先生の日記

外で遊ぶの大好き!

お正月休みが終わり、お友だちに会えることが嬉しいぱんだ組の子どもたち。一緒に線路を繋げて長くしたり、「このブロック使う?」等とやり取りを楽しんでいます。

落ち葉の舞い散る様子を楽しんだり、枝を見つけて「たきびしよう♪」と見立て遊びをしたりと好きな遊びを自分で見つけています。

芝生は広くて走りがいがあるようで、友だちと手を繋いで走ったり、「よーい、ドン!」とかけっこをたくさんしています。走った後は芝生で寝転がり、休憩タイム。お日様の暖かさを感じ、心地良さそうでした。

お部屋に戻った後は手洗い、うがいをしています。風邪の予防をしっかり行いながら、戸外遊びを楽しみましょうね。 (ぱんだ組 松田)

 

相模原での農園プログラムを終了しました!

みなさんに愛していただいた相模原の農園プログラムを12・28をもって終了いたしました。丁度7年間みなさんのご協力でプログラムを実地して来ました。今後は学園の南側に相模原の4分の1の規模ですが菜園を整備しましたので、引き続き学園で農園プログラムを行いたいと思います。

菜園には現在タマネギを500株植えてあるので、これから植えるジャガイモと一緒に最初の農園プログラムを6月に実地する予定です。

 

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら