先生の日記

紙コップで

早いもので11月も終わりあっという間に2016年最後の12月が迫ってきました。12月はクリスマス発表会があり毎日子どもたちが楽しそうに練習をしている姿が見られます。

今日、長時間保育ではクリスマスにちなんでクリスマスツリーを紙コップで作りました。茶色の画用紙を筒状に丸めて紙コップにボンドでつけて木を作ります。緑色の部分は折り紙を4分の1に切ってひし形になるように紙の向きを決めて貼ります。

ツリーができると星やお花などの形をしたスパンコールで木の周りに飾ります。のりではスパンコールをつけるのは困難なのでボンドを使って貼り付けました。あまり使ったことのないボンドにとまどいながらもお友だちと一緒に協力して行うことができました。自分の好きなようにツリーを飾り付けることができた子どもたちはすごく嬉しそうにツリーを見ていました。

今週はクリスマス発表会の予行練習もあります。明日からもクリスマス発表会に向けてがんばりましょうね。

(長時間保育 磯部)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら