先生の日記

避難訓練

今日は月1回行っている避難訓練の日でした。

4月からの訓練の積み重ねにより、ぱんだ組の子どもたちも上手に参加できるようになってきました。

今日は火事を想定しての訓練。先生の指示をきちんと守って、煙を吸い込まない様、口にしっかりと手を当てて一緒に逃げることができました。

訓練後、園長先生やクラスの先生のお話を聞くこともしっかりと出来るようになってきました。こんな姿にも、もうすぐ進級するぱんだ組の子どもたちの成長を感じます。
進級に向け、給食を食べた後の食器の片付けも少しずつ練習をしています。落とさないように気をつけながらそっと食器に手を添えて持ち、「お片付けできたよ!」と嬉しそうです。

進級に向け「ひとつ大きくなる」ことを意識しながら、日々の生活の中で無理なくその準備を進めていきたいと思います。

(ぱんだ組  井上)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら