先生の日記

ペンギン村

 

まだまだ厳しい寒さが続きますが子どもたちは今日も元気いっぱい過ごしました!

今日は長時間保育の子どもたちが楽しく作った壁面をご紹介します。

2月は折り紙でペンギンを作りました。

 

 

子どもたちはすぐに折り方を覚えると他のお友達に教えたり、

ただ折るだけでなく使い終わった色紙の切れはしを使って工夫して

個性あふれるペンギンがたくさん出来上がりました!

自分たちで好きなところを決めて、飾ることも楽しみながらできました。

 

リボンや手袋をつけているペンギン

おにぎりを食べているペンギン。

ピクニックをしているようで見ているだけでとても楽しくなりますね。

 

年長組の子どもたちは

「ペンギンにはおなかの真ん中にまるがあるんだよね!!」

「足もあるから描かなくちゃ!」「裏向きに折って色を変えてみたよ!」

などペンギンをしっかりと思い浮かべながら作り上げていました。

 

 

 

こちらの青いペンギンはベレー帽をかぶり、

フォークを持ってウィンナーを食べています!!

 

 

こちらのペンギンはなんと…

家族ペンギンです!

ママペンギンのおなかにやさしく守られるように飾られていて、

見ているととても心があたたまりますね。

 

 

是非、子どもたちと一緒にお話しをしながら見て頂けたらと思います。

 

(長時間担任 藤田)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら