先生の日記

3月誕生会

昼間は暖かな日差しがあり、子どもたちも元気に外でサッカーをしたり、鬼ごっこをしたりと元気に過ごしていました。 今日は今年度最後の3月生まれのお友だちの誕生会でした。 4月から「僕たちはいつ、プレゼントをもらえるの?」と今か今かと楽しみしていた3月生まれのお友だち。 自分の名前が呼ばれると嬉しそうに返事をして、冠をかぶせてもらい、前へ。     少し緊張している様子が見られましたが、マイクを持って、しっかりと話しをすることができました。        今年度最後のお楽しみは、先生たちによるフラダンスでした。 子ども園にはフラダンスのプロである方がいらっしゃいます。その方の指導のもと、教えていただきました。        子どもたちはいつもとは違った先生たちの姿やフラダンスをみて、一緒に踊っている子、集中してみている子など様々な子がいました。子どもたちも先生たちの素敵な笑顔を見て、子どもたちも笑顔でクラスに戻っていく様子を見て、私たちも嬉しく思いました。        今年度最後の誕生会でしたが、子どもたち全員、みんなの前で緊張しながらも話しをすることができ、みんなにお祝いをしていただきました。今度の誕生会はもう1つ大きくなります。次の誕生会では、どのようにお話しをしてくれるか楽しみです。     年長組は子ども園での最後の誕生会でしたが、年少組のときから見て、話し方や伝え方などが変わったなと感じました。子どもの頃の将来の夢で話していたことが現実になることを祈っています。(長時間保育担任 髙橋)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら