先生の日記

節分

今日、2月3日は「節分」ですね。こども園では、それぞれの学年で豆まきを行いました。

年中組は、園庭でうさぎ組・りす組で一緒に行いました。鬼役と追い払う役をお互いのクラス交互に行いました。鬼のお面は、先週から作り始め子どもたちも豆まきを楽しみにしていました。今回、年中組が作ったお面は、かぶるお面を作りました。子ども達から紙袋を持ってきてもらい、鼻・口・眉毛・鬼の角を貼り作ったものです。(目のところは、丸く穴を開けています。)鬼のお面を見ていて子ども達が追い出したい「泣き虫鬼」「お支度しない鬼」などそれぞれお面に表情が出ていました。

お面の役・追い払う役…お互いに鬼のお面をかぶる準備や、お豆を升に入れて準備完了です!!鬼役は「わぁー!」と脅かしながら逃げ、追い払う役は「鬼は外!福は内!」と大きな声で叫びながら、追い出したい鬼を追い払い、健康や良いことが来ますようにと願いながら行いました。しかし、両クラスとも豆まきが終わり、みんなで写真を撮ろうといていたところに…また鬼がやってきました!(鬼は職員が行っています)突然やってきたので子ども達はびっくりして逃げ回っていました。強い男の子でも必死になって逃げていました。お部屋に入るなり「先生、びっくりした」「怖かった」など言っていました。その後は、お給食で恵方巻きが出て子どもたちと楽しく豆まきの話をしながら食べました。お家でも豆まきをして、追い出したい鬼を追い払ってくださいね。今年の恵方巻きを食べる方向は『東北東』だそうです。(うさぎ組 小山)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら