先生の日記

どうやって回るかな・・・?

寒い中でも、午前中は外に出て元気いっぱいで遊ぶ子ども達。子どもは風の子、まさにその通りだなあと日々感じています。さて、今日は昨日皆で作った紙コップの風車を使って、午後の時間を過ごしました。一つ一つ色の使い方が違い、子ども達の工夫が見られます。色を塗るのを凝る子は、細かいところまで丁寧に塗っていて、大人顔負けでした・・・子どもの集中力には、毎回驚かされます。そして皆が楽しみにしていた、風車を回して遊ぶ時間。風車を自分の目の前に持って勢いよく走り抜けると・・・「先生!くるくる回ったよ!」「たくさん走るといっぱい回るね!」など楽しそうな声が♪中には、「先生、回り方が違う!こっちに走るのとあっちに走るのとじゃ、回るのが逆になる!」など、風を受けた時の回り方の違いを見つけて、誇らしげな子もいました。「回るのが楽しい!」だけでなく、自分で工夫し、違いを見つけたり、自分で考えて試したりなど成長が見られる、そんな制作遊びでした。(年長組長時間保育担当 山口)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら