先生の日記

素敵な姿

今朝は雨がぱらつき、日中は曇り空が続く1日でしたが、暑い日が続いていたのでほっと一息かもしれませんね。

長時間保育では、縦割り保育の新しいグループになって2週間半が経ちました。

年中さん、年長さんに囲まれて、新しい環境にドキドキ不安が大きかった年少さんも、お昼寝やおやつ、自由遊びを共にするうちに、素敵なお兄さんお姉さんがいることに気づき始めたようです。「先生、塗り絵上手に塗れたよ!」と今ではたくさん笑顔を見せてくれるようになりました。

年中さんは1つ学年が上がったことに喜びを感じ、年少さんの前ではさらにキラキラお兄さんお姉さんに変身します。「あの子の名前は何ていうの?」「おやつのとき、年少さんと隣に座ってもいい?」と積極的に関わろうとしてくれます。お部屋を移動するときは、年少さんと一緒に手を繋いでくれます。

年長さんはお手伝い名人で、「先生、何か頼みたいことはない?」と聞きにきてくれます。年少さんに優しく声をかける姿が多く見られ、お昼寝前にはパジャマへのお着替えも手伝ってくれます。自由遊びでは「ブロックで一緒に遊ぼう!」とおもちゃを持ってきて楽しい遊びを提案してくれます。

午後は外で元気いっぱいに遊びました。

日々成長し、素敵な姿を見せてくれる子どもたち。気温の変化が激しい日が続いていますが、体調を崩さぬよう、毎日楽しく遊びましょうね。

(長時間保育担任 西村)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら