先生の日記

おともだち、だいすき!

 

梅雨入りも、もう少しですね。

6月に入り、お友だちや先生の名前を呼ぶことが増えたように感じます。

「〇〇くんあそぼ」「〇〇ちゃんおいしいね」など

子どもたち同士の会話も楽しんでいます。

朝、バンダナやハンカチをマントに見立て「アンパンマン」と

言い、ごっこ遊びをしたり、ハンカチをスカートに見立てて

遊んだりしていました。

同じおもちゃを出しても、毎回違う遊びをしている

子ども達を見ることがとても楽しいです。

4月の頃は朝の会の時にずっと椅子に座っていることが出来ず、

立ってしまう子もいましたが、徐々に座れるようになり

先生の真似をして、お歌を唄ったり、手遊びをしています。

 

大きいグループのお友だちはシャボン玉をしました。

自分で吹けると、「わぁ!!」「どこまでいくのかな」

「シャボン玉を大きく育てよう」などと話し、盛り上がっていました。

なかなか大きくならなかったので「なんでかなー?」と不思議そうにしていました。

小さいグループのお友だちは初めて園庭の滑り台に挑戦!!

慣れている子は1人で滑り、怖がっている子は手を繋ぎ滑ったり、

先生と一緒に滑りました。

滑る前は表情が固まっていましたが、終わると全員

にこにこ笑顔になり、「また滑ろうね」とお約束し、

お部屋に戻りました。

ぱんだ組は給食も大好きですが、おやつも大好き。

午睡の前など、「今日のおやつは何かな?」と聞いています。

モリモリ食べ、午後からも元気に遊んでいます。

 

明日のおやつも楽しみですね♪♪

(2歳児 ぱんだ組 松田早)

旧HP「こどもえんにっき」の過去記事はこちら