先生の日記

寒くても元気いっぱい!

2月も中旬に差し掛かり、少しずつ進級に向けてお兄さん・お姉さんになる気持ちが芽生え始めてきています。

今日は、ことり組とこぐま組一緒に学園内のお散歩に行きました。いつもは、それぞれのクラスでお散歩に行っていましたが、みんなで並んで学園内のところをいろいろ見て回りました。学園の畑を通り、大根の成長を見てみたり、新渡戸稲造先生の銅像に「おはようございます」とご挨拶をしたりしています。最初のころに比べるときちんと並んで歩くことなどできるようになり、すっかりお兄さん・お姉さん気分な年少組さんです。これからもたくさんお散歩に行き、季節のものを探したりしながら楽しみたいと思います。

その後は、芝生に行って遊びました。芝生に着くなり、広い芝生を何度も何度も、走りました。最近は、ルールのある遊び「しっぽとり」をしています。寒くても体をいっぱい動かし、たくさん動かした後はとても気持ちがよくスッキリした様子です。お部屋に戻るなり、「楽しかった」という声がたくさんでています。これからもたくさん体を動かす遊びを取り入れ、元気に過ごしていきたいと思います。

また、外遊びはもちろん、お部屋の中でも折り紙をしたり様々な遊びに興味を持ち始めています。

折り紙も少しずつ難しいものにも挑戦し、真剣に行う姿も見られるようになりました。これからも様々なことに挑戦し、たくさんの経験をしていきたいと思います。(ことり組 小山)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら