先生の日記

待ちに待った3月生まれの誕生会☆

 

今日は1年間みんなで描いたお芋ほりや発表会の絵をいれる大きな大きな作品袋に全身を使ってお絵描きをしました。

 

 

 

4月入園当初は自分の好きな色、1色のみを使ってお絵描きをする子どもが多かったのですが、1年がたち赤や青、緑や黄色たくさんの色をつかって楽しみながらお絵描きをしてくれるようになりました。

いつものように机の上ではなく床で描くということも新鮮だったようで、床にごろんと横になると「きゃー!」と顔を見合わせて大喜び!

みんなにこにこ笑顔で製作を楽しみ、出来上がった絵はみんなの“好きなもの”がつまったとても素敵なものになりました。

 

そのあとは、待ちに待った3月生まれの子どもたちのお誕生日会!

こぐま組の3月生まれのお友だちも、4月にはじめてお誕生日会を目にしてから「○○はいつ?明日?」とずっと心待ちにしていました。

でもいざ前にたつとお友だちがいっぱいでとっても緊張…

 

 

でも、年長組さん・年中組さん・年少組さん・ぱんだぐみさんまで本当にかっこよく発表をすることができました。

ロボットと一緒にお家をつくる大工さん、アルソックの人、ウルトラマンエックス、やおやさん、西友(スーパー)やさん

本当にきらきらとした宝物のような夢のお話が聞けました。

 

そして、緊張の発表が終わったあとは楽しいお楽しみの時間♪

今日は、ぱんだ組の先生「にんじんとだいこんとごぼう」の劇をみせてくれました。

先生方の引き込まれるような演出にみんな目が釘付け!

 

 

そして最後は、井上先生・毒島先生・園長先生の「It’s  a  small world」の素敵な連弾を聞きながらそれぞれのお部屋に戻りました。

戻ったあとは楽しみにしていたお雛様給食!

まるでお花畑のような色とりどりのちらし寿司をみて「わぁ~」と感嘆の声がもれまた。

 

楽しい誕生会においしいお給食、そしてお土産として雛あられまで!

今日もとっても素敵な1日になりましたね。(こぐま 三井)

 

 

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら