先生の日記

お芋ほり遠足

今日は子ども園のお友だちが楽しみにしていたお芋ほり遠足でした。昨日からお天気が悪く、子どもたちと「明日お天気になるといいね」とお話をしていました。そのお話をお日様が聞いていてくれたのか、今朝空を見ると青空が広がっていました。子どもたちもお天気がよくとても嬉しそうに登園してきてくれました。

今日のお芋ほり遠足は大きなバスに乗って行きました。バスに乗ると担任の先生方が楽しいお話とゲームをしてくれました。お話にはみんなが楽しみにしているお弁当の仲間たちが大きなバスに乗って遠足に行っているお話でした。お弁当のお話を聞くとまだお芋ほりの農園についていないのに「お弁当食べたいね」と言っていました。

楽しいバスの時間もあっというまにすぎてお芋ほりの農園に到着しました。バスから降りると目の前に大きく広がるお芋畑を見て子どもたちも大興奮!
クラスで集合写真をとってから待ちに待ったお芋ほりの時間です。年長組のお友達は自分の場所につくとすぐに掘りはじめました。
軍手をして普段触ることができない土に触れることができました。どんどん掘り進んでいくと紫色が土の中からでてきました。紫色が見えると子どもたちもラストスパートで掘り進めます。すると、すごく大きなお芋がでてきました。「先生見て―!」と次々に声が上がってきました。どのお友だちが掘ったお芋をみてもどれも大きくびっくりしてしまいました。

自分のお芋を掘り終えると年長組のお兄さんお姉さんが年少組のお友だちのお芋を掘るのをお手伝いしてくれました。一人ではなかなか掘り進めることができていなかった年少組のお友だち達も、優しいお兄さんお姉さんと一緒に掘ることで楽しく掘ることができました。年中組のお友だちも年長組さんには負けと頑張って掘りました。

お芋ほりが終わった後は子どもたちがお芋を掘ることの次に楽しみなお弁当の時間です。たくさんお芋掘った子ども園のお友だちはおなかがぺこぺこです。泥だらけになった手を綺麗に洗います。

年少組のお友だちから年長組のお友だちどのお弁当もとても可愛くてとても美味しそうでした。子どもたちも自分のお母さんが作ってくれた自慢のお弁当を最高の笑顔で食べていました。

おいしいお弁当食べ終わった後は、とてもひろい場所で思い切り走って遊ぶことができました。お天気もよくとても穏やかな気持ちでお芋ほりをすることができ子どもたちとても満足げでした。

たくさんお芋を掘って、おいしいお弁当をたくさん食べて、広い場所でたくさん走って楽しいことをたくさんすることができた一日なりました。
帰りのバスでは疲れて寝てしまったお友達もいました。

お芋でどんなお料理をしてもらうおうか、うきうきしながら降園するお友だちもいました。明日どんなお料理をしてもらえたか教えてくださいね。

(長時間保育 磯部)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら