先生の日記

おたより 3月号

みんなで作り上げた卒園遠足!

今日は、卒園を間近に控えた年長組にとって特別な日。

10月から始まった卒園遠足プロジェクト。

先生が決めるのではなく、すべて子どもたち主体で進めて参りました。

最初に行った場所決めでは、子どもたちの素直な意見を聞くと「ハワイ」「アルゼンチン」などお家の方と旅行で行ったり、サッカーが強い国だったりと様々な思いが出てきました。しかし、実際に卒園遠足を行う時間や料金などを考えると難しいことが判明。「これじゃあ、向こうに着くだけで終わっちゃうよ!」「遊ぶ時間がない!」とたくさんの気づきがありました。そこで、実際に行くとしたらどこがいいか、お家の方にも相談しながら自分なりに調べてプレゼンをし、多数決で決定しました。

しかし、この時期の天候や気温、そして新型コロナウイルスの流行など、子どもたちだけでなく大人にも思いもよらぬ、どうしようもできないことが起こりました。先生から理由を丁寧にお話すると、真剣に聞き「じゃあ、こうしたらいいんじゃない?」「でもそれだと、これができないよ」ときちんと自分の意見を相手に伝わるように、理由を明確にしながら話し合いができるようになりました。

子どもたちの真剣な眼差しと思いが伝わってくるたびに、年長組みんなの心身の成長と頼もしさを大きく感じました。

子ども園で行うこととなり、子どもたちに何をしたいか聞いてみると「おばけやしき!」「レストラン!」という意見が多くでたので、今回は「お化け屋敷の中にいろいろなお店を開こう」ということになりました。

作るお店やグループも子どもたちから意見を聞き、先生がサポートしながら決めております、

そう決まると、何よりも初めに行ったのは衣装作り!すぐに自分のイメージを材料や道具を工夫して選び使い、ドラキュラやお姫様、花屋さんの子は花の模様が描かれた衣装など、それぞれの役になりきりとても楽しそうでした。

 

 

 

また、長時間の年少・年中のお友だちも呼ぶとなると100個以上の品物を作らないといけないと知り、品物作りにも一生懸命。

品物の並べ方や看板、レジなど自分なりに普段行くお店を思い出しながら、各グループのお店を作り上げることができました。

お店が出来上がった後は、楽しみにしていたお昼ご飯。今回は、事前に子どもたちが自分で選んだお弁当を園で用意し、とてもお天気が良かったので園庭で食べることにしました。みんなでこのようにして食べる機会は初めてなので、とても新鮮で思い出に残る昼食となったことでしょう。

 

 

「腹が減っては店ができぬ!」とお腹いっぱいに食べたあとは、いよいよお店屋さんごっこの開始です!

今日は、お化け屋敷をイメージするということで子どもたちの活動が盛り上がればと思い、先生が用意した光るブレスレットを付け、お店屋さんごっこを始めました。

始まるとすぐに「いらっしゃいませ!」と威勢のいい声が響きました。

品物が売れるように各自工夫を凝らし「先にお会計をしてきてください!」「ポイント押しますよ!」「おすすめはこれです!」などスムーズに進むように声をかける子がいれば、お客さんの近くに行って呼び込みをする子など、自分たちで周りを見て役割を決めていることにも感心しました。

最後のグループが来るときには、全ての商品が売れるようにと「タイムセール」と書いた紙を作ったり「4個で100円です!」とまとめ売りをしたりと張り切り、全てのお店が完売になりました。売上金をグループごとに確認、「1万400円も売れた!」と売れたことをとても喜んでいました。

そして、みんなで力を合わせてお店を作り上げたこと、ポイントカードのポイントをすべてためたことのご褒美として、お給食室からクッキーのお土産もいただき笑顔で終えることができました。

 

 

子どもたちと一緒に考え作り上げた卒園遠足。当初の予定とは変わりましたが、それでも子どもたちの合言葉は「ピンチはチャンスに変える!」。

何事も前向きに、どうしようもないことが起きても「どうやったらできるかな?」とみんなで楽しくできるように考える。

そして、もし上手くいかなくても振り返りをし「こうすればよかったんだ」と考え、次に繋げていく。

今回の卒園遠足を通して、子どもたちだけでなく大人も考えさせられることが多くありました。

それと同時に、何事も素直で明るい子どもたちに、堂々と姿を見せられる大人、保育者でなければいけないと感じる行事となりました。

子どもたちの本当に真っすぐで一生懸命な姿、そして心から楽しんでいる笑顔を見ることができ、保育者としてもとても嬉しく感じます。

ぜひ、子どもたちの素敵な思い出の1ページをお家でも聞いてみてくださいね。

(石澤)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の献立

〈給食〉

照り焼きチキンバーガー、ベイクドポテト、ミニトマト

ブロッコリーの塩ゆで、野菜ジュース、かぼちゃプリン

 

〈補食〉

焼おにぎり、牛乳

幸せな時間

本日の給食の献立は「園長先生のからあげと芋煮」の日でした。今日という日を、何日も前から心待ちにしていた子どもたち。給食の献立紹介の際にも「園長先生しかレシピをご存じでない、特別なからあげと、園長先生のふるさとの味の芋煮なんだよ」と伝えると目を輝かせ、いただきますのご挨拶と同時に、口いっぱいに頬張る姿が見られました。

そしておかわりもすぐに空っぽに!

給食後に園長先生とお会いした子どもたちは「おいしかったです!」と笑顔で駆け寄り、感謝の気持ちを伝えていました。

大好きなお友だちと、おいしいお給食を食べることができ、とても幸せな時間でした。ありがとうございました。

 

先日、雛人形製作を行い、玄関の華やかな雛人形の前で記念撮影もし、みんなの成長を願いました。

年間を通して数々の製作活動行ってきましたが、子どもたちの豊かな創造性を感じ、たくさんの“個”を自由に表現することができました。手順がわからず困っているお友だちには代わりに“やってあげる”のではく、「こうするんだよ。」と優しく声をかけたり、「私が完成した見本見せてあげるね。」と相手を思いやった寄り添いも学んだようでした。

また、“たのしいひなまつり”の歌詞に合わせて振り付けを考えて披露してくれた子もいました。

歌の中にも一つひとつ意味があって、それを感じ、そして伝える。「ああ、こんなこともできるようになったのだな…」と感心するばかりです。子どもたちの成長は大変喜ばしいことですが、年長組担任として子どもたちの巣立つ準備に対しての寂しさも感じます。

卒園まであともう少し。子どもたちが自信と期待を持って旅立てるよう、最後まで“共に”進んでいきたいと思います。

 

1月に子ども園にやってきましたうさぎの“ミミちゃん”ですが、子ども園のお友だちとも仲良くなり、元気に過ごしております。最近では体伸ばしてリラックスするかわいらしい姿も見せてくれるようになりました。もう少し暖かい気候になって、一緒にお外で“おさんぽ”できたらいいですね♪

(ばら組担任 西村)

本日の給食

〈給食〉

菜飯ごはん、園長先生のから揚げ

野菜の生姜醤油かけ、福島芋煮、りんご

 

〈補食〉

シリアルバー、牛乳

 

園庭開放中止のお知らせ

この度の新型コロナウイルスの流行、感染拡大防止にともない、皆様の安全を最優先とするため2月27日(木)の園庭開放は中止とさせていただきます。

皆様のご理解、ご協力のほどお願い申し上げます。

 

寒さに負けず外で遊んだよ!!

今朝は雨が降り、久しぶりに寒い一日でしたが日中は雨が止んだので

少しだけですが、外に出て遊びました。

「走りたいーー」と園庭に出る前からたくさんの声が聞こえました。

園庭につくと、最初はみんなで「よーいどん!!」のかけっこをした後は

自由に追いかけっこを楽しみました。

日増しに走るスピードが速くなってきているぱんだ組のみんな。

1年間の成長を感じます!!

砂場でもみんなで仲良くおうちごっこや、お店さんごっこを楽しんでいました!!

お雛様の前で、自分たちで作ったお内裏様とお雛様を持ってクラスごとに

写真も撮ってもらいました☆

 

 

滑り台の下がみんなのおうち。

みんなでごはんを作ります。

 

 

走るの大好き!!

 

 

外に行くお仕度も全部自分で出来ます!!!

 

 

お雛様の前でパシャリ☆

掛け声は「ひなまつりー!!」

 

 

たくさん走った後は、お給食。

今日の給食のお肉もお野菜もたくさんおかわりしました。

寒さに負けず、沢山体を動かし、ご飯を食べ、しっかりお昼寝して体を休め

強い体を作って残り少ないぱんだ組での毎日を楽しんでいきたいと思います。

(ぱんだ組担任 日沖)

 

 

本日の献立

〈午前 おやつ〉

ふかし芋

 

〈給食〉

ごはん 豚肉のカレー焼き 小松菜のおかか和え

さつま汁 ほうじ茶のブラマンジェ

 

〈補食〉

ピザトースト 牛乳

3月誕生会

昼間は暖かな日差しがあり、子どもたちも元気に外でサッカーをしたり、鬼ごっこをしたりと元気に過ごしていました。

今日は今年度最後の3月生まれのお友だちの誕生会でした。

4月から「僕たちはいつ、プレゼントをもらえるの?」と今か今かと楽しみしていた3月生まれのお友だち。

自分の名前が呼ばれると嬉しそうに返事をして、冠をかぶせてもらい、前へ。

 

 

少し緊張している様子が見られましたが、マイクを持って、しっかりと話しをすることができました。

 

  

 

今年度最後のお楽しみは、先生たちによるフラダンスでした。

子ども園にはフラダンスのプロである方がいらっしゃいます。その方の指導のもと、教えていただきました。

 

  

 

子どもたちはいつもとは違った先生たちの姿やフラダンスをみて、一緒に踊っている子、集中してみている子など様々な子がいました。子どもたちも先生たちの素敵な笑顔を見て、子どもたちも笑顔でクラスに戻っていく様子を見て、私たちも嬉しく思いました。

 

  

 

今年度最後の誕生会でしたが、子どもたち全員、みんなの前で緊張しながらも話しをすることができ、みんなにお祝いをしていただきました。今度の誕生会はもう1つ大きくなります。次の誕生会では、どのようにお話しをしてくれるか楽しみです。

 

 

年長組は子ども園での最後の誕生会でしたが、年少組のときから見て、話し方や伝え方などが変わったなと感じました。子どもの頃の将来の夢で話していたことが現実になることを祈っています。(長時間保育担任 髙橋)

本日の献立

〈給食〉

麦ごはん、鰆の味噌マヨ焼き、卯の花煮

青菜と豆腐のスープ、夏みかんゼリー

 

〈捕食〉

ソーセージマフィン、牛乳

 

今週のアフタースクール

<体操>

<英会話>

<チアリーディング>

<バレエ>

<アート>

<サッカー>

 

楽しかったデイリープログラム

寒さの中にも、少しずつ春の暖かい日差しが感じられるようになり、「今日も外に出て遊ぼう」と声をかけあう子どもたちの姿がありました。温かい日差しに誘われて、ぽかぽかだからお昼寝したいなとお話をするお友だちもいましたよ。

さて、今日は年中組で取り組む最後の英語のプログラムがありました。好きなキャラクターや今日楽しかったことなど講師の先生とお話が弾み、楽しみながら一緒にお給食を食べました。英語の先生が次のクラスへ移動する際には、離れるのが寂しかったようで、荷物を持つ手伝いをしながら見送る姿がありました。

その他にも、今週は体操・リトミックとプログラムが終了しました。

今、振り返ると、笑顔で取り組む一方、新級当初は新しい活動内容に対して、

「難しくてできない」とあきらめそうになっていたこともありました。

1年間の中で、講師の先生や友だちとの関わりの中で少しずつやってみようという気持ちが芽生え、

得意なお友だちと一緒に楽しんで取り組んでみたり、上手になりたいから、休みの日やお家に帰って練習をしたりするお友だちがいたりと、時間がたち子どもの成長とともに活動に対する気持ちに変化が見られました。

苦手なこともあるけれど、楽しみながら取り組んでみることや、一度は挑戦してみようと前向きな気持ちを持ってほしいという思いから、子どもたちに声をかけるように心がけておりました。

すると、「こうしてみよう」「次は頑張ろう」と前向きな言葉が聞こえるようになりました。

 

新級に向けて、年中組で頑張ったこと・できるようになったこと・楽しかったこと、

そして大変だったこと・苦手だったことも振り返りながら、それを経てこんなにお兄さん・お姉さんになったんだということを子どもたちが感じられるように、言葉をかけながら、自信につなげていきたいと思っております。

お休み明け、また元気なみんなに会えることを楽しみにしています。

 

(りす組担任 丹野)

 

 

 

本日の献立

〈給食〉

肉うどん、五目豆サラダ、白蒸しケーキ、牛乳

 

〈捕食〉

ねぎ味噌おにぎり、野菜ジュース

 

ちょっとドキドキの交流給食

寒い日が続くこの頃ですが、ぱんだ組の子どもたちはお友だちと元気いっぱい遊んでいます。

 

 

今日はぱんだ組のみんなが大好きなリトミックがありました。

花を集めて「3.2.1…」の掛け声で上へ投げるという遊びでは、以前は1人で投げて花が降ってくる様子を楽しんでいましたが、今はお友だちと向かい合って投げて、お友だちの上にお花を降らせて楽しんでいる姿が見られ、お友だちとの関わりが増えたことを感じました。

最後に講師の先生から、ぱんだ組としてのリトミックが今日で最後だと伝えられると、「えー」「寂しいよ!」と悲しそうにしていましたが、最後のリトミックを全力で楽しめたようで良かったです。

年少さんになってからのリトミックも楽しみですね。

 

 

リトミックやお外遊びのあとは、年少さんとの交流給食がありました。

2回目の交流給食でしたが、今日は前回と異なり、年少さんのお隣に座って一緒に給食を食べました。

最初は「年少さんと食べるの?」と楽しみにしつつ、いざ席へ着くと緊張している子が多かったぱんだ組さんでしたが、年少のお兄さんお姉さんが「これ食べれる?」「集まれしてあげようか?」と優しくお世話をしてくれたため、給食を食べ終わる頃にはみんな笑顔になっていました。

優しく気遣ってくれる年少さんの姿を見ることができ、来年から年少さんになるぱんだ組さんには良い経験になりましたね。

 

今週もあと1日ですが、明日も元気に子ども園へ来てくださいね。

 

(ぱんだ組 大山)

本日の献立

〈給食〉

ごはん、わかさぎの南蛮漬け、芋のきんぴら

みそ汁、ピーチゼリー

 

〈捕食〉

ポンデケージョ、牛乳

 

2月 お誕生日おめでとう♪

 

春の訪れを感じさせるような

あたたかい日差しの中、2月生まれのお誕生日会が行われました。

 

ちょっと緊張している子どもたちもいましたが、みんなが勇気をだして

お笑い芸人になる!サッカー選手になる!新幹線!シンカリオン!と素敵な夢を大勢のお友達・先生の前で発表することができましたね。それぞれの年齢にあった素敵な夢。夢を語る子どもたちの目はどの子もきらきらしていてとっても素敵でした。

 

ぱんだ組さんも「ぞうさん」「うさぎ」と好きな動物をお話することができてとってもかっこよかったですよ。

 

 

給食室の大久保先生から、季節のお魚のお話をいただいたあとはお楽しみ!

今日は先生たちから〝連弾〟のプレゼントでした。

  

普段はお部屋の朝の会で、1人の先生が弾いてくれているピアノですが

今日はなんと最大3人の先生がきれいなピアノの音色をきかせてくれました。

 

演目はみんなが大好きな〝パプリカ〟〝ちいさなせかい〟

 

「今日はみんなに素敵なピアノの音色をきいてほしいから、お心の中で歌ってほしいです」という先生のお話をよくきいて、歌うのではなくよく耳をすませてリズムをとる子どもたち。みんなで体を揺らし自然と手拍子が響き渡る素敵な時間でした。

 

2月うまれのお友達、そして子ども園の子どもたちみんなが夢を持ち続け

素敵な夢をかなえてほしいなと思った瞬間でした。(ゆり組 三井)

 

  

 

本日の献立

〈午前 おやつ〉

ジョア せんべい

 

〈給食〉

大豆じゃこごはん いかの香味焼き 野菜のゴマ醤油かけ

しょうがのあったかスープ 小豆ミルクゼリー

 

〈補食〉

フルーツポンチ 牛乳

バイキング給食

今日は、子どもたちが楽しみに待っていたバイキング給食の日。

朝から「今日のバイキング楽しみ」「今日は、たくさんおかわりするんだ」とお友だち同士で話をしたり、

先生にお話をたくさんしてくれました。

昨日からバイキングの話を子どもたちとしており、どんなお給食がでるのか楽しみにしていました。

いつもとは違い、他の学年のお友だちや先生、お客様も来ていただきました。

ホールには、ことり組・うさぎ組・ゆり組の子どもたちが集まり食べました。理事長先生も来てくださり

みんなと一緒にバイキング給食を食べました。

年長組の子どもたちがアテンドをし、お席のご案内やメニューのご紹介をしてくれていました。また、年少組の子どもたちとペアになり「どのれが食べたい?」と聞いてくれたり、おかわりに一緒について行ってくれました。

年長組さんはとても頼もしく、たくさんお手伝いをしてくれました。年長組になると自分たちでできることも増え、子どもたちの成長を感じました。

いらしてくださったお客様とも会話を楽しんでおりました。たくさんおかわりしている姿に「たくさん食べて偉い」「すごいね」とおっしゃってくださり子どもたちも嬉しそうな表情でした。

今日は、たくさん食べとっても大喜びの日でしたね。

明日からもおいしいお給食をたくさん食べて、元気に過ごしましようね。

(ことり組 小山)

本日の献立〈バイキング給食〉

本日はバイキング給食でした。

楽しみにしているお友達が昨日「明日はバイキング給食!楽しみにしているね!」とお話したのでより張り切って作りました。たくさんの種類の料理・デザートに目をキラキラさせている子が多くとてもうれしい気持ちになりました。

また、給食室もスタッフも子どもたちと一緒に食べましたが、みんなのことはより知れてとても楽しい時間でした。

たくさんおかわりしてくれる子もいて、素敵なバイキング給食でした。

ありがとうございました。

〈バイキング給食〉

三色おにぎり(わかめコーン・ゆかり・鮭) パン(パイン・ぶどう) から揚げ

ハンバーグ 魚フライ フライドポテト ナポリタン サラダ スープ

ゼリー(オレンジ・ブドウ) フルーツ盛り合わせ フルーツケーキ

 

〈補食〉

チョコチップパン 牛乳

本日の献立

〈給食〉

ごはん 鮭のごま焼き おかかポテト

具沢山スープ 夏みかん(子ども園の園庭で収穫されたものです)

 

〈補食〉

肉みそ麺 牛乳

遊びを教えてもらったよ

午前中には日差しも出て、暖かな一日となりました。

今日もたくさん外遊びを楽しんだ子どもたち。

友だちと協力をして大きな山を作ったり、「先生も〇〇ちゃんを手伝って!」と

バケツに砂を入れることを楽しんだりと、たくさん遊びました。

 

 

 

 

長時間でも友だちとの遊びを楽しんでおります。

先週は人形劇があり、年長組の友だちが人形劇を行い楽しんでおりました。

すると年少組の友だちも、おもちゃ棚を使い人形劇を楽しむ姿が。

大好きなお兄さん、お姉さんの遊びを自分もやってみたいと、

同じ遊びを楽しむ姿がよく見られております。

それを見た年中組の友だちも、「立たない、走らない。」など

お約束を一緒に言う姿が見られ、みんなに遊びが広がっておりました。

 

折り紙をする中でも、友だちが作っていたボールやメダルを見て、

作り方を教えてもらい同じものを作ったり、作ったものを使ってベルトにするなど、

お互いの遊びを見て、自分の遊びに取り入れる姿が多く見られております。

友だちに教え合うことで、異年齢での関わりも増え、仲が深まる様子も見られ、

子どもたちの関係がとても広がりました。

 

そして、今日はバレンタインデーということで、おやつはブラウニーでした。

甘いものが大好きなみんなは、とてもおいしそうに食べておりました。

おやつの時には、年長組の友だちがおやつをみんなに配ってくれています。

落としたり、こぼすことのないよう年少組、年中組の友だちが座ってから配るようにしており、

「座ってね。」と年長組の友だちが声をかけてから配るため、こぼすこともなくなりました。

おやつ後の遊びでは、折り紙で「お父さんとお母さんにチョコを作ったよ。」と

おいしそうなチョコを見せてくれる友だちもいました。

素敵ですね♪

 

 

 

明日、明後日とお休みになりますので、

体調を崩さず元気な姿で来週も会えることを、楽しみにしております。

 

(長時間保育担任 成瀬)

 

 

 

今週のアフタープログラム

<英会話>

 

 

<体操>

 

<チアリーディング>

<クッキング>

<ダンス>

<アート>

<バレエ>

<サッカー>

本日の献立

<給食>

ゆかりごはん 揚げ出し豆腐 お浸し

和風カレースープ ヨーグルト

 

<補食>

ブラウニー 牛乳

もうすぐ素敵な年中さん♪

 

お天気の良かった昨日よりもさらに気温が高くなり、春の訪れを感じるような一日となりました。

 

今日は木曜日♪

木曜日は、ことり組のみんなが大好きなリトミックの日です。

 

1学期から始まっていたリトミック。

始まった当初は、リトミックになかなか参加できず、座って見ているだけのお友だちがいたり、

走り出すと楽しくなってしまい、すぐにまとまることができずにいたお友だちがいたり、

みんなとは別の方向に走り出してしまうお友だちがいたり、、、

まだまだ年少さんになりたての自由で元気な子どもたちでいっぱいでした。

それが今では、走っている最中にピアノの音が変わると・・・・

   

先生に声を掛けられなくても音を聞いてすぐに青い線の上に並べるようになりました!!

さらに、子どもたちで声を掛け合って、

「こっちが空いてるから入れるよ!」「わたしのとなりいいよ!」

などと話し合いながらきれいに並び、青い線に入れないお友だちがいれば譲り合って入れてあげることのできる優しく、

切り替えもきちんとできるお兄さんとお姉さんになりました。

 

ドレミの音階だってもう完璧です!!

全員の子どもたちが音階を覚え、ドレミの階段も上手に飛べるようになりました♪♪

自分が跳んだ後はかっこよく座って待っています。

 

私たちが声を掛けなくとも自分たちで進んで取り組み、お友だちと協力できるようになり、子どもたちからの発信も増え、

子どもだけでなく私自身も毎日先生として成長させていただいています。

子どもたちの成長を感じる日々は、うれしくもあり、少し寂しさも感じながら年中さんに向けて残りのことり組での日々を噛みしめながら過ごしております。

みんながどんな年中さんに成長していくのかと思うと楽しみな気持ちでいっぱいになります。

年少組の最後まで子どもたちの成長を見守って参ります。

 

また、本日はリトミックの後に時間ができたので、

子どもたちが大好きなトランポリンを跳びに行きました!!

みんなの素敵な笑顔がたくさん見られて先生もとてもうれしかったです。

 

明日も楽しい製作を準備していますので、元気に子ども園に来てくださいね。

みんなに会えるのを楽しみにしていますよ♪

 

(ことり組 青木)

 

 

本日の献立

<給食>

ブドウパン コロッケ 押し麦のサラダ

ベーコンスープ アセロラゼリー

 

〈補食〉

おかかおにぎり 牛乳

出来るようになったことがまた1つ!

今日も暖かい日差しの元、お外で元気に遊びました。

 

年中組になってから早いもので、もうすぐ1年が経ちますね。

この1年間で、たくさんの行事を通して友だちとの関わりが増え、関係性が深まったことで、少しずつ自分の気持ちを相手に伝えることが出来るようになったり、『仲間』意識が持てるようになってきていることが、日々の生活の中から感じます。

 

 

本日はひな祭り制作を行いました。

作品展の時に、天井からつるした『雨のしずく』の制作の中で初めて行った、花紙のじゃばら折りをひな祭り制作の工程に入れてみました。

作品展でじゃばら折りをした時には、花紙も初めて使うということから、普通の折り紙とは違い、破れないように優しく丁寧に扱うことを経験し、そこから、薄い紙を何枚も重ねて『じゃばら折り』をすることに少し難しさを感じながらも、完成したことにとても喜んでいました。

 

一度経験したことで、今回のじゃばら折りは、「あ!作品展でやったからもうできるよ!」という声がたくさんあがりました。

作品展の時には担任と一緒にゆっくりと覚えながら作ったお友だちも、今回は一人で作ることが出来、「みてみて!できたよ!」と嬉しそうに見せてくれました。

 

最初は少し難しいなと思うことも、まずは『挑戦』してみて諦めずにやることで、そこから出来た時の『達成感』を味わい、最後には大きな『自信』となり喜びを感じる姿が見られます。行事はもちろんのこと、様々な制作や友だちとの遊びを通して、上手くいかないときもありながらもたくさんのことを経験して大きな成長につながっているのですね。

 

 

他にも、こちらから何も言わなくても、近くに出来なくて困っているお友だちがいるとすぐに助けてあげる姿が見られました。

今までは教えてあげると言っても、全部やってあげる姿がありましたが、作品展の制作活動の中で『教えてあげる』ということについて伝えたところ、やってあげるのではなく言葉や身振り手振りで教えることが出来るよ鵜になっているお友だちの姿もありました。

 

 

 

外遊びでも、「サッカーやるひとあつまって!」「おにぎめやるよー!」などと、子ども同士で声を掛け合って遊びを始める姿が見られるようになりました。

自分たちでやりたい遊びを決め、仲間を誘い、様々な遊びをみんなでやることの楽しさを感じる中で、さらに最近になって『ルール』を作ることを知りルールを決めて遊ぶことが出来るようになりました。年齢と共に発達に合わせて成長していく姿が見られ、担任としてもとてもうれしく思います。

 

今日は、『サッカー』『はないちもんめ』『鬼ごっこ』などたくさんの友だちと仲良く遊んでおりました♪

 

 

芝生の日陰のところに薄く氷が張っているのを発見!将来のスケート選手がいっぱいです♪

 

 

もうすぐ最高学年である年長組になる年中組のお友だち。

子どもたちも今の年長組さんの姿を見て、「こんなことできるお兄さんかっこいいな~」「あんな優しいお姉さんになりたいな!」などと、進級に期待を膨らませながら日々過ごしております。

残りわずかですが、最後まで年中組みんなで元気いっぱいに、友だちと過ごす毎日を思いきり楽しみながら過ごしていきたいと思います。

手洗いうがいをしっかりと行い、明日も元気いっぱい過ごしましょうね♪     (うさぎ組 福田)

 

本日の献立

〈午前 おやつ〉

マカロニきな粉

 

〈給食〉

ごはん 鶏肉のはちみつ醤油漬け いんげんともやしのゴマ和え

みそ汁 抹茶ミルクゼリー

 

〈補食〉

シュガーパン 牛乳

一緒に遊ぼう♪

今日は良いお天気でしたね。こあら組さんとぱんだ組さんは園庭に出て遊んでいます。砂場で、こあら組さんが線路とトンネルを作っていると、年長組のお兄さん、お姉さんたちが「線路、もっと格好よくしてあげようか?」と言って、一緒に遊んでくれました。深く格好よくなっていく線路に「ありがとう!」と言いながら、車や電車の玩具を動かして楽しんでいましたよ。ぱんだ組さんは滑り台の下のスペースでごっこ遊びが広がっていて、カレー屋さんやアイス屋さんになって「おいしいカレーが出来たわよ~」と保育者やお友だちに食べさせてくれます。こあら組さんはそれを見ながら真似しようとしたり、一緒に側にいることで楽しさを共有しているようでした。

異年齢の交流を楽しみ刺激をうけているこあら組さんとぱんだ組さんのお友だち。これからもいろいろな遊び方があることを発見したり、お兄さんお姉さんたちの優しさを感じながら、自分も周りのお友だちに自然と優しくしてあげたい気持ちが芽生えていくよう接していきたいと思います。

(ぱんだ組 松田)

本日の献立

〈給食〉

発芽玄米入りごはん ぶりの西京焼き ひじきと大豆の煮物

キノコ汁 キウイフルーツ

 

〈補食〉

ブルーベリーケーキ 牛乳

2月7日(金)NEW UP!!

このページでは、新たに 「お知らせ」 「行事予定」(ログイン必要) にアップされたお手紙状況をお知らせいたします。

 

2月7日(金) UP!

 

【年長組保護者様】卒園遠足について

【年長組】 保育修了証書授与式・確定小学校について

【年長組】 卒園を祝う会より 「卒園を祝う会 案内状」、「卒園を祝う会についてのお願い」

【年少~年長組 長時間タイプ】 個人面談

 

2月4日(火) UP!

新渡戸文化小学校 内部進学説明会のご案内

保護者向けお料理教室

 

◉1月30日(木)up!

【年少組~年長組】3月行事予定

【年少組~年長組】アフタープログラム アート・スタディDAYの発表時間変更

【年少組~年長組】2月の保護者会のお知らせ

【年中・年長】コスモスポーツ 春スキー合宿案内

 

◉1月29日(水)up!

【ぱんだ組~年長組】小児科オンライン通信vol.4

 

◉1月28日(火)up!

【ぱんだ組~年長組】お誕生会1月生まれ 写真販売のお知らせ

 

◉1月20日(月)up!

【年少組~年長組】作品展父の会ボランティア募集のお知らせ

【年少組~年長組】コスモスポーツ 2・3月遠足案内

 

◉1月15日(水)up!

【ぱんだ組~年長組】学園からのお知らせ

【ぱんだ組~年長組】作品展名札の申込書

【ぱんだ組~年長組】作品展のお知らせ

 

◉1月14日(火)up!

【年少組~年長組】アフタープログラム参観のお知らせ

【短時間タイプ】個人面談のお知らせ

 

◉1月8日(水)up!

【年長組】年長組保護者様へのお願い

 

 

◉1月7日(火)up!

【年少組~年長組】2月行事予定

【年長組】卒園証書作成にあたって

王様の耳は…?

一段と寒い日となりました。

子どもたちも今日は朝から「楽しみだなぁ!」とソワソワしている様子です。

その理由は、先日行われました「作品展」で、子どもたちが頑張ったご褒美として、

子ども園に人形劇の劇団を招き、鑑賞する日となっていたからです。

今回の人形劇は、童話の「王様の耳はロバの耳」のお話でした。

かわいらしい人形と、楽しい音楽に子どもたちもお話の世界に入り込んで楽しんでおりました。

終わった後に、子どもたちに「楽しかったシーンはどこだった?」と聞いてみると、

「王様にロバの耳が生えちゃったところ!」「王様が床屋さんで髪を切ってもらうところ!」

「床屋さんのお腹がまあるく膨らんじゃったのが面白かった!」などなど…。沢山教えてくれました。

特に子どもたちは、劇中に出てきた「王様の耳はロバの耳♪素敵な耳♪」という歌を気に入り、

観劇後も、お友達と一緒に歌い合ったり、「ロバの耳」ではなく他の動物に変えてみて歌ってみたり、と

楽しんでいた様子が見られました。

劇が終わると、子どもたちのお見送りに劇団の方と登場人物のお人形が来てくれました。

「楽しかった!」「王様の耳はロバの耳♪」「また来てね~!」など、子どもたちも近くでお人形たちと触れ合うことが出来て

嬉しそうな様子が見られました。

午後の時間では、お部屋にあるお人形を使って人形劇が始まったり、と日々の遊びの中に取り入れている姿が見られました。

子ども園にも、ちいさな劇団が誕生する日も近いかもしれませんね。

(長時間保育担任 月岡)

今週のアフター

<バレエ>

<アート>

<クッキング>

<ダンス>

<英会話>

<サッカー>

<体操>

本日の献立

〈給食〉

ごはん 厚揚げの肉みそだれかけ ポテトと豆のサラダ

かき玉汁 りんごぜりー

 

〈補食〉

焼きそば 牛乳

たくさん体を動かしました♪

 

寒さが一段と厳しくなり、その中にも春の訪れを感じる季節となりました。

最近は、年少組の朝の様子を見ていると、話をすることが上手になってきたので

つい子どもたちの会話に耳を傾けてしまうことが増えました。

シール帳を見ながら、「同じシールが貼ってあるね!」と話をしている子や

シール帳をかごに入れるところで、「シール帳はまっすぐ入れるんだよ。」と教えている子

ペンやブロック遊びをしている中で「私はハートを描く。」「えい!やー」と

様々な友だちとの会話がたくさん見られました。

 

 

 

そして今日は、体を動かす活動が盛りだくさんでしたよ♪

1つ目は、リトミックです。

青い線の上で、全員がお山座りをしてかっこよく座る姿が見られ、感動しました。

今日は、チューリップの花に見立ててカラーのハンカチで上に飛ばしたり

雪になりきって、カチカチと動いてみたり冬ならではの活動でした。

 

 

 

2つ目はトランポリンです。

先日、作品展のご褒美としてプレゼントしていただいたトランポリンを

今日こそはみんなで飛びに行きました!!!

トランポリンを飛び終わると、「もう1回やりたい!」「楽しい!」と

子どもたちの笑顔がとても見られました。

私も飛ばせていただきましたが、とても楽しくはまってしまうくらいです。

自分が体験することで、子どもたちの楽しいという気持ちに気づくことが出来、

子どもたちと一緒になって楽しむことの大切さを感じました。

 

 

 

 

3つ目はサッカーです。

ボールを蹴ることに慣れてきて、少しずつゴールに向かって蹴ることが上手になりました。

最初は1人でボールに慣れることから始まり、今では複数の友だちと

ボールの取り合いをすることが出来るようになりました。中には、ボールが取れないことを

難しく感じ、「サッカー苦手。」と言う子もいますが、その都度プロの講師の先生が

ボールを取るコツを教えてくださいます。サッカー名人になれるように頑張りましょうね。

 

 

たくさん体を動かしたあとの年長組さんがお料理してくださった

新渡戸おにぎりと新渡戸豚汁、とてもおいしかったですね♪

ゆっくり休んで、明日もこども園でお待ちしております。

 

 

(こぐま組担任 野沢)

 

 

【鳩サブレーの先生がきてくれたよ!】

本日の年長組のお給食に、なんと素敵なお客様が…

鳩サブレーの先生(豊川名誉理事長先生)と鈴鹿局長先生がいらしてくださいました。

子どもたちは「早く来ないかな~」「私のお隣の席だ!楽しみだな」と心待ちにしていました。

今日のメニューは子どもたちが、子ども園最後のお料理実習で作った豚汁と焼きおにぎりでしたので、「みんなで作ったんだよ!」と会話も弾んでおりました。また、一人の子の提案からじゃんけんをして、鳩サブレー先生に勝利することができたらデザートのいちごのおかわりがもらえるという楽しいゲームが始まり、子どもたちは大盛りあがりです。そして最後には子どもたち全員に“鳩サブレー”をいただき、「やっぱり鳩サブレー先生だ!」と子どもたちは大喜びでした。直接手渡しでいただいたことが、子どもたちにとってとても嬉しかったようです。いつも子どもたちのことを考えてくださっている、鳩サブレーの先生と、局長先生に、子どもたちからもサプライズプレゼントでお手紙をお渡しいたしました。喜んでいただけてよかったですね。

お忙しい中、子どもたちのためにお越しくださいましてありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにしています。

(年長組担任)

本日の献立〈年長組お料理教室〉

本日は、年長組最後のお料理教室でした。今回は第一回目で作った新渡戸みそのお披露目会でした。

みんなが頑張って作ったみそはとても美味しく出来上がりました。今日の給食で早速使ってみよう!ということで今日の給食づくりを年長組のみんなに手伝ってもらいました。

今日は、『豚汁・焼きおにぎり』です。焼きおにぎりは子ども園全員分を握り、みそだれを塗ります。小さな手で頑張って丁寧にきれいな三角のおにぎりを握っていました。豚汁は具材をたくさん切ってもらいました。ぱんだ組も食べる豚汁です。大きく切ってしまうとみんながびっくりしてしまいます。食べやすい大きさに頑張って切ってくれました。

お手伝いをしてくれた年長組のお友達はみそのお持ち帰りのプレゼントもあります。ぜひお家でも作ってみてくださいね。

一年間楽しいお料理教室ができてとてもよかったです。ありがとうございました。

 

〈給食〉

新渡戸みその焼きおにぎり かじきのカレースティック揚げ

もやしとコーンのお浸し 新渡戸みその豚汁 苺

 

〈補食〉

ガーリックトースト 牛乳

 

 

みかん狩りだ!

今日は、学園で果汁園のお世話をしてくださっている「さかいさん」が来てくださり、年長組の子どもたちと一緒にみかん狩りをしてくださいました!

初めはすぐに採れると思っていた子どもたちですが、思っていたよりも大きくてずっしりと重いみかんを見て「どうやってとるんだ?」「全然とれないよ!」と大苦戦。「左手で葉を抑えて、右手でみかんをぐりぐりと回してとるんだよ」と教えていただき真似をすると、「あ!とれた!」と嬉しそう。すぐに両手でも持ちきれないほどになり、地面に並べながら「ぼくはこんなにとったよ!」とお友だちと数比べを楽しんでいました。

 

 

 

いつもお給食に出ているみかんとは違うことに気が付き、みかんの名前を聞くと「なつみかん」という種類でした。でも、冬なのになんで夏みかんなんだろう…?子どもたちが質問すると「このみかんは半年くらい冷蔵庫で寝かせておくと甘くなるんだよ」と言われ、そうか、夏にちょうど美味しくなるから夏みかんなのか…と子どもたちの不思議が解決されたようです。  

木になっていたみかんの数は、なんと60個!さかいさんにお手伝いをしていただき、ほとんどのみかんをとることができました。また、今はまだ酸っぱいのでジャムにしたら美味しいという耳より情報を得て、明日はお給食室に持っていってみよう!と張り切っていました。

みんなで食べられる日が来ることが楽しみですね。

(長時間保育担任 石澤)

本日の献立

〈午前 おやつ〉

ゴマ団子

 

〈給食〉

さつま芋と小豆のごはん 築根焼

大根のゆず和え 五目汁 ぶどうゼリー

 

〈補食 〉

マシュマロクラッカーサンド 牛乳

こうやって作品を作ったよ!!

先週末。は、作品展に足を運んでいただきありがとうございました。

今日は、ぱんだ組の作品展の作品を作っている様子をお伝えします。

テーマが家族ということで、お母さんの為に勇気をふりしぼって戦う「さるかにがっせん」の

紙芝居を何度も読み、その世界を自分たち作りました。

柿の木にみんなで色を塗り、柿の実をひとり1つづつ作りました。

カニの赤ちゃんは、足やハサミなどもそれぞれが好きな色を選んで、個性たっぷりの作品になりました。

楽しんで作っている様子が伝わると嬉しいです!!

 

大きな柿の木に絵の具を、初めて筆で塗りました!!

 

 

真剣に折り紙を丸めて、包んで、葉っぱをつけて、、柿の実を作ります!!

 

カニさんの、目と口も自分たちでつくりました!!

完成した時の笑顔が輝いていました☆☆☆

(ぱんだ組担任 日沖)

本日の献立

〈給食〉

ツナトースト スティック野菜 ビーンズシチュー みかん

 

〈補食〉

鶏そぼろおにぎり 牛乳

今日も良い天気♪

作品展が無事に終わり、ゆったりとした日常が戻ってまいりました。「お家の人にたくさん褒めてもらったよ!」と子どもたちは作品展の話題で持ちきりでした。

今日、2月3日は節分です。子ども園の豆まきは先日行いましたが、“節分”について改めて話をしました。節分は、春の訪れを意味していることを伝えると「まだ寒いよ!なんでだろう?」と肩をすくめる子どもたちでした。気温が上がって、温かい風が吹く日が待ち遠しいようです。

本日はとても天気が良く、戸外でのびのびと体を動かして遊びました。最近はなわとびに熱中する子が増えてきました。年長組の女の子たちの本日のチャレンジは“あやとび”。「先生、どうやって跳ぶの?」と保育者の真似をして練習にはげみました。できるまで何度も繰り返し、お友だちともアドバイスをしながら練習を続け、連続で跳べるまでにマスターしました。この1年間で身に付いた“諦めない気持ち”が実を結んだ瞬間でした。

たくさん遊び、風邪に負けない強い体を目指しましょうね!

(西村)

作品展

<ぱんだ組>

今年のテーマ『家族』。お母さんのために仲間と力を合わせて戦う「さるかに合戦」のお話はぱんだ組の子どもたちのお気に入りです。このお話をもとに作品を作りました。カニの子どもたちとカキの実は個人製作です。カニの子どもたちを一人一人が好きな色を選んで、目や口を貼り、個性が出た作品となりました。「いじわるなさるさんをやっつける!」とはち、うす、くりでなりたいものに変身し、お話の世界を楽しんでいました。そしてみんなで力を合わせてカキの木を共同制作しています。筆で色を塗り、木になっていく過程を喜びながら作り、自分の作ったカキの実を好きなところにつけていました。みんなで力を合わせることを通じてぱんだ組のお友だち同士との絆も強くなったように思います。

作品展当日はたくさんの方に、自分たちの作品を見てもらうことが出来、誉められ、笑顔を見せてくれました。

お忙しい中、保護者の皆様、ご来園くださり、本当にありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。

今日からまた、元気に色々なものをつくったりして遊びましょうね。

(ぱんだ組 担任 松田 日沖 大山)

<こあら組>

1月に入りこあら組のお友だちが4人に増えました。作品展でどんなものを楽しく作れるか、何をみていただきたいか考えると、やはり、日々の保育ブロックなどを出すを必ず電車、バスに見立てて遊んでいます。作った乗り物を「パパ、ママに見せたい」とつぶやいていることも多かったので、ぜひ作品展で自分の組み立てた乗り物をみていただきたいと思いました。また、手形をとることが楽しかったので、たくさんとった手形を使って手形アート(動物)を行いました。絵の具の感触を存分に楽しみながら、ゾウやぶた、きりんなどになっていくところを見ると不思議そうにしながらも胸に嬉しそうに抱えたり、笑って眺めたりしていました。

作品展当日、たくさんの笑顔を浮かべながら家族みんなで作品をみている姿がとても微笑ましかったです。

保護者の皆様、お忙しい中、ご来園くださり本当にありがとうございます。

(こあら組 松田)

<年少組>

今年のテーマは「家族」。年少組の子どもたちは、絵本が大好きで今までもたくさんの絵本を読んできました。子どもたちが大好きな絵本をもとに家族を表現しました。

年少組の子どもたちにとっては、初めての作品展で一人ひとりの作品は勿論、みんなで協力して作り上げる共同製作も取り組みました。

子どもたちが作り上げた作品全て「選ぶ」という経験を行っています。最初は、少しの種類から選んでもらい、様々な製作を通して徐々に選ぶ種類も増やして行きました。一年間を通してプロジェクト保育を取り入れ、好きな色を選ぶことや好きな大きさ、好きなものなど選び子どもたちの思いや発想を引き出せるようになってきました。

子どもたち1人ひとりの「こうしたい」という個性があり、一生懸命表現しておりました。また、共同製作ではみんなで協力をして作り上げることを学びました。初めは、「疲れちゃった」と言う声もありましたが、作品展が近づくにつれ「頑張る」気持ちが芽生え、1人が一生懸命貼っていると少しずつ手伝う様子も見られました。

作品展当日は、保護者の方に見てもらえた喜び、自分で作った作品を一生懸命伝え喜んでもらえた嬉しそうな表情でいっぱいでした。

本日は、お忙しい中お越し下さいましてありがとうございました。たくさんの方に年少組の作品を見ていただき嬉しい気持ちでいっぱいです。感謝申し上げます。

廃材集めのご協力ありがとうございました。

また、今日から元気に子ども園で過ごしましょうね。

(年少組担任 小山・野沢・武藤・青木)

<年中組>

土曜日の作品展に足をお運びいただきまして、誠にありがとうございました。

夏の暑い時期に、あの大きな手形の「OHANA」を作ったときから始まった作品作り。今回は子ども園の今年度のテーマ「家族」から、年中組では運動会で取り組んだハワイアンの曲のダンスからテーマを落とし込み、「家族=オハナ」そして「ALOHA」と言う言葉にスポットを置き、ひとつひとつの作品に思いを込めて完成させました。

たくさんの行事を経験し、体も心も大きくなった年中組の子どもたち。「考える力」も大きく育ったと今回の作品展を通して感じました。廃材のお家を作るにも、「しっかりくっつけたいから多めにテープを貼ろう」と、テープの使い方を工夫し、大きなかぶを作るにも、「このペットボトル押さえてて!」「わたしがテープを貼るね!」などと友だちと声を掛け合い、協力し合いながら製作方法を考える姿が見られました。

そして 、作品展当日も一生懸命作った自分の作品を、自信をもって保護者の方へ説明をしようとするその姿に大きな成長を感じました。

どの作品にも、「OHANA=家族」と言うテーマに親しんで、そこから思い思いの想像を膨らませて考え、自分で「こうやりたい」「もっとこうしたい」と生き生きと興味を持って、製作活動を行い、みんなで作り上げた作品展であったと感じます。

作品作りを通して、創造力や表現力、そして共同制作を行ったことで育まれた協調性など様々な部分で成長が感じられました。その中で、友だちと一緒に活動することで互いに助け合い、刺激し合いながら共に育っていく姿が見られました。そしてこれは子ども同士だけでなく、子どもの姿から私たち担任もたくさんのことを学び、子どもと共に育つことが出来たのではないかと強く感じます。

そして保護者の皆様、廃材収集にご協力いただき、誠にありがとうございました。子どもたちは目をキラキラさせて廃材を選び、作品を作ることができました。

年中組で過ごす残り2ヶ月の時間も、クラス一同「OHANA」のように手を取り合って、たくさんの思い出を作っていきたいと思っております。

本当にありがとうございました。

(年中組担任 丹野・福田)

<年長組>

先日は皆様お誘い合わせのうえ、作品展にお越しくださいまして誠にありがとうございました。

今年度の作品展のテーマは〝家族〟  作品展に向けての活動をはじめるにあたり、どのようなものを製作しようか、まず子どもたちと話し合いを行いました。子どもたちから1番多くあがってきた意見は、12月のクリスマス発表会で演じた“浦島太郎の世界が作りたい”でした。きっと子どもたちにとって大きな自信がついた行事でしたのでしょう、浦島太郎のお話をするときはとても嬉しそうです。そんな楽しかった発表会の思い出を“製作”という形でも表現することにしました。また、今年度は「家族」というテーマで、新渡戸文化子ども園みんなで一緒に1つの作品展をつくるんだよと話すと「家族のみんなの役に立つ〝家電〟をつくりたい!」との声もあがり、それじゃあと就学を見据え〝企画書〟をもちいた製作を提案しました。そして、企画書を元にどんなものが必要か自分たちで考え、廃材を多くもちより友達と相談しながら楽しんで廃材製作を行うことができましたね。保護者のみなさまには本当に数多くの廃材をご提供いただき、ありがとうございました。誰かのために頑張る子どもたちの作品はどれも生き生きと表現されていてご来場いただいた皆様にもお褒めの言葉をたくさんいただきました。

そんな子どもたちと決めた年長組としてのサブテーマは〝過去から未来へ〟 卒園を目前に控え、未来へと旅立っていく子どもたちの夢と希望を詰め込みたい、そしてクリスマス発表会でがんばった浦島太郎なら子どもたちものびのびと表現できるのではないかと思いこのテーマを子どもたちに提案すると、「いいと思う!やってみたい!」と即答でした。

 

実際にご覧いただいた作品の数々は全て子どもたちと話し合い作り上げたものになります。どの子たちも積極的に取り組んでくれる姿に4月からの成長を感じ、頼もしさを感じました。中でも1番の大作は大きな竜宮城。あの大きな竜宮城は、ダンボールを持ってくるところから子どもたちと始めました。時間を決めて取りに行くというよりは外遊び後「竜宮城を作るのにダンボールが必要なんだけど数が多くて…手伝ってくれる人いないかなぁ…」という先生の呟きをきいてほぼ全員が手をあげてくれ、結局みんなで取りに行くことになりました。与えられた材料ではなく、自ら調達しさらに吟味したものを使用するという、これまでの成長の集大成の姿でした。段ボールを組み立てる際にはテープの貼り方に工夫をし、「より丈夫な建物を!」と張り切っておりました。色付けをした際には、床が絵の具で汚れてしまうこともありましたが、子どもたちは誰に言われるでもなく自ら雑巾を持ってきて「先生、手伝うよ!」と自主的に拭き掃除をする子もおり、最高学年として頼もしい姿が見られました。

その他にも子どもたちのこだわりがたくさんつまった作品がたくさん完成し、無事に当日を迎えることができました。子どもたち1人1人の意見を取り入れた作品展でしたので、作品数も多く保育者としては様子をみて数を減らそうと思っておりましたが、子どもたちは楽しんで参加してくれたようで毎日帰りの会では「先生明日は何を作るの?」とわくわくしながら聞いてくれました。「無理しなくていいよ、楽しいところまでやってね」と声掛けにも、いつも「大丈夫!楽しいからやってるんだよー♫」という言葉に仲間と共に1つのものを作り上げる楽しさを実感してくれている様子もみられ嬉しく思いました。

 

当日には、ご来園いただいた皆様に温かいお言葉をたくさんいただき、作品を通して子どもたちの成長を感じていただけたことは、担任としてもとても喜ばしい瞬間でした。作品展が終わりますと年長組は子ども園で生活するのも残りわずか。今回作品展で得た自信をさらに大きく伸ばし、子どもたち1人1人が胸をはって卒園式を迎えられるよう、引き続き丁寧に進めてまいりたいと思います。(年長組担任 三井・西村)

 

<長時間>

今回、長時間保育では、プロジェクト保育を行いながら、デイリープログラムの紹介とグループの名前にちなんだものということを行いました。各グループ子ども達と一緒に話し合いながら行いました。

やま:体操 そら:英会話 つき:リトミック、クッキング ほし:サッカー

 

≪やまグループ≫

グループにちなんだ「やま」とデイリープログラムの「体操」を紹介すると決まり、まず子ども達と何を行っているのか、どのように紹介をするのかについて話し合いをしました。作るものが決まると次はどの素材で作るかについての話し合いです。様々な素材を使って制作を経験してきた年中組、年長組からはたくさんのアイディアがでました。お兄さん、お姉さんの言葉を聞いて年少組も笑顔で同じように答える姿も。制作を行う中で、上手にいかないときには別の方法を考えながら行い、完成を目指しました。いつも使っている鉄棒やなわとびが完成すると乗ってみたい、跳んでみたい気持ちが見られ、楽しみながら行うことができました。(成瀬)

 

≪そらグループ≫

今回、英会話の紹介で動画を撮って紹介するという新しいことにも挑戦することもできることを伝えたところ、「やりたい!」と一斉に話していました。いつもどのような歌を歌っているのかを出し合い、年少組でもできるものということで1.Hello Song 2.Head shoulders Knees And Toes 3.ABC Songの3曲をビデオで撮ることにしました。撮る日にちを決め、その前に何度か練習をして、いざ本番。みんなの楽しそうなビデオを撮ることができました。また、担任が人文字というものがあるのを見つけ、面白そうということもあり、みんなに相談をすると、とても興味を持ち、5日かけて写真を撮りました。撮ったら確認を繰り返し行いました。

最後にグループ名にちなんだものでは、自分なりに考えた形と名前の雲を考えて、作りました。

今回、年長組からリーダーを決め、担任からリーダーにまずは相談し、その後みんなに話をするということをし、グループ一丸となって行うことができました。ビデオを撮るとき、リーダーは監督だから見てるといい、見ている場面もあり、子ども達と楽しく行うことができました。(髙橋)

≪つきグループ≫

クッキングとリトミックの展示を行いました。子ども達の「プログラムの楽しいところ」「プログラムの好きなところ」を表現したい!という部分が少しでも伝えられたらと思います。子ども達と様々なアイディアを出しあい、異年齢クラスならではの作品になったと思います。

また、つきグループの名前にちなんだお月様のモチーフも制作しました。子ども達と月の形について話し合い、今回はまんまるお月様を新聞紙と色紙、テープを使い、作り上げました。月の形が色々な形があるということを発見することができました。(月岡)

 

≪ほしグループ≫

サッカーの紹介としていつも試合で使っているサッカーゴールを作りました。写真を参考に色や骨組みを考え、出来上がるとすぐにサッカーごっこをするくらいに完成を喜んでいました。

グループにちなんでコーナー遊びで作った「オリジナル星座」は黒画用紙に貼った星と星を線でつなぎ、楽しんで行いました。

「○○座」という響きに面白さを感じながら年少組には今回の製作から星座について知り、興味を持った子もいました。また、サッカーと合体して子ども達から出た案の「サッカーボール座」の製作も実現しました。子ども達の豊かな作品から日々の園生活の様子や成長を感じていただけましたら幸いです。

 

≪プレスクール≫

長時間保育年長組は、午睡がなくなった運動会後の10月より毎日プレスクールを行っていました。毎週木曜日と金曜日の2日は「アートの日」として行っていました。(木曜日は英語でアートを行っています)

そこで、作品展に向けてのプロジェクト保育が始まりました。今回のテーマ「家族」を受けて何を作るか、どのように作るかなど子ども達と話し合い「お家の方やたくさんのお客様が入ることができる大きなお家を作る」ということに決定!

段ボールを積み上げてできたレンガのお家は当日、子ども達の思いが伝わったようにたくさんのお客様や小さな子にも大人気でした。

1人では、できなかったこともみんなで協力して成し遂げることができる、それぞれ得意なこと苦手なことがあり、その個性を大事にしながら同じ目標に向かって進んでいくことの大切さを子ども自身が感じ、学んでいったことと思います。

卒園まであと1か月。プレスクールでの子ども達の成長が楽しみです。(石澤)

先日・当日準備、片付けでご協力いただきました父の会の皆様、本当にありがとうございました。

(新渡戸文化子ども園)

本日の献立

〈給食〉

ごはん だし巻き卵 じゃがいものシャキシャキ和え

大根みぞれ汁 ミルクティーゼリー

 

〈補食〉

桜えびのぱりぱりピザ 牛乳

作品展

本日は、子ども園の作品展にお越しくださいましてありがとうございました。

子どもたちの作品を見て楽しんでいただけたかと思います。

作品展のブログですが、2月3日(月)にアップさせていただきます。

お楽しみにお待ちください。

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら