先生の日記

郵便屋さんごっこ

いよいよ卒園が近づいてまいりました。

子どもたちは、小学校進学への期待と、子ども園を卒園するというさみしさを感じながら過ごしています。

今日は3月生まれのお友だちのお誕生日会がありました。

年長組にとっては、子ども園最後のお誕生日会です。

みんなで心をこめてお祝いをしました。

 

3月の魚は「さわら」です。大きなさわらの登場に「わー!!」と歓声があがっていました。

4月のお誕生日会から毎月季節の魚を紹介していただいた子どもたち。この1年で、魚に親しみを持ち、ぐっと身近な存在になったように思います。これからも魚をたくさん食べ、興味関心を深めていってほしいと思います。

 

作品展が終わってから、年長組が主体で郵便屋さんごっこをはじめました。

ポストとはがきと切手を用意すると「あのポストにお手紙入れていいの?」「違うクラスのお友だちに書いてもいい??」

と興味津々な子どもたち。

「子ども園でたくさん遊んだお友だちや、お世話になった先生方にお手紙で気持ちを伝えましょう。」

と伝えると、「お手紙出したい人がいっぱいいるよ!」と大喜び。

「ぼくはうさぎぐみのお友だちにお手紙をかく!」「園長先生に書きたいな!」

と心をこめてお手紙を書く姿が毎日見られます。

ポストに集まった手紙は、年長組が郵便屋さんに変身して集計、仕分け、印鑑押し、配達までを行います。

 

みんな自分が郵便屋さんをする番になることを心待ちにし、張り切って郵便屋さんのお仕事をしています。

自分にお返事が届くとお友だちと見せ合ったり、何度も読み返したり、とても嬉しそうな笑顔を見せてくれます。

 

卒園まで残りわずかとなってしまいましたが、友だちとの時間を大切に、関わりを深めたり、お世話になった先生方に気持ちを伝えたりしてほしいと思います。

 

(ばら組 安西)

 

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら