先生の日記

小学校探検 楽しかったね♪

  今週よりめっきり寒くなりましたね。 来週7日のクリスマス発表会には全員そろってでられるよう、風邪やはやり病に気を付け、手洗い・うがいはもちろん、換気や食べる前の消毒を毎日かかさず行っております。 明日はいよいよ予行練習です。大道具・小道具作りも積極的に手伝ってくれている年長組さん、朝来ると「先生、なにかお手伝いしたいです!」と毎日笑顔で教えてくれます。そんな毎日の中で、クリスマス発表会に対する期待感も高まっているようで「明日たのしみだなー♪」とうきうきしながら友達と笑いあう様子がみられ微笑ましかったです。明日楽しみましょうね。       年長組、実は先日就学を見据える活動の一環として小学校探検へ出掛けました。 1-1と1-2のお兄さんお姉さんに手をつないで頂いて、小学校の様々な教室や新渡戸文化学園の施設を案内していただきました。普段は新渡戸文化こども園の最高学年として歳下の子どもたちのお世話をしてくれている年長組さんですが、この日は両手をつないで頂きとても丁寧に案内してもらえてとても嬉しそうな表情がみられました。   案内が終わってからもお兄さん・お姉さんのランドセルを背負わせていただいたり 算数ランドや筆記用具、お勉強の道具を見せていただきやり方を教えていただいたり とても楽しく有意義な時間でしたね。一年生の皆さん、ありがとうございました。     とてもたのしく   最後に先日25日(月) 2学期スタートからゆり組にて大切に飼育しておりましたカブトムシの「かぶと」が亡くなりました。こんなに長く冬のはじめまで生き延びたのは子どもたちが毎日欠かさず丁寧にお世話をしたからですね。毎日話しかけ、大事に育てることができたのできっとかぶとも幸せだったことでしょう。 子どもたち・そして保育者である私もとてもよい成長の機会でした。譲っていただきましたSちゃん、Sちゃんの保護者様改めましてありがとうございました。(ゆり組 三井)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら