど!」などと決めきれないお友だちもいました。 「ぼくは、お母さんのお話聞かない鬼を出す!」「私はお友だちに強く言っちゃう鬼を出す!」「ぼくのなかには、鬼はいないよ!」などと、一人ひとりが自分自身と向き合いいろいろと考えて、子ども園で豆まきをする日をワクワクドキドキ楽しみにしています。       鬼のお面が完成すると、お友だちに「みてみて!鬼だぞー!」と言ってお互いに見せ合ったり、どのような顔になっているのかお面付けた自分の姿を、鏡の前に行って見るなどとかわいい姿が見られました。   3学期になると、細かいところもはさみで切ることが出来ていたり、適切なのりの量も考えることが出来る姿が見られるようになりました。 その他にも、「はさみはここにあるよ!」「両面テープはこう貼るんだよ!」などと、周りのお友だちのことも意識するようになり、そこから子ども同士で「助け合う」ことが出来るようになりました。     日頃の制作活動や、子どもたち一人ひとりの発達と共に、今では、最後の大きな行事である作品展に向けての作品作りもたくさん行っていることから、自分なりにイメージしたものを細かいところまで表現できるようになってきているのでしょうね。 4月のころを振り返ると、この一年での様々な活動を通しての成長や、友だちとのやり取りを通しての成長など、担任として3学期が一番強く実感する学期であり、たくさんの成長をとても嬉しく思います。     来週はいよいよ豆まきですね。 みんなで作ったお面をつけて、次の年長組に向け、自分の中にいるわるい『鬼』と向き合って、豆まきをしましょうね。 そしてたくさんの『福』を入れましょうね♪ 寒い日が続きますが、風邪をひかないよう毎日元気に過ごしましょう。     (うさぎ組 福田)    

本日の献立

〈午前 おやつ〉 ベイクドポテト   〈給食〉 ごはん おさかなハンバーグ 押し麦のサラダ かぶのみそ汁 アセロラゼリー   〈捕食〉 シリアルバー 牛乳

みんなで、お誕生日会に参加しました。

       今日は1月のお誕生会があり、こあら組のお友だちもぱんだ組のお友だちもみんな一緒に参加しています。 間食のおやつを食べて、よし、見にいくぞ!!と楽しみにしながら、ホールへ行くと、こあら組さんとぱんだ組さんが一番乗りでした。誕生月のお友だちが前に出てインタビューの練習をした後、他のクラスのお友だちもどんどんホールに入ってきて、ぱんだ組のお友だちも誰が入ってきたのかなと周りを見回していました。 お誕生日の子の名前が呼ばれ、インタビューを聞いて、拍手でお祝いをすることが出来ました。 旬のお魚では、ブリの大きさに感嘆の声をあげてびっくりしていましたよ。 職員の出し物はサウンドオブミュージカルを題材に行うと、子どもたちも集中してみてくれました。ドレミの歌では自然と子どもたちも合唱しだし、改めて歌を唄うことの心地よさを感じられたような気がします。 お家で思いだしながらどんな話をしてくれるか楽しみです。聞いてみてくださいね。 明日も元気に登園するのを待っています。 (松田)

本日の献立〈1月のさかな〉

今日の誕生会で1月のさかなを紹介ました。1月のさかなは「ぶり」です。 ぶりの大きさは約1メートル!重さは約7キロ!とっても大きく、おなかがパンパンでした。 みんなの前に登場したときは「うわあ!大きい!」「マグロ?」とワクワクした声がたくさん聞こえてきました。 ぶりは出世魚と呼ばれる縁起の良いさかなです。旬を迎えた脂がたっぷりのったぶりと大根をじっくりと煮込み『ぶり大根』にしました。みんなたくさん食べてくれて嬉しい気持ちになりました。   〈給食〉 ごはん ぶり大根 かぶの梅ドレサラダ かき玉汁 りんごゼリー   〈捕食〉 焼きそば 牛乳

お迎えを待ってるよ

一月もあっという間に半ばとなりました。 本日も寒い日一日となりましたが、子どもたちは元気いっぱいに遊んでいました。 長時間では、子どもたちが和室で保護者の皆様のお迎えを待ちます。 和室には大きな絵本棚があり絵本を読んで待つ子や、 折り紙で制作をして楽しむ姿、レゴブロックで遊ぶ子、線路の玩具で遊ぶ子等、 子どもたちが好きな遊びをそれぞれ選択して、自由に過ごして遊んでいます。 和室で過ごす時間も、子どもたちにとっては楽しい時間となっています。 明日も元気に子ども園に来てくださいね。 (長時間保育担任 月岡)   本日から新渡戸文化子ども園に新しい仲間が増えました! 生後3ヶ月のうさぎの赤ちゃん(女の子)です。 子どもたちにはサプライズでお披露目をしたので大きな歓声があがりました。 名前はこれから全学年のお友だちと一緒に考えます。どんなお名前になるでしょうか…。 これからよろしくね♪

本日の献立

〈給食〉 麦ごはん 中華風たまご焼き バンサンスー わかめスープ レモンゼリー   〈捕食〉 みたらし団子 牛乳

今週のアフタープログラム

アート     サッカー   ダンス   クッキング   英会話   バレエ

チューリップの球根を植えました♪

  厳しい寒さの中にもすがすがしさを感じる今日この頃です。 三学期が始まり、2週間が経とうとしていますが、少しずつ進級に向けての取り組みが増えております。 年少組は、一人担任になり保育者のお手伝いをするお友だちが増えました。 「シール帳のゴミを捨てに行きたい!」「椅子を並べたい!」と 率先して保育者の手伝いをしてくれます。とても助かっています。 また、給食時は自分たちで給食を運ぶことにも挑戦しております。 子どもたちの様子を見ていると、お兄さんやお姉さんに憧れ、 何でも一人でやってみたいという気持ちが強く感じられます。 また、他の先生に「先生のお手伝いしたよ!」と自信気に言う姿も見られるようになりました。   本日は、良い天気にも恵まれ年少組は園庭にでてチューリップの球根を植えました。 球根が土から見えないように、優しく土をかぶせてあげてねとお約束をして始めました。 「どんな色の花が咲くかな?」と保育者が問うと、 「ピンク色のお花!」「黄色のお花!」「お青色のお花!」とにぎやかな声があがりました。 植えているときには、「お花咲くかな~?」と、不思議に思いながら一生懸命作業する姿も見られました。 毎日水をあげて、綺麗なお花が咲くことを楽しみにしていましょうね。     明日から2日間のお休みです。 手洗い・うがいをしっかりして、風邪をひかないように過ごしてくださいね。 月曜日、元気な子どもたちに会えることを楽しみにしております。   (こぐま組 野沢)    

本日の献立〈まごわやさしい給食〉

2020年が始まり最初のまごわやさしい給食でした。 今日のさかなは12月で紹介した「たら」です。にんじんとマヨネーズを混ぜ合わせたソースを乗せて焼きます。きれいなオレンジ色でしたね。ぱんだ組のお友達も興味津々でたくさん食べてくれました。 今年度のまごわやさしい給食はあと2回です。しっかり食べて苦手な食材を克服できるといいですね。   〈給食〉 塩昆布ごはん 鱈の人参ソース焼き 肉じゃが 里芋スープ 黒ゴマのブラマンジェ   〈捕食〉 ポンデケージョ 牛乳

ワクワクな一日♪

本日、年長組はお料理実習がありました。今日のメニューは「恵方巻」と「鬼蒸し」。少し早い節分メニューでしたが、子どもたちはとても心待ちにしていました。まずはしっかりと給食室の先生のデモンストレーションを聞き、作業に入りました。のりとご飯の上に、桜でんぶ、きゅうり、かんぴょう、たまごと色鮮やかな具材をのせ、巻きすをつかって巻いていきます。力加減が難しく、やり直しをしたり試行錯誤する子どもたちの姿が見られましたが、周りの先生や友だちに手伝ってもらいながら完成しました。鬼蒸しはグループの友だちと協力をして材料を混ぜ、各自適量に分けたものをお給食室で蒸していただきました。 作業中も、友だちのボールを押さえたり、困っている友だちを助けたりと、自然と手を差し伸べる姿に、これまでは自分の作業で精一杯だった子どもたちの成長を感じました。 子ども園でのお料理実習も残りわずか。料理の腕がメキメキ上がっている子どもたちなので、とても楽しみですね。   また、本日は楽しいイベントがもう一つ。新渡戸文化小学校にお邪魔し、図画工作の授業を教えていただきました。“わら”をつかった「みの虫」の工作を体験しました。モニターで実際のみの虫の映像を見て、驚く子どもたち。「初めて見た!」と声をあげる子どもたちがほとんどでした。ペン、ハサミ、ボンドなど、様々な材料や道具を使って作業を進めていきました。「ぶらさがるみの虫になるためにはどうしたらよいだろう?」「わらはどのように貼りつけたらよいだろう?」と迷う場面もありましたが、図工の木下先生のお声がけもあって「まずはやってみよう!」と笑顔あふれる時間となりました。わらを向きを揃えて並べる子、両手いっぱいのわらを貼り付ける子など、個性豊かなみの虫が完成しました。小学校への進学により一層期待を持つことができました。ありがとうございました。 子ども園に戻ってきた子どもたちはお腹がペコペコ。給食では自分が作った恵方巻を、今年の恵方である「西南西」を向き、心の中で願いことを唱えながら食べました。「全部食べきるまではお話をしない!」とはりきっていた子どもたちでしたが、みんなとの食事が楽しく、すぐに賑やかな雰囲気になりました。子どもたちのかわいらしい一面を見ることができました。 今日は盛りだくさんの一日でしたが、“遊ぶ時”と“集中をする時”のけじめを子どもたち自らつけられるようになってきました。進学までもう少し。色々な体験を通して、さらに自信をつけてほしいと思います。 (ばら組 西村)

本日の献立

本日は年長組 第五回目のお料理教室でした。 今回は『恵方巻き・鬼蒸し』です。恵方巻は一人一本を作るので、先生に確認しながら自分の力で一生懸命に作っていました。 今日使った巻きすはお持ち帰りになるので、ぜひお家でも一緒に作ってみて下さい! 鬼蒸しはお持ち帰りするので、「お母さんに食べてもらう!」など、お家の人にも美味しく食べてもらえるように心を込めて作っているのが伝わってきました。 みんな五回目で慣れてきて作業もだんだん上手になってきているのを実感して嬉しく思いました。 次回は最後のお料理教室です!みんなで協力して作りましょう。   〈年長組 給食〉 恵方巻、いかのカリント揚げ、お浸し わかめのみそ汁、きんかん   〈給食〉 ゆかりごはん、いかのカリント揚げ、お浸し わかめのみそ汁、きんかん   〈捕食〉 チョコチップパン、牛乳    

雨降りだったのでお部屋で楽しみました!!

今日の午前中は雨だったので、お部屋で遊びました。 それぞれ好きな遊びを、お友達と一緒にいくつかのグループで楽しんでいました。 線路を自分たちで作って電車を走らせたり、マグブロックでおにぎりを作っておにぎり屋さん リボンを作ってお友達や先生にどうぞと配ったり、絵本を読んだり、ダンスをしたり、、 思い思いに楽しんでいました。 作品展の作品も順番に作っています。 今日からコアラ組のお友達が増え、大喜びのぱんだ、こあら組のみんなです!!     真剣に作品展の作品をつくりました。 完成すると、大満足でニコニコ笑顔!!とても可愛かったです。 楽しみにしていてくださいね!!     即興のダンスを披露してくれました!!     かっこいいポーズ!!きまってますね!!     みんな仲良し☆       電車遊びはいつも男の子に大人気!! 線路も全部自分達で工夫して作ります。   こあら組さん。新しいお友達が増えてとても嬉しいです☆ (ぱんだ組担任 日沖)

本日の園庭開放について

本日の園庭開放は、天候不良により中止とさせていただきます。
次回のご来園をお待ちしております。

まるで大工さんみたいだね!

作品展に向けて、製作活動を楽しんでいますね。 年少・年中さんが午睡をしている間、年長組さんで大きなアートプロジェクトが行われています。 段ボールをレンガのようにたくさん積み重ねて、まるで大工さんのように集中して作っています。 ガムテープの使い方もどんどん上手くなり、「きれいに貼ること」「丈夫に作ること」を意識して使っています。 学園から自分たちで運んできた段ボールの量もどんどん増え、積み重ねた高さも自分の背より大きくなってきました。 段ボールの山を見て、「何作っているの!?」と年下のお友だちも興味津々です。 一体何ができるのでしょうか…お楽しみにしていてください!       (長時間保育担任 石澤)

本日の献立

〈給食〉 野菜たっぷりみそラーメン 野菜の中華漬け やわらか杏仁豆腐 牛乳   〈捕食〉 鮭おにぎり 野菜ジュース

今週のアフタープログラム

バレエ アート 英会話 体操 サッカー   (アフタープログラム担当:青木・池上・武藤)  

作品展に向けて

今週から長時間では、作品展に向けて、各グループで話をしています。 短時間と同様にプロジェクト保育で行っております。 そらグループでは、毎週水曜日の給食後に話をするということを決め、それ以外の日は、作品を少しずつ作っています。短時間とは違い、共同製作が多いですが、それぞれにこうしたら良いのではないか、プログラム講師の先生に聞いてみようなど色々な意見がでてきています。 グループにちなんだものを作りたいという担任の思いを伝えると、「そらグループだから、空を作ろう。空には雲があるから雲を作ろう」という話になりました。 最初はみんなで1つの雲を作るということになりました。しかし、雲は1つじゃない、色んな形があるという意見もでてきました。毎日、天気の良い日は外に出て、雲の形をみていただけあるなと感じました。 それぞれで雲を作るということになり、画用紙に思い思いの形を描き、はさみで切りました。 例えば、雷雲、リボン雲など思い思いの雲を描くことができました。    その後、雲はふわふわしているから綿をつけたい、花紙を使いたいという意見もたくさんありました。今後は、それぞれの雲に花紙か綿を選んでつけていきたいと思います。   子どもたちはやってみたい、こうしてみたいという興味をたくさん持っています。なるべく実現できるように担任同士で話し合いしながら楽しく作品展に向けて、保育を行っていきたいと思います。   また、話は変わりますが、最近子どもたちは、しりとりに興味を持っています。 そこでただ言葉でいうだけではなく、絵を描いてしりとりをするしりとりがあることを伝えると・・・ これがなかなか難しい!!    言葉で伝えるのは簡単ですが、絵に描くということは難しいようです。しかし、一生懸命に考え、描きあがった絵を当てたり、どうしてもわからないときは「ヒントをちょうだい」というなど、表現遊びを楽しんでいます。次に何がでるのか楽しみにしています。どこまで長くなるのかとても楽しみです。(長時間保育担任 髙橋)

本日の献立

〈給食〉 冬野菜カレー ポテトと豆のサラダ ヨーグルト ジョア   〈捕食〉 磯辺もち 牛乳

考えて挑戦してみたよ

暖かい日差しが降り注ぎ、過ごしやすかった今日この頃。 3学期に入り、一回目のデイリープログラムがありました。 年中組ではリトミックとサッカーを行いました。 良いお天気でとても気持ちがよく、体を動かすことが大好きな子どもたちは、笑顔いっぱいでとても楽しそうでした。 活動の中でも、新しい技や遊びが入り、子どもたちは夢中で講師の先生の話を聞いていました。 「どうやったらうまくできるだろう」「こんな風にやったら楽しいな」と子どもたち一人ひとりが、考えて挑戦する姿が見られました。 先生に言われたまま取り組むのではなく、大好きなお友達と声を掛け合いながら、一緒にうまくできる方法を考え、 「一緒にやったら楽しいね」と活動に進んで取り組んでいました。 考え、挑戦する中で、思う通りにいかず、「どうしたらいいんだろう」と迷う時もあるけれど、 失敗したり、うまくいかない経験で終わらせるのではなく、子どもたちがあきらめずに次につなげたいと思えるような声がけを行っています。 そのため、失敗した時からうまくいった時の喜びはとても大きく、そして子どもたちの自信へとつながっているように感じます。 あと3か月で年長組へと進級する子どもたちですが、年中組で過ごす残り3か月の毎日の中で、考え挑戦する経験を大切にし、自分の好きなこと・得意なことを見つけられるように、そして大きく成長していけますよう援助しながら、新級に向けて頑張ってまいりたいと思っております。   (りす組担任 丹野)

本日の献立

新年あけましておめでとうございます。 今年も子どもたちに安全かつ美味しい給食を届けられるよう衛生管理に努めながら調理してまいります。 よろしくお願いいたします。 今年最初の子ども園みんなで食べる給食はお正月献立です。お正月におせち料理を食べたお友達、初めておせち料理を食べたお友達など様々でした。冬休みを終えて顔つきがお兄さんお姉さんになったと感じました。3学期もたくさん食べて元気よく過ごしましょうね。   〈給食〉 新春おこわ 松風焼き なます 田作り すまし汁 紅白ゼリー   〈捕食〉 せんべい みかん 牛乳

始業式 今日からいよいよ3学期です。

  暖冬とはいえ、やはり厳しい冬の寒さが身にしみる頃、今日からいよいよ3学期のはじまりです。   4月は年長とはいえど、久しぶりの登園に不安げな表情をみせていた子どもたちでしたが、3学期ともなると 笑顔いっぱいでお部屋に走ってくる姿、夢中でお話をする姿、「せんせい!あけましておめでとうごさいます!」と新年の挨拶をし丁寧におじぎをする姿がみられ、その成長の大きさを感じるとともに卒園までの日数を数え、胸に寂しさが募りました。   そんなゆり組さんは今日も元気いっぱい!お部屋やお外でたくさん遊びました。 子どもは風の子とはよく行ったもので、「上着着なくて寒くない?」と問いかけると「動くとすぐあたたかくなるから大丈夫!」と元気いっぱいに冬空の下を友だちと楽しそうに駆け回っていました。   楽しかった外遊びのあとは、朝の会で楽しくお歌を歌っておいしいリンゴジュースで少し休憩。 休憩が終わったら、始業式です。「式ですから、身なりをきちんと整えましょうね」と一言声を掛けると、自分たちで確認をし「あ、襟が変だよ。直してあげる」と以前は保育者が手助けをしていた部分を、自然と自分たちで助け合い、補い合いながらする姿がみられ、その成長がとても嬉しく、微笑ましく見守りました。   3学期の始業式からは、最年少ぱんだ組さんも参加です。 ちょぴり緊張した表情もみられながらも、誰も泣かずきちんと参加できていて立派でしたね。   最後に園長先生にぎゅーとハグをしていただいたら、もう帰りの会です。 帰りの会には「もう終わりかぁー」と残念そうにつぶやく姿がみられ、 久しぶりのゆり組での時間を楽しんでくれた姿を嬉しくおもいました。   園長先生との3学期のお約束 〝困っている人がいたら、だいじょうぶ?言って助けてあげましょう〟 がみんな自然とできる優しいお兄さん・お姉さんになりましょうね。   明日も待っていますよ。(ゆり組 三井)      

おたより 1月号

本日の献立

〈給食〉 甘納豆パン、二色すいとん、竹輪と野菜のお浸し、カルピスかん   〈捕食〉 焼きおにぎり、牛乳  

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら